TOEIC結果が出る前に『振り返り』をすべし!テスト直後に対策すべきこと

TOEICの点数がやばい。

このままだと出世、昇給できない。なのに、スコアが伸びない!!!

こんな悩みに直面している皆さん、TOEICテストの後に振り返りはきちんとしていますか?

終わったら一気に解放的になって「テストのことなんて忘れた!」みたいになっていませんか?

 

TOEICは、複数回(2~3回)継続的に受験する想定で学習計画を立てて臨むことが大切です。

1回目で思う結果が出なかったとしても、凹んではいけません。

そして、次回のTOEICで目標達成するためにも、テスト後の振り返りは絶対にやったほうがいいです。

TOEIC受験後の振り返り、学習計画のポイント
・試験中の気づきをメモ
・今の自分の課題、弱点を把握
・振り返り→学習計画を立てる
・計画に沿って勉強、適宜見直し

公開テストを受けた人であれば、公式認定証もパート別の弱点を把握するのに役に立ちます。

本記事ではそれぞれのポイントについて、詳しい方法やコツを紹介していきます。

TOEICテスト中の気づき・失敗をメモ

TOEIC試験中に気づいたことをメモして、振り返りのネタを忘れないうちに記録しておくことが大切です。

TOEICテスト当日中に振り返りを実施しよう

試験本番中に気づいた事を何でもいいので記録します。

TOEIC試験中はメモ禁止なので、必ず終わってからメモ帳などに書き出しましょう。

・Part7で時間が足りずラスト10問を塗り絵した
・Part5、6が終わったらもう14時10分になっていた
・リスニングPart2の応答問題でミスが続いた
・Part3、4でペースが乱れて設問の先読みができなくなった
・うっかりマークする箇所を間違えて余計な時間を取られた

このように何でもいいので上手くいかなった事、良くできた事などを忘れないうちにメモっておきます。

そして、同じ失敗を次のテストで繰り返さないように自分の課題・弱点を理解しましょう。振り返った事をブログなどでアウトプットしておくのも自分への戒めとして有効です。

学校のテストでも、答案が返ってきたら見直しすることが成績UPへの近道ですよね。

勉強で成果を出せる人は、間違えた原因をしっかりと分析し、1回目でできなかった事を2回目でできるように復習することでレベルアップできる人です。

振り返りや復習は単純ですが、とても大切なプロセスです。でも意外に、ほとんどの人がやらないんですよね。なので復習するだけで、あなたは他のTOEIC学習者よりも一歩抜きんでることができます。ただ何となく勉強している人よりも、自分の課題・弱点をちゃんと把握して学習内容をそれに合わせることができる人のほうが、圧倒的に速いスピードで成長できます。

次回のTOEICを受ける時は、試験会場から出た直後、近所のカフェや帰りの電車の中などでぜひ振り返りをやりましょう。

信頼できるTOEIC講師の講評・レビューも参考にしよう

またTwitter上では毎回テスト後にTOEIC指導のコーチや講師の方が、感想を投稿しています。試験後に「TOEIC」で検索して他の人の振り返り内容を参考にするのもよいでしょう。

花田徹也さんTEX加藤さんJet Bullさんなどはブログで講評を書いています。自らも毎回受験している信頼のおける講師の意見を振り返りに活かすのもよいでしょう。

課題・弱点の把握→対策をきめる

メモや気づきをもとに、それぞれの課題・弱点に対してどんな対策を打つのかを決めましょう。

「Part5、6が終わったらもう14時10分になっていた」
→文法問題を毎日解いて、スピードUPを目指す

「リスニングPart2の応答問題でミスが続いた」
→変則的な応答でも正解を選べるように、解説を読みこんで考え方を身につける

「Part3、4でペースが乱れて設問の先読みができなくなった」
→8秒以内に設問文を3つ読めるトレーニングをする

このように、次回のテストまでにどんな勉強をするか、どれを優先的に対策するかを決めて学習計画に反映します。

 

TOEIC公開テストを受験した人には、写真のような公式認定証が受験日から約1ヶ月後に郵送されます。

公式認定証にはリスニング、リーディングごとにどのパートの問題が苦手なのかが示されています。スコアUPを目指すなら、ぜひ参考にしましょう。

TOEICの勉強法について振り返る

次回までの目標に向けて「この勉強法で本当によいのか?」ということも振り返っておきましょう。

シャドーイングとか多読とか、ネットでよく見かける勉強法を何となくやっているけど効果を実感できないなんて事はありませんか?

