独学でTOEIC900点達成するためのおすすめ勉強法・教材

「TOEIC900点の高みに立ってみたい。今700~800点台だけど、あとどれくらい勉強して、何をすれば900点を突破できるのか知りたい。900点を取ることで得られるメリットも理解しておきたい。」

TOEIC学習者であれば、誰もがあこがれる900点…

本記事では、

・TOEIC900点以上のスコア保持者の英語の実力
・900点以上の人が受ける評価(環境ごとの違い)
・900点超えのためのおすすめ勉強法&教材

などについて、独学で900点超えを達成した私の体験談もまじえて解説します。ちなみにこの記事の想定読者は既にTOEIC700後半〜800前半のスコアを安定して取れる英語力を備えた人たちです。

結論を先に言います。

800点前後のレベルの人であれば、TOEICの問題演習を反復することで900点超えは達成できます。

ただし1日2〜3時間勉強したとしても、3〜6ヶ月はかかるものと思ってください。

問題を解くだけではなく、音読やシャドーイングで英語力そのものを高める復習にしっかり取り組み、数冊の問題集の解答を覚えてしまうくらいにやり込む必要があるからです。

愚直に努力すれば、900点の世界には必ず届きます。でも勉強はキツいです(笑)

さらに言うと、転職活動などのためにTOEICスコアを伸ばしたいのであれば別に900点は必要ありません。

800点以上のスコアがあれば、日本企業では「英語上級者」だと思ってもらえますよ。地方の企業なら「英語ペラペラ」だと錯覚してもらえます。

逆に、バリバリの外資系であれば「900点?で、英語は話せるの?」という感じでTOEICスコアだけで評価されることはありません。外国人と仕事するだけのスキルが身についていれば900点はふつうに取れる点数だからです。

以上を踏まえると、「900点を取ることだけ」を目標にTOEIC対策だけの勉強をする事はおすすめしません。

Toshi

せっかく900点超えを目指すなら、英会話や英文ライティングなどアウトプット系のスキルも高めながら勉強していくほうが楽しいです。

日本では900点以上の人は「英語が当たり前に話せる」と評価されるので、その期待に添える英語力を身につけるべきです。

「900点だけど英語は話せない」では資格オタクと思われてガッカリされます。

英語の「読む・聴く・話す・書く」を総合的に鍛えて「英語上級者」というイメージに合う実力を身につけるためにどんな勉強をすればよいのか?

本記事で詳しく見ていきましょう!

900点対策と実践的なビジネス英語を同時にやりたい人へのおすすめ!

教材のレビュー記事はこちら!

TOEIC900点の英語のレベル・実力は?

「TOEIC900点の人がどれくらいの実力があるのか?どんな評価を受けるのか?」という事から詳しく解説します。

TOEICを主催する団体(ETC)の定める指標では、860点以上のAランクに属する人は「Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる」と評価されるので、900点以上の人もAランクということになりますね。

自己の経験の範囲内では専門外の分野の話題に対しても十分な理解とふさわしい表現ができる。Native Speakerの域には一歩隔たりがあるとはいえ、語彙・文法・構文のいずれをも正確に把握し、流暢に駆使する力を持っている。
出典:PROFICIENCY SCALE

TOEIC900点以上の人は上位3.6%

TOEIC運営団体である『国際ビジネスコミュニケーション協会』が公開しているTOEIC公開テストのスコア分布によると、895点以上を取得している人は3.6%です。

出典:TOEIC Program DATA & ANALYSIS 2017

900点以上のスコアを持つ人は数多くいる受験者の約3%程度。文法知識、リーディング、リスニングの基礎が確立された上級者だということが分かります。

900点の人の正答率は90%台

900点以上のスコアを取るには、TOEIC本番で90%台の正答率を目指すことになります。

100点満点の学校のテストなら、90点以上が取れる優等生レベルです。

公式問題集に掲載されている「スコア換算表」からも、90%台の正答率を想定すべきことが分かります。

Toshi

ちなみに最近のTOEICはリーディング問題Part7のトリプルパッセージのラスト6,7問を塗り絵しても他のパートでしっかり正解できれていれば900点は取れます。リスニングがほぼ満点レベルになっていれば、リーディングがそんな感じでも以外と大丈夫です。

TOEIC900点の世界は青天井!

