> 社会人におすすめの英会話スクール <

学校では教えてくれない、英語の音声変化のパターン

英語は読めるけど、リスニングはできない。

リスニングに苦手意識を持っている人はたくさんいらっしゃいます。

私が大学受験のために勉強していた頃も英文は読めるのにリスニングが全然できなくて悩んでいたものです。

「英語が聞き取れない原因」でも説明しましたが、日本人がリスニングを苦手とする原因の1つは、英語の音の変化を知らないからです。音の変化のルール・パターンを覚えてしまえば、リスニングはグ~ンと楽になります。

 

音の変化のパターンを知っておけば、リスニング・スピーキング両方のスキルを伸ばすことができます。聞き取りやすくなるし、話し方もネイティブっぽくなりカタカナ英語から卒業できます。

また、TOEICのリスニング問題でも音の変化はふつうに使われているので、TOEIC受験者も絶対知っておくべき内容です。

 

英語にどんな音声変化のパターンがあるのかを知って、勉強に活かしていきましょう。

なぜか学校で教えてもらえない、音声変化のルール

日本人が英語の音の変化について知らないのは英文和訳中心の学校教育に問題があります。

授業中に先生が音読したり、生徒に読ませたりすることはありますが、ネイティブのような標準的な発音で読むとどう聞こえるのか?ということを学ぶ機会はほぼ0です。

ネイティブスピーカーは教科書的な話し方ではなく、ここで説明するような音声変化をたくさん使って英語を話しています。

残念なことに、私たちは日本人は生きた英語の音を聞く機会が圧倒的に少ないために、英語の音の変化を学ぶことなく社会人になってしまうのです。

音声変化が起こる理由は、「そのほうが話しやすい」から

英語は独特のリズムに引っ張られて音声変化が起こる

日本語は声の強弱や抑揚が少ない言語ですが、英語は日本語と違って独特な強弱のリズムがあります。

・What type of document do you need?
・Did you buy this car on your own?
・I thought you told me she was an artist.
・I don’t understand why he said such a thing.

上の太字で示した部分が強調されて読まれる所です。

このように英語は一定の間隔で強めに発音される音が登場するという特徴があります。英語独特のイントネーションを維持しつつ、スムーズに話そうとするとどうしても音声の変化が起こるのです。

ネイティブスピーカーは省エネ型の英語を話したがる

音の変化が起こる理由をザックリ言うと、「そのほうが話しやすい」からです。先ほどお伝えしたように、一定間隔で現れる強弱のリズムが生み出すイントネーションが、英語らしい音を作っています。

このリズムに合わせて不自然にならないように話そうとすると、音がくっついたり、抜け落ちたり、弱く発音されたり、などの省エネ型の発声になるわけです。

例えば”Nice to meet you”と言うとき、「ナイス、トゥ、ミート、ユー」ではなく「ナイストゥミーチュウ」に近い発音になります。隣り合う単語とくっついたり、”t”などの発音されない文字があったります。

逆に、これを単語ごとに区切って、Nice / to / meet / you と1個ずつはっきり発音してしまうと、不自然に聞こえます。

 

つまり省エネ型で話すときの英語こそが、より自然な英語ということになります。

 

英語のリスニングが苦手な日本人が多いのは仕方ないことです。日本語は、音の変化がとても少ない言語です。

日本語で「はじめまして」はふつうに「は、じ、め、ま、し、て」と発音します。ゆっくり話しても、早口で話しても変わらないし、「はじめまして」の後に続く言葉が何であろうと、音が変わることはほとんどありません。

「しょうがない」を「しゃあない」と言ったり、「かいいん」を「かぁいん」と言ったりなどの例はいくつかありますが…

 

それに比べて、英語はとにかく音声変化のオンパレードです。

海外ドラマや映画を観ていると気づくのですが、役者さんが急にモゴモゴと曖昧な発音になったり、急に早口になったように感じるときがあります。これがまさに「省エネ型の発音」です。ネイティブスピーカーの話す英語には、「省エネ型」の発音が頻繁に使われています。

これはTOEICのリスニング教材にも当てはまります。TOEICのリスニング問題は、ナチュラルスピードより遅いですが、音声変化がふつうに使われているのでTOEIC対策をする人も英語の音の変化には慣れておくことが必要です。

これでリスニングは完璧!英語の音の変化 6パターン

音の変化にはパターンがあるので、それを押さえることでリスニング力は劇的に改善されます。さらにTOEICのリスニングパートのスコアUPにもつながるので、音声変化を知ることは良いことづくめです。

英語特有の音の変化のパターンは次の通りです。

  • 連結
  • 同化
  • 脱落
  • 短縮
  • 弱形/強形
  • 変形

①連結 となり合う音同士がくっつく

連結はリエゾン、リンキングとも呼ばれる音声変化で最も頻繁に起こるパターンです。

ルールは単純で、子音で終わる単語の次に母音で始まる単語が来ると連結が起こります。連結が起こる場合、リスニングでは単語の切れ目をはっきり聞き取ることができません。単語の間に空白(半角スペース?)がなくなって、1つの単語のように聞こえます。