そんな時は、勉強のやり方を一度見直しましょう。当サイトで解説している内容も参考にしてください。

次回TOEICテストまでの計画を立てる

TOEICは勉強時間の蓄積がモノを言うテストです。

短期間で結果を出したければ、それ相応の努力が必要で、そのためには時間を有効に使うための計画づくりが欠かせません。

まずは自分の仕事・生活時間の把握から!

重点的にやるべき対策を決めたら、次に学習計画を立てましょう。

学習計画を立てるときは、

「TOEICの勉強に使える時間が自分にはどれだけあるのか?」

を把握しなければいけません。そこで、1週間(月曜から日曜の7日間)の自分のスケジュールを書き出してみましょう。

次のようにザックリとした内容で大丈夫です。

予定を書き出して自由に使える時間がどれだけあるのかを把握したら、どの時間帯をTOEICの勉強に使うのか?を決めて学習計画を作ります。

イメージとしては、スキマ時間や自由時間の枠に、勉強時間を埋め込んでいく感じです。

まず計画を作るときは1ヶ月単位で達成したい事をまず設定します。

・英単語を500個覚える
・TOEICのリスニング問題を100題解く
・公式問題集の模試を70%以上の正答率で解く

などのように大まかな目標を決めて、さらに1週間・1日の単位で細かいタスクに分けていきます。そうすると、上記で書き出した予定表の空いている部分がどんどんTOEIC学習で埋まっていきます。

このときの注意点は「空いている時間を全部埋めてしまわないこと」です。

ムリな計画を立てると、1日でも遅れが発生すると進捗を巻き返すのがほぼ不可能となり、一気にやる気を失ってしまう恐れがあるからです。

1週間のうちで日曜日は予備日として空けておき、遅れた分を取り返せるようにしましょう。

計画を立てたら、それに沿って勉強を進めていきます。

適度なタイミングで進捗や成果を見直すことも大切です。

目安として週に1回は「計画にムリが無いか」「急に仕事が忙しくなってきて調整しなくては..」のように中身を調節して、最後まで継続できるようにしましょう。

自分の目標やレベルに合わせて重点的に対策する

現在の英語レベルに合わせて、優先順位を決めて勉強しないとTOEICスコアは順調に伸びていきません。

例えば、リーディングが苦手なのに面倒くさがってリスニングの勉強ばかりしているとバランスが偏るので努力が点数に反映されにくいです。改善すべき課題から優先的に取り組まないといけません。

現状の点数によっても、優先すべき事は変わってきます。

TOEIC500点未満の人であれば、中学・高校レベルの英文法からやり直したほうがいいです。いきなりTOEIC公式問題集などの模試をやるよりも、文法を理解し、英語を語順の通りに読めるようになる練習を先にしたほうがいいです。

600点レベルの人が700点、800点台を目指すならば、目標スコア別に必要な英単語を覚えたり、英文を速く読むための速読の練習をしたり、設問の先読みなどのテクニックを習得しなければいけません。

このように目標や現時点の英語レベルによって、重点的に対策するべきポイントが変わってきます。自分のレベルに合った、正しい勉強法を取り入れて効率的にスコアを上げていきましょう。

【TOEIC勉強法】 400~800点までのレベル別の点数アップ方法を935点の私が解説

2ヶ月で500点→700点を目指すなら1日3時間は勉強すべし!

たとえば2ヶ月後のTOEICテストで200点以上スコアを伸ばしたいと思ったら、かなりハードスケジュールで勉強することを覚悟しなければいけません。

勉強時間が足りなければ、飲み会に参加するのをやめるとか、習い事をしばらく休むなどの調整をして勉強時間を確保します。

私自身、はじめてTOEIC800点以上を獲得したときは1日2~3時間は勉強時間を確保するため、電車の中や会社の昼休みにも勉強をしていました。

つまり大きな成果を出そうとするなら生活スタイルや時間の使い方を見直して1分でも多く英語学習に回せるように改善しないとダメです。

具体的には、

「出社前の朝6時30分~7時までリスニング学習」
「通勤中の電車の中で英単語を100個覚える」
「返りの電車の中で問題集の解説を読む」
「夜寝る前の30分で文法問題を20題解く」

このような計画を作成して、2~3ヶ月は英語を最優先する生活を送ることになります。しばらくの辛抱だと思って、がんばりましょう。

TOEICは慣れも大事!2~3ヶ月に1回は受験しよう

TOEICは慣れも大事です。

定期的に受験するうちに、試験当日に取るべき行動の流れや注意すべきポイントも学習し、TOEICに適応していくことができます。

慣れてくれば、TOEICの問題だけに集中できるメンタルも作りやすくなり、スコアUPしやすくなります。

独学が無理な人におすすめの短期集中TOEICスクール

これまで英語の勉強をまともにやった経験のない人の場合、いきなりTOEIC学習の計画を立てようと言われても悩んでしまいますよね。

はっきり言うと、大人になってから英語を独学で始めても成果は出ません。やみくもに問題を解きまくったところで1年でせいぜい50点上がるかどうか….。それが現実です。

一人だと挫折しそうな人は、専属コーチがTOEIC学習をサポートする短期集中型のTOEICスクールを受講しましょう。

英語学習ノウハウを熟知したコーチが、ひとりひとりの弱点・課題に合わせて学習プランや勉強内容を提案し、日々の学習をチャット・面談などのコミュニケーションを通じてサポートしてくれます。

そのおかげで独学では身につかない「正しい勉強法」や「学習習慣」を習得して受講後の英語学習にも活用できます。

おすすめは、科学的アプローチあなたに合った最適な学習法を提案してくれるプログリットです。

第二言語習得理論など言語学にもとづく英語学習コンサルティングによって「2ヶ月間で受講者のTOEICスコア平均150点UP」という成果を出しています。学習時間を確保するための生活リズムや仕事の進め方の見直しなど、ライフスタイル全般にわたってサポートしてもらうことで短期集中でのTOEICスコアUPを実現できます。

プログリットとライザップイングリッシュの比較 短期TOEIC対策のおすすめは?

 

また、東京恵比寿にあるLePlus(レプラス)3ヶ月で300点相当のスコアUPを実現するなど、高い成果を出しています。

短期TOEIC塾レプラスの評判・口コミは?3ヶ月で200~300点アップの実績の秘訣

ライザップやプログリットは超人気で入塾待ちがあるくらいなので、すぐにレッスンを開始したい人はレプラスを選択すると良いでしょう。

短期集中TOEICスクールのおすすめ情報を見る

独学の人にはスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースがおすすめ

「TOEICコーチングを受講するほど急いでいない」

「自分のペースでいいから効果的な勉強法で対策したい。」

そのような場合、スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースをTOEIC学習に取り入れると良いでしょう。

スタディサプリTOEICを使えば、TOEIC頻出英単語、文法、リスニング、リーディングの全てを網羅しているほか、人気TOEIC講師の関正生さんの分かりやすい5分解説動画も見放題です。

教材選びや勉強のやり方が分からない人も安心して勉強を進めることができます。次こそTOEICの点数を上げたいと思う人は、まず無料体験をしてみましょう。

忙しい社会人にピッタリ!!
中学レベルの文法の見直しから800点以上ハイスコア対策まで。時短でスコアUPを実現するならスタディサプリENGLISHがおすすめ!

3ヶ月で200点UPの成果が続々!

【935点GET】スタディサプリTOEICを12ヶ月使った口コミ・体験談