アルク「TOEIC完全攻略600点コース」を使ってみた口コミ・評判

TOEICer

TOEICが400~500点台で伸び悩み中。昇進の要件にもなっているから600点を何とか突破したい。市販の教材だと、何となく途中で挫折してしまい、成果が出なかった。毎日のやるべき内容が決まっていて、それに沿って勉強すれば点数が伸びるような教材は無いものかな?

TOEIC600点は社会人の平均スコアとほぼ同じ数値であり、日本企業でも昇進の要件になっていることが多いです。

「上場企業における英語活用実態調査 2013年」報告書によると、上場企業の6割もの企業が採用・昇進、海外赴任者選抜のためにTOEICテストを利用しています。

そこではグローバル化に対応するため全社員に期待する平均スコアは600点と書かれています。

 

企業側が期待する最低限の英語力を身につけるためにも、TOEIC600点は必ず突破したい点数です。

しかし、600点を超えたいと思いつつ400~500点台で伸び悩む人も多いのも事実…

まだまだ英語の基礎ができていない人にとっては、自分のレベルに合ったものを選ぶだけでも一苦労だし、効果的な使い方をしないと時間を浪費するばかりです。

 

そこで、今回は英語教材の老舗であるアルクの通信教材であるTOEIC完全攻略600点コースを紹介します。

独学でTOEIC900点以上を取った筆者が、

・教材の内容や特徴
・得られる効果やメリット
・おすすめ、向いている人

などのポイントに沿って解説していきます。

 

結論だけを言うと、TOEIC400~500点レベルの人がこの教材で3ヶ月間しっかり勉強すれば余裕で600点を超えられる実力を身につけることができます。

TOEIC完全攻略600点コースを使えば…

TOEICの全パートの問題がバランスよく載っており、テキストに沿って学習を進めるだけで反復学習ができるのでリスニング・リーディングがいつの間にかレベルアップしていることを実感できるでしょう。

Toshi

筆者自身も留学経験なしの初心者レベルからコツコツ学んできた経歴があるので、TOEIC完全攻略600点コースが英語の基礎固めに効果的な内容になっていることが良く分かります。

 

本記事ではアルクのTOEIC完全攻略600点コースを実際に使ったレビューと教材内容、メリット・デメリットなどを正直に紹介します。

⇒アルクのTOEIC通信教材をチェック!

【忙しい社会人におすすめ!】
スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースなら、1日3分からスキマ時間でTOEIC対策ができます。3ヶ月で200点UPの成果が続々!まずは7日間無料で試してみましょう。

【935点GET】スタディサプリTOEICを12ヶ月使った口コミ・体験談

アルクTOEIC完全攻略600点コースの特徴

アルクのTOEIC完全攻略600点コースは現在400~500点あたりの初心者が、基礎を固めながらTOEICの試験テクニックを身につけることができる通信教材です。

1日あたり60分、3ヶ月間でやるべき事が1日ごとに決まっています。

アルクの教材の特徴は以下の通り。

TOEIC完全攻略600点コースの特徴
・現在400~500相当レベルの人向け
・1日単位で学習内容が細かく指定
・反復学習を無理なく実践できる構成
・定期的な課題の提出で定着度チェック
・受講者用の講義動画で理解度UP
・専用サイトでの質問&相談

通信教材なので独学で進めていくことになりますが、受講者用サイトでの質問&相談および講義動画など自習をサポートする体制も整っています。

 

 

全体で3ヶ月のカリキュラムですが、1ヶ月ごとに提出義務のあるテストがあるので学習ペースを維持するのに役立ちます。

Toshi

赤ペン先生みたいに適度なプレッシャーがあるおかげで「毎日しっかりやろう」という気持ちを高めることができますね。

ところで、私が初めてのTOEICで600点を取ったときに実感した「600点突破に必要な英語力」は次のものでした。

・中高レベルの文法知識と語彙力
・リーディングとリスニングの基礎
・多少のTOEIC試験テクニック

これらの英語力は大学受験で英語を学んできた人であれば、TOEIC形式の問題をくりかえし解けば自然と身につくものです。

でも基礎が未完成の人にとっては、そう簡単には行きません。

自分でも使ってみて実感しましたが、3ヶ月間アルクの教材でみっちりやれば確実に600点を超えることが可能です。

⇒アルクのTOEIC通信教材をチェック!

アルクTOEIC完全攻略600点コースで身につく英語力とは?