TOEIC900点の人たちは上位3%台で、間違いなく上級者ですが「実際の英語力」を考慮すると本当に様々な実力の人たちが混在している世界です。

たとえば…

英会話の経験がなくテスト勉強だけをしてきた人であれば「900点でも話せない」レベルとなります。

逆に海外でのビジネス経験も豊富で日常的に英語を使っている人、プロの通訳などであれば特に対策をしなくてもサクッと900点以上取ってしまいます。

中にはTOEIC対策の指導をする百戦錬磨のプロ講師もいます。彼らはTOEICを研究しつくしているので、出題パターンに当てはめて猛スピードで解答できます。

このように「やっとの思いで900点を取れるレベル」から「余裕で満点が取れる超人クラス」までごった煮の状態で渦巻いているのがTOEIC900点の世界なのです。

これから900点突破を目指すなら、ちゃんと仕事で使える実力が伴った900点レベルの人になりたいですよね!

Toshi

TOEIC900点を取って得られるメリット

「無理して取る必要は無い」とお伝えしたTOEIC900点ですが、メリットはもちろんあります。何だかんだで800点よりも900点の人のほうが「あいつは英語すごい」と思ってもらえます(笑)

このように周囲の評価を上ブレさせることで得られるメリットはいくつかあるので、以下に紹介します。

それらのメリットを理解して、あなたの価値で時間とお金を投資する価値があると思えれば900点を目指しましょう。

「別にいいや」と思う人は、TOEICを卒業してもいいと思います。

①ビジネス英語で使える表現や単語が身につく

私が言うまでもないですが、TOEICはビジネスでよくあるシーンを題材にした問題がたくさん出ます。

TOEIC教材をやり込むことで、ビジネスで必須の英単語やフレーズを効率よく覚えることができます。

電話応対や社内会議、ホテル・飛行機の手配、社内イベントの告知、求人情報や顧客とのメールとのやり取りなどで使える例文やテンプレートを学べるので、実際に英語を話す・書くときに役立ちますよ。

英語の書類を読んだり海外ドラマを観たりしていると「これTOEICであったな」的な気づきがありますよ!

 

TOEICで出てくる単語・フレーズさえ完璧に覚えればビジネス英語をマスターできるわけではないですが、TOEIC高得点を目指すことで、効率的に基礎をかためることが可能です。

これがメリットの1つ目です。

②仕事で英語を使うチャンスがやってくる

TOEIC900点レベルになると、日本企業なら「英語ペラペラ」「英語のことはあいつに聞け」みたいな評価を得られます。

そうすると英語を使う仕事のチャンスが舞い込んでくるようになります。

実際に私(筆者)も海外支社から来た人と一緒に仕事をする機会を得たり、海外に出張する経験が出来ました。

「やばい、まだ英会話は苦手なのに…」という人にとっては、英会話も習得する絶好のチャンスです。

たとえTOEIC900点を取った時点で英会話が苦手だったとしても、目の前に実践の機会がやってくればそれに向けて必死に練習しようという意欲がわいてくるものです。

周りが良い意味であなたの英語力を錯覚し、英語を使う仕事の機会を持ってきたのを上手く利用しましょう。

大変ではありますが、実践的な英語力を身につけてしまえば「TOEIC900点に対するイメージ」と合った成果を出せるようになります。

TOEIC900点達成のためのポイント

TOEIC900点を達成するためのポイントをまとめます。

勉強するときはこれらのポイントを意識、実践しましょう。

  1. 文法・単語の基礎は完成させておく
  2. 毎日勉強する
  3. 問題演習で試験に慣れる

文法・単語の基礎は完成させておく

900点レベルを目指すなら当たり前ですが、TOEIC頻出単語は完璧に覚えておくべきです。

それから中学・高校レベルの英文法は正確に理解し、特にパート5で出てくる問題には瞬時に解答できるまで理解度を深めておく必要があります。

これは900点を目指す勉強を始める前の大前提です。

弱点と思える部分があれば、以下で紹介する教材を活用してください。


文法問題、特にPart5、6に不安がある人はこちらの教材で補強するとよいでしょう。

860点以上を目指すにはPart5、Part6の問題は1問あたり約20秒で解くことが求められます。確信をもって正解を素早く選べるように、TOEICのプロの解説を頭にたたきこみましょう。

TOEIC頻出単語は定番の「金のフレーズ」がおすすめです。

単語は「金のフレーズ」を990点レベルの単語まですべて覚えましょう。

単語を覚えるときは1日100個のペースで、何度も繰り返し見ることで記憶に定着させる方法を取り入れると効率的ですよ。

毎日勉強する

当たり前ですが、勉強時間を積み上げていかないとレベルアップしません。

TOEICの目標スコアに必要な学習時間を示した表によると、900点突破のためにはこれくらいの時間が必要です。

・現在のスコア 750点の場合 → 600時間
・現在のスコア 850点の場合 → 325時間

あくまで目安ですが、1日2時間は勉強時間を取りたいですね。

勉強するときは、「まとまった時間」を確保する必要はありません。

仕事や移動の合間の5~10分程度のスキマ時間をうまく使えば、忙しい人でも2時間の勉強時間を確保することは可能です。

Toshi

スキマ時間を上手く活用したい人にはスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースがおすすめです。私が実際に1年間使ったレビューも紹介中です。
『935点GET』スタディサプリTOEICの評判・口コミ 1年使った私の正直なレビュー

