TOEIC過去問は存在しないけど心配無用、市販の問題集でスコアUPは可能です!

これからTOEICを受験される皆さんにぜひ知っていただきたい事があります。

実はTOEICには過去問がありません。

正確に言うと、韓国語で書かれた既出問題集なるものはAmazonで入手可能ですが、日本語で書かれた過去問集は存在していません。

 

ちなみに英検は過去問が公開されています。英検や大学受験、その他の資格など何かテストを受けるときには過去問を何度も解くことはとても効果的な対策ですが、TOEICの場合はそれがほぼ不可能だという事です。

結論だけ言うと、

過去問が手に入らなくてもぜんぜん気にする必要はありません。むしろ日本で売られている市販の問題集でしっかり対策すればTOEICスコアを目標点数まで上げることは十分に可能です。

本記事ではTOEICの過去問の有無と、過去問を入手する一応のメリットを説明します。あわせて、問題演習は市販の教材で十分であること、おすすめの問題集も紹介いたします。

TOEIC過去問は韓国語教材のみ!日本語版は存在しない!!

TOEIC過去問が存在しない理由

TOEICは公開テスト、IPテストを合わせると年間260万人近くが受験している、日本で最もメジャーな英語資格です。

そんなに人気のある資格なのに、過去問がTOEIC業界で出回ってないのはなぜか?

 

理由は至ってシンプルです。

それは運営団体であるETSがTOEICの試験問題を外部に一切公表していないからです。

その証拠に、TOEICでは「試験教室から問題用紙・解答用紙を持ち出す行為」が禁止されています。(出典:TOEIC公式サイトより)

なぜ試験問題の持ち出しを禁じているのかと言うと、TOEICは毎回のテストで難易度、平均スコアが大きくブレないように過去に出した問題のリサイクルをしているからです。過去に出た問題をアレンジして、新しいテストでまた使うという事が普通に行われています。

TOEIC講師など何十回と受験している人であれば、まれに全く同じ問題と出会うこともあるようです。よく覚えているものだと感心しますが。

過去問が市場に出回ってしまうと、

「こ…これはッ……!進研ゼミで出たところだーーーッ!」

という現象が試験会場で起こります。

答えを知っているかどうかで正解できてしまうので、受験者の英語力を公正に評価できなくなってしまいますね。

赤ペン先生に介入されては公正なリスニング・リーディングのテストにならないとETSは考えているのでしょう。そのような事態を避けるためにETSは過去問を外部に出さないという方針を取っているのです。

過去問をどうしても手に入れたい人は…

TOEIC過去問がどうしても欲しくて仕方がない!

そんな方はAmazonで韓国語版のTOEIC過去問を手に入れることができます。

ETS TOEICの定期試験既出問題集LCリスニング 新TOEICの出題機関の最新の既出独占公開

ETS TOEICの定期試験既出問題集LCリスニング 新TOEICの出題機関の最新の既出独占公開

ETS
2,100円(04/21 22:44時点)
発売日: 2019/04/21
Amazonの情報を掲載しています

 

韓国で2016年7月から12月まで実施したTOEIC公開テストから5回分を選んで構成されています。

上記でお見せしたのはリスニング版ですが、Amazonではリーディング版も入手できます。なお、リスニング音声はWEBサイトからダウンロードする仕様です。

この過去問を使う一応のメリットは、将来のTOEIC公開テストで出題される可能性のある問題を解けるということです。

直近の過去問の問題文や解答を覚えておくことで、将来皆さんが受ける試験で同じ問題が出て、一瞬で正解できる可能性があります。

ただし、あくまでも可能性、ただのラッキーチャンスでしかありません。

また、解説は当然韓国語で書かれているので、翻訳しないと読めません。使えるのは英語で書かれた問題と答えだけなので、教材を買う費用対効果はたいして良くないです。

TOEIC過去問が無くても心配する必要はない

冒頭でも述べましたが、TOEICの過去問が無いからと言って心配する必要はありません。

日本では企業や大学、英会話スクールでTOEICの対策法を教えるプロのTOEIC講師の方がたくさんいます。

彼らは自分自身でTOEICを毎回受験し、最新の動向を把握しながら、日々あたらしい教材や問題集を出版しています。

彼らTOEIC講師は「TOEICの問題が再利用されること」も当然知っているので、過去のデータを元に過去問と同じくらい「本番に近い」演習問題を用意することができます。

基本的に、日本でTOEICの問題演習をするときはプロの作成した市販教材を活用すれば十分です。

TOEIC過去問に代わる市販の問題集のおすすめ紹介

過去問に代わる、TOEICの問題演習ができるおすすめの問題集を紹介します。

ここで取り上げるのは、TOEIC試験を運営するETSが制作している公式問題集のほか、何名かの有名講師が制作した問題集も合わせて紹介いたします。

本番と同じクオリティーを求めるなら公式問題集がおすすめ

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4

Educational Testing
3,024円(04/21 16:15時点)
発売日: 2018/10/10
Amazonの情報を掲載しています

 

本番と同じリスニング音声、紙のサイズ、難易度で本物のTOEICを体験できるのが公式問題集です。

TOEICに慣れるという意味では、最もオススメできる1冊です。本番と同じリスニング100題、リーディング100題の計200題の模試が2セット収録されているので、1回あたり1500円で問題演習ができます。