  • Take it easy [テイク イット イーズィー]ではなく[テイキッリーズィー]
  • check it out [チェック イット アウト]ではなく[チェッキラゥ]
  • not at all[ノット アット オール]ではなく[ノッタットール]

この他にも、get out(ゲッダアウ)、get up(ゲダッㇷ゚)、come on(カモン)、half an hour(ハーファナウア)なども連結によって発音されます。

②脱落 発音されなくなる音

文章で話すときに、単語の一部の音が発音されなくなるのが「脱落」です。単語1つだけとか、ゆっくりのスピードで話すと聞こえるのですが、ふつうに話している時には消えてしまいます。

 

代表的なのが、単語の最後にある p, b, t, d, k, gなどの破裂音です。語尾に破裂音が来ると、たいていは発音されずに脱落します。

脱落には次のような例があります。

  • Good morning. (最後のgが消える)
  • Tell me about it. (最後のtが消える)
  • make up (最後のpが消える)
  • get back (t,bが消える)

破裂音を出すためには、その都度喉の奥のほうから息を吐き出さなくてはいけないので音を作るのが大変です。

それをナチュラルスピードで話すときにマジメにやっていては英語のリズムにうまく乗ることができず、疲れるので脱落が起こるというわけです。

③同化 2つの音がくっついて別の音に変わる

同化は連結と似た現象が、音の変わり方がもっと激しいパターンです。

洋楽の歌詞でよく出る wanna (ワナ) が代表例です。wanna のもともとの形は want to です。

I want to play tennis every day → I wanna play tennis every day.

このように隣り合う音が影響し合って、別の音に変わってしまうのが同化です。wannaのほかにも以下のような同化の例があります。

・going to [ゴナ] ・as you [アジュー] ・did you [ディジュー] ・would you [ウジュ−] ・could you [クッジュー] ・of course [オフコース]

中学レベルの単語ですが、同化されることを知らないと何を言っているのか分からなくなります。

特にTOEICの場合、Part2のリスニング問題で質問文を聞き取るときにdid youやwould youなどの疑問形の同化を知っておくと、正確にリスニングするのに役立ちますよ。

④短縮 2つの単語が縮んで1つになる

2つの単語が縮んで短くなってしまう現象が、短縮です。

短縮は文字通り音が短くなります。

たとえば、I am -> I’m のように綴りも変わります。

I’mのほかにも、you are -> you’re、He will -> He’ll、should have -> should’veなどがあります。

⑤弱形 / 強形 弱い音で発音される

英語独特のリズムに引っ張られて、小さい音で発音される音声変化を弱形と言います。

音が弱く読まれる単語としては冠詞、前置詞、代名詞、be動詞、接続詞などがあり、実際に聞いてみると言っているのかいないのか分からないくらいの音量で発音されます。

音そのものが、聞き取りにくいので「テキストには書いてあるのに何度聞いてもきちんと聞き取れない」という場面がよくありますが、リスニングができないと嘆く必要はありません。元々きちんと発音されていないのですから。

次の例文を見てください。

That’s right. I know that you have the same opinion as mine.

このとき”that”が2つ出てきますね。最初の”that”ははっきりと発音されるので、ほとんどの人が聞き取ることができます。しかし2つ目の「接続詞」の”that”は英語のリズムの中で音が弱くなり、[ザッ] みたいな曖昧な発音になります。

これが英語の音の変化でよくある「弱形」「強形」のパターンです。

 

英語の授業で初めてthatが出てきたとき、先生は強形で「thatは[ザット]と読むんだぞ」と教えてくれますが、ネイティブが良く使う弱形の[ザッ]になる場合があることは、なぜかちゃんと教えてもらえません。

強形の音しか知らない状態でリスニングすると、弱系の発音になったときに聞き取れなくなります。

英語は強弱のリズムを繰り返すという独特のイントネーションがあるので、弱形、強形の両方の発音を覚えておきましょう。

⑥変形 元々の読みから音が変わる

アルファベットの元々の読みの音から変わってしまうのが変形です。

例えば、[t]の音がラ行の音に変わることです。bottleやlittleのような”tt”も[ボトゥル]よりも[ボロゥル]と発音したほうがネイティブっぽくなります。日本語の「ろ」の音を弱々しくしたような音ですね。

  • Can you give me the bottle?
  • There’s a little plate on the table.

英語の音声変化のまとめ

リスニングで重要な音声変化の6パターンについて解説しました。

音声変化は無限にあるわけではないので、たくさん英語を聞くことで少しずつ音声変化にも慣れて聞き取りができるようになります。

リスニングの勉強をするときは、ディクテーションで苦手な部分を洗い出し、重点的に改善していきましょう。