問題演習で試験に慣れる

900点を取るためには、TOEICの問題形式を熟知してテストに慣れることが不可欠。

パートごとの問題の特徴や出題パターンを記憶し、すばやく正解するためのテクニックを磨きましょう。そのためには問題演習をくり返すのみです。

公式問題集に収録されているテストを3回くりかえすことが効果的です。

それでも足りない場合は、次の教材を活用すると良いでしょう。

リスニング

基本的な進め方は、800点突破のリスニング勉強法と同じです。

900点を目指すならリスニングで460~480点、要はほぼ満点が取れるくらいにまで鍛えておきたいところです。

そのためにはパート3,4における「設問の先読み」テクニックをマスターしなければいけません。

先読みをマスターするための具体的な勉強法は、こちらの記事を参考にしてください。

TOEICリスニングPart3、4で必須!先読みのコツとタイミング

また。問題を解いて答え合わせをするだけではリスニング力は向上しません。

音読やシャドーイングを取り入れることで、TOEICのスピードの英語を聞いて、すぐに意味を理解できるようになるまで反復練習をします。

復習で音読をしたら、2回、3回とくりかえし問題を解いて90%以上正解できるまで教材を使いこみましょう。

リーディング

リスニングで460点以上は確実に取ると想定した場合、リーディングのほうは440~450点くらい取れるようになっておけばOKです。

リーディングの勉強の進め方も、TOEIC800点突破の勉強法とほぼ同じです。リーディング問題の正答率が90%程度になるように対策をします。

900点突破を目指す場合の、目標としたい時間配分はこちらです。
Part5:10分
Part6:6分
Part7 :59分

Part5,6については「文法」のところで述べた通りです。

最大の難関であるPart7の長文問題は、徹底的に「本文重視」で行きます。

TOEICノウハウで「拾い読み」や「スキャニング」などのテクニックが紹介されていることもありますが、現在のTOEICは設問を見ただけで、どの辺に正解の根拠となる文章があるのかを見つけることはできない作りになっています。

本文の内容を正確に、素早く読めるようになるしか手はありません。

リーディングの問題も、1回解いて終わりではなく、知らない単語・熟語の意味をしっかりチェックして1つ1つの文章の意味が正確に解釈できるまで、何度も読み込んでください。

1つ1つの文を正確に読めるようになったら、ぜひ音読も実践しましょう。

音読をすることで、英語をそのままの順番で意味を理解しながら読み進めるスピードをアップできますよ。

「本物の英語力」を身につけて900点達成するための勉強法

TOEIC対策に本気で取り組めば、900点突破は必ず実現できます。

だけど、テスト勉強ばかりだと途中で飽きてしまいますよね。

TOEIC以外の勉強も取り入れたほうが長続きし、結果的に900点を余裕で取れる英語力を身につけることができますよ。

オンライン英会話で学んだ英語を使ったり、海外ドラマやYoutube動画、TEDのプレゼン動画などを活用しましょう。TOEICよりリアルで、興味深いトピックを扱った英語に触れるのは楽しいので、テスト勉強のよい気分転換にもなります。

オンライン英会話でアウトプットの時間を増やす

TOEIC対策でインプットした知識を英会話レッスンで実際に使ってみることはとても大切です。

インプットだけではどうしても英語は身に付かないので、アウトプットとのバランスが取れた「学習と実践」のサイクルを上手く回すことが大切です。

オンライン英会話であれば自宅で低料金なレッスンを受けることができるので、スピーキングの練習が足りない人はぜひ取り入れましょう。

慣れていない人は、とても簡単なフレーズでも意外に言えないことに気がつくはずです。

自分が言いたいことをスピーディーに口から出す練習をすることで「英語で考える思考回路」が鍛えられるのでTOEICのリスニング、リーディング対策にも役に立ちます。

定番のオンライン英会話はレアジョブ英会話ネイティブキャンプです。

どちらも無料体験レッスンができます。

英語字幕で洋画や海外ドラマを観る

TOEIC900点を目指すほどの基礎ができている人であれば、ネイティブスピーカーがナチュラルスピードで話す英語のリスニングに挑戦してみるのも有意義です。

自分の好きなドラマや映画であれば飽きずに何度もリスニングできるし、ネイティブの使うフレーズを覚えることもできます。

いきなり字幕なしで観ると雑音にしか聞こえないので、日本語字幕でストーリーを把握してから、英語字幕を表示する設定に切り替えてリスニングに取り組みましょう。

DVDやBlu-rayであれば、日本語・英語字幕の切り替えがメニュー画面で可能です。また、動画配信サービスであればPCやスマホで再生できるので気軽に実践できます。