本番と同じくETSが作成しているというのが最大の強みですが、他の教材と比べると解説が分かりにくいです。

また個人的な実感としては、リーディングパートが実際のテストより少し簡単に作られているという印象です。

分かりやすい解説で学びたいならTOEIC講師の問題集がおすすめ

分かりやすい解説が載っていないと、一人で勉強しているときに分からない所にぶつかって挫折するかもしれない。

そんな不安がある人は、プロのTOEIC講師による充実した解説がついた問題集を選ぶとよいでしょう。

 

まず、TOEICのテクニック本を紹介します。

CD-ROM付 TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術

CD-ROM付 TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術

ロバート・ヒルキ, 相澤 俊幸, ヒロ 前田
2,376円(04/21 21:59時点)
発売日: 2018/02/01
Amazonの情報を掲載しています

 

TOEIC対策本の中には、時間のない社会人のために直前でもスコアが伸びるテクニック、勉強法を紹介したものがあります。

ロバート・ヒルキ氏のこの本は各Partで使える考え方、問題のパターンに合わせた解き方を身につけることができます。

エッセンスというTOEIC予備校で講師を務める加藤 優(かとう まさし)さんが何度もTOEICを受験して作成した問題集もオススメです。

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

加藤 優, 野村 知也, Paul McConnell
2,052円(04/21 16:15時点)
発売日: 2017/02/25
Amazonの情報を掲載しています
TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

加藤 優, 野村 知也, 小林 美和, Bradley Towle
2,052円(04/21 15:01時点)
発売日: 2017/02/25
Amazonの情報を掲載しています

表紙にある通りリスニング、リーディングのパート別に100題の模試が5回分収録されています。

精鋭講師陣が新形式と最新の出題傾向を徹底解説、1つ1つの設問に「どうすれば正解できるのか」という手順や考え方の詳細が詳しく載っています。

間違った問題、たまたま正解した問題などを放置しておくと、TOEICの得点力はいつまでたっても伸びていきません。プロの講師による解説を熟読すれば、間違いなく目標スコア達成へと近づいていくことができます。

また、執筆陣が実際にTOEICを受験して解いた問題をもとに「限りなくリサイクルに近い問題」が作成されているので、公式問題集に劣らないくらい、本物に近い内容で演習ができるのも大きなメリットです。

本文のレイアウトやフォント、リスニング音声のスピードなども限りなく本物に寄せてあり、「公式を超えた問題集」という定評がある教材です。

問題集は「本文の理解」を重視する復習こそ大事

問題集は「問題を1回解いて答え合わせして終わり」では、非常にもったいないです。

そんなやり方ではどんなに素晴らしい教材を使おうともTOEICの点数は永久に伸びないでしょう。

最新のTOEICは、小手先のテクニックよりも「耳で聞いた内容、本文に書いてあることをしっかり理解できる英語力」でスコアが決まる内容になっています。

そのため、本文の内容を腹落ちするまで何度も復習することがリスニング、リーディングともに不可欠です。

リスニングはシャドーイングと音読、リーディングも音読を最低10回は行いましょう。

シャドーイングには色々なやり方がありますが、本文を目で追いながら音声を再生して、それに合わせて音読する方法が一番とっつきやすいし、十分効果がでます。

文字と音をリンクさせることを意識して、うまく聞き取れない部分は発音音声変化など英語独特のルールを確認して聞きとれるようになるまで練習しましょう。

リーディングも、精読と音読で「正確に素早く読める読解力」を身につけることが大切です。

【参考】英語の長文を読んでも頭に残らない人のための対策法

信頼できる講師の教材でTOEIC目標点を実現しよう!

TOEICの過去問、おすすめの問題集について解説してきました。

日本で過去問が入手できないのは残念ですが、ここで紹介したように信頼のおける教材が日本ではたくさん販売されています。

加藤優さん、ヒロ前田さん、ハマーさん、関正生さんなどTOEIC対策の指導で定評のある講師の方々が教材や問題集をたくさん出しているので、自分に合ったものを選びましょう。

講師がいっぱいいすぎて誰を信用していいか分からない人もいると思いますが、選ぶ際のポイントは「自分でもTOEICを受験している」ことです。

自分で受験していないと最新の動向をつかむことができず、ちゃんとした勉強ができないTOEIC教材を作ってしまうからです。

実際そのような残念な教材も書店には並んでいるので、間違って選ばないように注意しましょう。

目標スコア別のTOEIC対策情報はこちら

当サイトでは、スコア別のTOEIC勉強法、おすすめの教材やアプリなどを紹介しています。

これから勉強を始める人は、そちらもぜひ参考にしてください。

TOEIC対策のおすすめアプリと言えば、スタディサプリENGLISHです。

【無料体験申込】スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース

テキストや参考書の勉強に抵抗がある人、スキマ時間を上手く使いたい人におすすめですよ。詳しく知りたい方は、私が12ヶ月実際に使ったレビューもあわせて読んでみてください。
スタディサプリTOEICの評判・口コミ【1年使って935点取った私が効果を徹底レビュー】