アルクの完全攻略600点コースで3ヶ月間がんばると、どんな英語力が身につくのでしょうか?

端的にまとめると、次の5点です。

  1. 文法力と語彙力を定着させ「基本的な問題」を確実に解ける
  2. 「読む・聞く・音読」の反復により、英語の基礎が定着
  3. TOEICテストの時間の壁を突破する力を養う
  4. 英語の語順で意味を理解し、制限時間内で読むための力
  5. TOEIC各パートの特徴や解法テクニックを身につける

TOEICは2時間(リスニング45分、リーディング75分)という時間で200問もの問題に答えるシビアなテストです。

600点を取るためにはリスニングで350点(68問)、リーディングで250点(55問)の水準を目指すべきです。これは全体の約61%の正答率を示します。

この水準を達成するには、文法や単語を知っているだけでなく、制限時間内で英語をしっかり聞いて読める実力を発揮できるようにならないといけません。つまり、実践力の養成ですね。

いま400~500点レベルの人はTOEICの問題量やスピード感に圧倒されて集中力が途切れてしまい、実力をうまく発揮できない場合が多いと思います。

 

アルクの本講座ならば1日ごとに綿密に決められたカリキュラムで「聞く、書く、読む、音読する」を上手に反復しながらトレーニング。600点に必要な61%以上の正答率を最短距離で目指します。

特に初心者が混乱しがちなリスニングのパート3、4、そしてリーディングのパート7の長文問題で必要な「英語を英語の語順のまま理解できる力」を効率的に鍛えていくことができます。

アルクのTOEIC通信教材をチェック!

アルクTOEIC完全攻略600点コースの教材の中身

ここからは、TOEIC完全攻略600点コースの中身について具体的に解説していきます。

①コースガイド …1冊
②テキストブック …3冊
③テストブック(Monthly Test 付) …1冊
④ファイナルテスト冊子 …1冊
⑤CD(CD版のみ) …11枚
*MP3版の音声はダウンロードのみとなります。
*CD版とMP3版の2種類ありますが、MP3版のほうが安く購入できます。

もちろん中身は最新形式のTOEICテストに対応済み!

送られてくる教材の量はなかなかのボリューム感です。1つ1つ見ていきましょう。

①コースガイド

コースガイドは3ヶ月間全体のカリキュラム、日々の学習の進め方が詳細に記されています。

1日ごとにやるべきことが明確に決められているので「今日は何をやろうか?」と悩む必要がないのが嬉しいポイントです。

上の画像の通り、テキストブックとテストブックを使って勉強を進めていきます。

1日あたりの勉強時間は60分。復習や発展学習も60分の中で行うようにできています。

②テキストブック

テキストブックは3冊。本講座のメインとなる教材です。

1ヶ月で1冊終わらせるペースで取り組むように作られており、3冊合わせると約3cmの厚さです。

1冊あたり150ページ。

B5サイズなので通勤用のカバンなどに入れて持ち運ぶのにも便利です。通勤・通学時間などスキマ時間の学習にも使えます。

順番通りに進めていけばTOEICの全パートの問題に合わせた勉強ができ、前の日にやった内容の復習もできるようになっています。

③テストブック(Monthly Test 付)

TOEICと同じ形式のリスニング・リーディングの問題を制限時間内で解くための冊子です。

・毎週取り組む「ウィークリードリル」
・1ヶ月毎に取り組む「マンスリーテスト」

この2つが収録されています。

第1~3週の5日目に取り組むのが「ウィークリードリル」で、第4週の5日目に取り組み提出するのが「マンスリーテスト」です。

難易度もTOEICとほぼ同じで、実によくできています!

TOEIC形式のミニテストで各パートの攻略法を学び、TOEIC本番で通用する実践力を身につけます。

*テストの提出は受講者用サイト「テストコ」経由で行います。

 

ウィークリードリルの一例

ウィークリードリルで取り組むミニテストは1回20~30分かかります。

月末に取り組みマンスリーテスト

マンスリーテストはTOEIC本番のテストの半分のボリュームなので1回解くのにかかる時間は60分ということになります。

④ファイナルテスト冊子

3ヶ月間の学習成果を測る最終テストです。

TOEIC本番と同じく、リスニング100問・リーディング100問で構成されたテストで制限時間も本番と同じ模試。

所要時間は2時間、本番のつもりで取り組みます。

受講者用サイト「テストコ」で解答を提出するとスコアが算出されます。

毎日しっかりとカリキュラムをこなしていけば余裕で600点を超えること間違いなしです!