アルクの通信教材で「余裕でTOEIC900点が取れる実力」を獲得する

英語教材の老舗「アルク」のTOEIC通信教材は、現在800点前後レベルの人が「総合力を伸ばして余裕で900点」「仕事で使える英語力」をコンセプトにした唯一のTOEIC教材です。

アルクTOEIC完全攻略900点コースは6ヶ月間の通信講座です。

「顧客との会議日程の調整」「野球選手のエージェント」「警備システムの提案書作成」など具体的なビジネスシーンを想定した演習をこなすことで、総合的な英語力を高めます。

  1. 仕事で使える英語力・アウトプット力
  2. 英語を速く正確に理解する力
  3. TOEICテストにおける弱点克服

これら3つの英語力を身につけることで、時間配分がシビアで集中力が必要なTOEICのテストでも自分の実力をおちついて出せるようになります。

1日単位でやることが細かく決まっており、カリキュラムに沿って進めるだけでインプット・アウトプットのバランスが取れた勉強ができます。

リスニング・リーディングでインプットしたことを元にして、「書類をまとめる等のアウトプット演習」もできるので「TOEICだけは高得点だけど、実際の場面で使える英語力が身についてない」という残念な事態を回避することができます。

これらは他の教材にはないアルクの通信講座だけの特徴&強みです。

TOEICの先を見据えた勉強をしながら900点突破したい人に絶対おすすめの通信教材です。

アルク「TOEIC完全攻略900点コース」の口コミ・評判 『 余裕で900点を取れる英語力』を習得できる内容とは?

TOEICコーチングなら2ヶ月で200点UPも狙える

「数ヶ月以内に確実にTOEIC900点を達成したい…!!」

このような人には、英語のプロが専属コーチとなってくれる短期集中型のTOEICコーチングを受講することをおすすめします。

英語学習ノウハウを熟知したコーチが、ひとりひとりの弱点・課題に合わせて学習プランや勉強内容を提案し、日々の学習をチャット・面談などのコミュニケーションを通じてサポートしてくれます。

忙しい社会人に短期集中TOEICコーチングがおすすめな理由

 

中でもおすすめは科学的アプローチあなたに合った最適な学習法を提案してくれるプログリットです。

第二言語習得理論など言語学にもとづく英語学習コンサルティングによって「2ヶ月間で受講者のTOEICスコア平均150点UP」という成果を出しています。

学習時間を確保するための生活リズムや仕事の進め方の見直しなど、ライフスタイル全般にわたってサポートしてもらうことで短期集中でのTOEICスコアUPを実現できます。

【プログリットの評判・口コミ】2ヶ月でTOEIC200点上げる短期集中コーチングとは?

 

一番知名度が高いのは、なんと言ってもライザップイングリッシュです。

ライザップイングリッシュの特徴や効果を徹底解説 どんな人におすすめ?【体験談あり】

 

また、先ほど紹介したスタディサプリENGLISHにはオンラインでプロのTOEICコーチから個別指導を受けられるパーソナルコーチプランもあります。

これはオンライン完結型のコーチングで、スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースのアプリを教材として、毎日の学習をコーチが電話とチャットでサポートしてくれます。

独学で勉強しているときに、疑問や質問があったときに気軽に専属コーチに相談できるのは嬉しいですね。独学+αのサポートで800点達成した人の体験談もあるので、ぜひ参考にしてください。

スタディサプリTOEICパーソナルコーチ体験談 650⇒810点を3ヶ月で達成した私の口コミ・評判

 

それぞれカリキュラムや受講形式に特徴があるので無料カウンセリング・無料体験でお試しした上で、自分に合うものを選ぶようにしましょう。

まとめると、次のようになります。

(1)対面の授業でしっかりTOEIC対策の講義を受けたい
RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)

(2)いつ、何を勉強すべきかを科学的にカッチリ決めてほしい
PROGRIT(プログリット)

(3)通学が無理 or 費用をなるべく抑えたい
スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン