TOEIC受験料 10%以上の割引を受ける方法

TOEICのテストに申し込むとき、当然ですが受験料の支払いが必要です。

定期的に受験される方はTOEIC SQUAREにユーザー登録しておくと便利ですよ。

TOEICの受験料

TOEIC公開テストの受験料は5725円(税込)です。

公開テストはインターネットのほかにコンビニ端末からも申込が可能ですが、どちらも受験料は同じです。クレジットカード、銀行振込など支払い方法によっても値段が変わることはありません。

オンライン申込にはユーザー登録が必要

TOEIC SQUAREはオンラインで公開テストに申し込むために使用するWEBサイトです。申込のほか、過去のスコアも確認できます。インターネットから申し込むようにしておけば、テストの結果を約1週間はやく確認できるというメリットもあります。

インターネットから申し込むことで「リピート割」という特典が得られます。

1年後の受験料が通常価格5725円(税別)のところ、約10%割引の5092円(税込)になります。6月に受験すれば、1年後の6月に申し込む際に割引価格で受験ができます。1年後に受験すれば、2年後も割引価格でTOEICを受けられます。リピート割は大学・企業の団体受験には適用されません。個人で公開テストに申し込む場合にのみ有効です。

会社や学校からバウチャーコードを発行してもらう

所属している学校や会社が、TOEICを運営するIIBCの賛助会員であれば、バウチャーコードという割引クーポンのようなものを発行してもらうことができます。
これはインターネット上でTOEIC公開テストに申し込むときに入力することで割引が受けられます。

そうすることで、受験料が4,645円(税込)でTOEIC公開テストを受けることができます。

コードは英数字で構成され、テストごとに異なります。たとえば9月開催のテスト用のバウチャーコードを、10月のテストに使うことはできません。

自分の所属する企業や大学が、賛助会員に登録しているかどうか一度確認してみましょう。

TOEIC IPテストを受験する

IPテストは公開テストと違い、公式スコア認定証が発行されませんが履歴書などには成績なスコアとして記入することができます。

 

TOEIC IPテストを利用すれば、通常受験料5,725円IPテスト受験料4,155円

と、1,570円も安く受験することができるんです。

 

1,570円もあればTOEICの参考書が1冊買えますね。

TOEIC IPテストは企業や学校など10人以上の団体が主催となって行うテストです。したがって、個人で受験する人は対象となりません。
所属する企業、学校などでIPテストの開催がないかチェックしてみましょう。

受験票に貼る証明写真をスマホアプリで作り、節約する

当たり前ですが、TOEICを受験するときは受験票に証明写真を貼らなければいけません。駅前やショッピングモールなどにある証明写真撮影用の機械を使うと700~800円はかかります。現像した後で失敗だと気づいたらまたお金がかかるので、ムダな出費がかさむリスクがあります。

しかも証明写真の機械って、いざ探そうとするとなかなか見つからないんですよね…

 

証明写真も今ではスマホアプリで作れる時代になりました。

「Bizi ID-コンビニ証明写真」や「証明写真~かんたん・キレイな履歴書カメラ」などのアプリを使えば、かなり節約できます。

 

スマホのカメラで自分の顔を撮影し、あとは自宅のプリンターやコンビニのネットプリントなどを使えば30円でカラー写真が現像できます。ちなみに証明写真を撮影するときは白い壁を背景にするのが良い写真を撮るコツです。