⑤CD(CD版のみ)

付属CDは全部で11枚あります。

なかなかのボリューム感ですが、テキストブック、テストブック、ファイナルテストで使われる音源がすべて入っています。

「CDはかさばるから嫌い!」という方にはMP3版もあるので、ご安心ください。

⇒アルクのTOEIC通信教材をチェック!

TOEIC完全攻略600点コース教材の進め方を実例で紹介

ここからは実際にテキストがどんな内容になっているのかを写真付きで解説していきます。

1日ごとにやるべき事は決まっているので、一度ペースをつかめば後はルーティンをこなしていくだけです。

たとえば1ヶ月目の学習内容は次のようになっています。

企業での会議、電話やメール、販売や人材募集などTOEICに頻出のトピックを週に4つ、3ヶ月間で48個あつかい、関連する重要単語や表現を習得します。

一週間のメニューはこんな感じです。

時期 学習内容 学習効果
週の1~4日目 ・英語を日本語に訳さずに英語の語順のまま理解したり、場所や時を表す語句を正確に押さえるトレーニング
・文法の確認と反復練習による語彙の定着
・毎日の学習に組み込まれた前回の復習
・TOEICの時間の壁を突破する力
・TOEICの基本的な問題を解く力
・聞く・読む・音読を通した実践力
週の5日目 監修者による「攻略ナビ」&TOEICミニテスト TOEICテスト各パートの特徴や解法テクニック
週の6~7日目 ・リスニングの復習、部分ディクテーション、リピーティング練習、及び単語の復習
・リーディングの復習、段階的な速読練習と単語の復習
・学習した内容の確実な定着
・文意を理解しながら制限時間内で読める力

週の前半はインプット、後半は問題演習とその復習を行うことでアウトプット(実践)もバランスよく取り入れた構成になっています。

Toshi

それでは教材の中身を写真で見ていきましょう。

以下に載せたのは、週1日目の学習内容です。

実際に勉強を進めるときは、ディクテーション(英語を聞いて文字に書きとる練習)からスタートします。

聞き取れなかったところは、答えや解説も見た後で再びしっかり聞き、音読するとより効果的です。音源はCDもしくはMP3に収録されています。

解説と解説、訳にもすみずみまで目を通し、読みこみます。

テキスト内のページには重要単語も載っているので、覚えていないものがあれば何度も見て暗記しましょう。

2日目は、前の日に学んだ英文の速読練習からスタートします。

速読で復習したあと、2日目のディクテーション問題から取り組みます。

基本的にこの流れを繰り返し、週5日目に一度TOEICミニテストで問題演習をします。(ミニテスト1回で20~30分くらいかかります。)

問題が載っているだけでなく、各パートごとの問題の傾向や解き方も説明されています。

 

5日目にウィークリードリルを解いた後の6日目、7日目はテキストブックで問題の復習をします。

ただテキストを読むだけでなく、ディクテーションや音読で何度もやり込むことが大切です。

⇒アルクのTOEIC通信教材をチェック!

アルクTOEIC完全攻略600点コースで感じたデメリット・不満

TOEIC完全攻略900点コースの教材の中身や構成について詳しく解説してきました。

ここからは実際に教材を使うことで分かった教材の長所やメリット、デメリットや不満について述べていきます。

1日60分だけでは時間が足りないかも…

1日60分の学習時間を想定していますが、人によってはもっと時間がかかると思います。

なんとなく問題を解いて答え合わせをするだけだとすぐに終わってしまいますが、リスニング音源を何度も聞いたり、長文をくりかえし音読していると60分なってあっという間に過ぎてしまいます。

仕事が忙しい人の場合、土日など休みの日に3~4時間くらいまとめて勉強して帳尻を合わせる進め方になる可能性が高いです。

ウィークリードリルやマンスリーテストだって「1回解いて終わり」ではもったいないので、くり返し解くことがおすすめです。

反復するとどうしても時間がかかるので、やはり土日に数時間確保する必要が出てくるでしょう。

課題の提出が面倒くさい

それからマンスリーテスト、ファイナルテストなど課題の提出方法が面倒くさいです。

これらの課題は受講者専用サイトの「テストコ」上で行うのですが、解答・解説がWEB上で提出しないとチェックできないのは不便です。紙のテキストがメインの教材なので、どうせならテストの回答・解説も冊子に載せてほしかったです。

また教材のコンセプトが「TOEIC対策もしながら実用的な英語力も同時に身につけること」なので、TOEIC対策だけをしたい人にはまどろっこしいと感じられるでしょう。

重要単語は冊子にまとめて欲しい…

本教材ではたくさんの英単語が登場、暗記することができます。

しかし、単語集がないのでまとめて覚えるのに不便です。

TOEIC頻出単語を集中的にまとめて覚えたい場合、使いにくいです。そうしたい場合は他の単語帳を買って勉強したほうがよいでしょう。

文法事項の解説は詳しくない

英文法が苦手な人、中高レベルの文法知識がまだ覚えきれていない人だとテキストブックの勉強を進めるのが大変かもしれません。

音読やディクテーションなど効果的な勉強をすることで文法を「知っている」から「読んで聞いてすぐに理解できる」レベルまで高めるのに役立つ教材なのですが、まだ「知っている」状態に達してない人の場合、負荷が高すぎると感じるでしょう。

その場合、文法のテキストを買ってきて復習する、あるいはアルクのTOEICテスト完全攻略500点コースからスタートしてみましょう。

スケジュールより遅れた場合の対処法について

本教材は盛りだくさんの内容なので、どうしてもスケジュール通りに進まなくなることも多々あると思います。

そういう場合のおすすめの対処法について、少しだけ解説を。

遅れた場合の対処法
週1~4日目 テキストブックは1つずつ確実に理解することも目指す。遅れが出たらスキップしてもOK
週5日目 ウィークリードリルはペース維持のために必ず解く
週6~7日目 ウィークリードリルを解きっぱなしにするのはもったいないのできちんと復習する時間を確保

このように、基本的なペースは乱さないように心がけましょう!

テキストブックで完了しなかったところは、週末など時間のあるときに消化するようにします。

ウィークリードリルやマンスリーテストは定着度を評価するだけでなく、勉強のペースメーカーとして使えます。スケジュール通りに実践するようにしましょう。

TOEIC完全攻略600点コースがおすすめ・向いている人

TOEIC完全攻略600点コースは音読やディクテーション、反復学習を無理なく実践し、TOEIC600点を余裕で取れる実力を養成できる良質な通信教材です。

600点コースの教材をおすすめできる・向いている人は次の通り。

・TOEIC500点前後でスコアが伸び悩んでいる人
・試験テクニックだけでなく、英語の基礎を身につけたい
・学習プランについて悩みたくないからカチッと決めてほしい
・自分にあったTOEIC教材をそろえるのが面倒くさい
・3ヶ月間なら独学でもがんばれそう

600点コースでは3ヶ月間、コースガイドに沿って1日60分程度の学習時間を確保して勉強を進めていくことになります。

学習習慣が定着するまではキツイので、三日坊主にならないかと心配になる人もいるかもしれません。

しかし1週間がんばればペースを掴めてくるので、うまく習慣化できれば愚直に毎日のノルマをこなすのみです。

これだけの分量を反復学習で消化して自分のものにできれば、余裕でTOEIC600点を取れる英語力を習得できるでしょう。

アルクのTOEIC通信教材をチェック!

独学が無理な人はTOEICコーチングも検討しよう

会社の昇進のため3ヶ月以内にTOEICスコアを100~200点アップさせないといけない!!」

このようにせっぱ詰まった状況に追い込まれた人は、勉強法や教材を調査するだけではなく、今この瞬間にも対策を講じる必要があります。

その場合、まず短期集中のコーチング型TOEICスクールを検討したほうが良いです。

ネットから申し込めるので教室にいく手間もありません。

3ヶ月で100点アップくらいであれば確実に達成できるので、お急ぎの人は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでみてください。

*申込みは10分以内で終わるのでカンタンです。

【1位】いつ何を勉強すべきかをカッチリ決めてほしい
PROGRIT(プログリット)

【2位】長年の英語塾ノウハウで「英語そのもの」を教えてほしい
短期TOEIC塾LePlus(レプラス)

【3位】通学が無理 or 費用を安く抑えたい
スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン

 

アルクの教材と同じくらいの費用ですませたいと考えている人には、スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランがおすすめです。

TOEICの新常識とも言えるスタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースのアプリを使いながら、プロの専属コーチから学習アドバイスを受けることができるので挫折しにくく、スコアアップの効果も高いです。

3ヶ月で800点越え!!スタディサプリTOEICパーソナルコーチ体験談【30代男性のリアルな口コミ、評判】

アルクのTOEIC通信教材をチェック!