TOEIC600点レベルに到達するための勉強法・参考書

この記事で分かること
・TOEIC600点レベルの英語力
・TOEIC600点の社会的評価の目安
・TOEIC600点以上のスコアを取るための勉強法
・TOEIC600点到達に必要な勉強時間

社会人が英語を勉強し直すときにTOEICスコアは客観的な数値として参考になります。

「上場企業における英語活用実態調査 2013年」報告書によると、上場企業の6割もの企業が採用・昇進、海外赴任者選抜のためにTOEICテストを利用しています。

なお、ここで言うTOEICはTOEIC Listening & Reading テストのことを指しています。

グローバル化に対応するため全社員に期待する平均スコアは600点、さらに国際部門の社員に期待する平均スコアは750点となっています。


画像の出典元 http://www.iibc-global.org/toeic/official_data/lr/katsuyo_2013.html

 

企業の中で出世のスピードに差が出てくる30代以上のビジネスマンにとってTOEIC600点は1秒でも早く突破しなければならない、最低レベルの目標スコアと言えます。

TOEIC600点のレベルはどれくらい?

TOEIC600点レベルの英語力は?

TOEIC600点レベルは、日本の中堅レベルの国立・私立大学で英語の筆記試験を受けて合格した人達が最低限満たしている水準です。中学高校時代にそこそこマジメに英語を勉強して文法や読解の基礎ができている人であれば、特に勉強しなくても到達できるレベルです。

 

社会人のTOEIC公開テストの平均点は600点

公開テストは誰でも受験可能で毎年120万人弱が受験しています。

TOEICのテストを開催する「一般社団法人 国際ビジネス・コミュニケーション協会(IIBC)」の公表している、2016年度の受験者数やスコアのデータを分析した資料によると、平均スコアは579点です。スコア分布は500〜600点がボリュームゾーンであること、さらに社会人の平均スコアは602点と全体の平均より高いことがわかります。

TOEIC IPテストの企業の平均点は492点

企業や学校など団体単位で開催されるのがTOEIC IPテストで毎年130万人以上が受験しています。こちらでは企業で実施したIPテストの平均点は492点です。

IPテストは日程も団体のほうで自由に設定でき、受験料も安いので公開テストより気軽に受験できます。したがって仕事で英語を日常的に使わない人、ほとんど英語を勉強していない人も大勢IPテストを受けていると思われます。

したがってIPテストのほうが社会人のリアルな英語力を反映していると考えられます。

 

IPテストでは業種、役職、入社歴などの様々なカテゴリ別で平均スコアが算出されています。

それによると、新入社員の平均スコアは501点、入社11年目以上の世代の平均スコアは464点となっています。

アラフォー世代の英語力は新入社員に劣るという事実

新入社員の平均スコア:501点
入社6~10年目の平均スコア:486点
入社11年目以上の平均スコア:464点

30代以上で中堅社員の立場にある人達の平均スコアは500点を切っています。

ちなみにIPテストの大学4年生の平均スコアは513点です。ビジネスの経験や能力で負けることは決してないですが、TOEICスコアではこれから会社に入ってくる若者たちに負けているという厳しい現実があります。

また、出世にも差が出てくる時期において海外赴任などのチャンスをつかむためにもTOEICスコアを着実に上げる努力をすることは重要です。

若い世代に先を越されないためにもTOEIC600点、もしくは730点以上を目指すべきでしょう。

転職・昇進に必要なスコアの目安がTOEIC600点

「上場企業における英語活用実態調査 2013年」報告書によると、国内の上場企業が全社員に期待する平均スコアは600点、さらに国際部門の社員に期待する平均スコアは750点となっています。

TOEICの点数さえ良ければ英語が使えると企業が信じているわけではありませんが、英語を使って業務ができる最低限の水準がTOEIC600点レベルだと考えています。

600点未満では英文法、語彙、英文読解などの基礎があやふやな状態です。

また、英語を語順の通りに聞き取って意味を理解するのもおぼつきません。英語がまともに読めない、書けない。リスニングも苦手なのでスムーズな会話も成り立ちません。

この状態をギリギリ脱出できていると言える水準がTOEIC600点です。

したがって、履歴書の資格欄に書く際には最低TOEIC600点が必要です。さらに海外部門で昇給などチャンスをつかもうとすれば700点以上を目指すべきです。

TOEIC600点レベルを目指す勉強法

TOEIC600点を突破するための勉強法について解説します。

そもそも600点未満の人は英文法、英文読解、リスニングの基礎ができていません。したがって、基本的な勉強法は「TOEIC500点レベルを目指すときの勉強法」とほぼ同じです。

まず中学・高校の文法を優先的かつ短期間でおさらいし、英文読解・リスニングの対策をしましょう。

中学高校の英文法をやり直す

高校まで習う英文法を一通り理解していないとTOEICの問題は解けません。

学生時代の苦い経験から親の仇のように文法を嫌う人もいますが、600点突破を目指すなら文法という「土台」をしっかり築くことは絶対必要です。

とはいえ、いきなり分厚い参考書を読むことはオススメしません。

ダラダラ時間を費やすのではなく速攻で土台を築いて、読解・リスニングで文法を実践する練習にシフトしたほうがよいです。

「おすすめ参考書」

TOEICの文法は新しいことを覚える必要はありません。

中学・高校で習ったことを思い出すだけで十分です。受験勉強で英語をしっかりやった人であれば2週間を目安に参考書全体を読んで理解に抜け漏れがないかチェックしましょう。

文法に自信がない人は、この期間でじっくり復習しましょう。

 

中学英語の基礎があやふやな人は、復習にもう少し時間がかかります。中学レベルの文法をわかりやすく解説した薄めの参考書で勉強しなおしましょう。

「おすすめ参考書」

 

ページをどんどんめくって、分かるところ、分からないところをまず自分自身で区別できるようになりましょう。どの部分を重点的に学習すべきかを意識してメリハリをつけて学習しないと、ダラダラ時間だけが過ぎてTOEICの問題演習がいつまでたってもできません。

教材に載っている例文をすべて理解する

文法教材には、短い例文がたくさん載っているので、まずはそれらの例文の意味を正確に理解できるようにします。

理解するときのポイントは、

  • 文章の主語、述語を見分けることができる
  • 文章の構造がわかる(品詞に分解できる、文型が分かる)
  • 文章に出てくる単語の意味が分かる
この3つです。

分からない部分、理解があいまいな部分を見つけたら、付箋を貼ったり、マーカーで印をしけたりして後で復習できるように準備しておきます。

文法をおろそかにすると、必ず途中で読解のスピードやリスニング能力が伸び悩むことになります。英語学習にブランクがある人はTOEICの問題を解き始める前に文法を復習することをオススメします。

それから、例文に出てくる単語の意味もすべて覚えておきましょう。

英文読解は精読で正確に理解するところから

英文読解やリスニングには音読、シャドーイング、ディクテーションなど様々な勉強法がありますが、基本原則は「同じ教材で何度もくりかえし学ぶ」こと、つまり反復学習です。

TOEICは時間との勝負の試験なので、速読が大事だと思っている人も多いですが、最初は精読で英文を正確に読めるようになることを優先的にしたほうがいいです。

このとき、英文和訳のときのように英語を日本語の順番に並べ直してから意味を理解するクセがついている人は早いうちに解消することを目指しましょう。英語を順番通りに読み、文法構造にしたがって細かいカタマリ(チャンクと言う)の単位で意味をつかんでいくことを意識しましょう。

カタマリをつなぎ合わせて文章全体の意味をイメージできるようにすることが英文を読めるようになるためには必要不可欠です。英文和訳のようにこなれた日本語を頭の中で作ってから意味を理解する必要はありません。

英文法の勉強のときのように、英文を品詞分解し、精読して下さい。そして精読を終えた英文に関してリスニング音源を10回くらい繰り返し聞いてください。通勤中にリスニング音源を聞いて重要語句や例文をすべて覚えるくらいの気持ちで取り組んでみましょう。

 

「おすすめ参考書」

 

英文読解に初めてチャレンジしようとしている人には、大学入試用の参考書を使って、読解のための英文法を習得することをオススメします。大人向けの英語教材には文章読解のテクニックを丁寧に解説してくれる教材が少ないです。

リスニングは英語の語順で意味を理解できることを目指す

リスニングも英文読解の時と同じように、英語の語順に合わせてカタマリごとに意味をつかめるようにするトレーニングが必要です。TOEICは一般的にリスニングのほうが語彙や表現がシンプルなので、600点突破を目指すときは読解(リーディング)の問題よりもリスニングのスコアを優先的に伸ばしていきましょう。

リスニングは英語を聞き流しているだけでは絶対にレベルアップしません。意味や文法を理解している英語の音源を何回も聞き込むことで、リスニング能力は向上します。

英語のリスニング学習は端的に言うと、

・音で意味が分かる単語、表現のストックを増やすこと
・聞き取れる音のスピードを上げたり、話者によるクセも聞き分けるようになること

この2つを突き詰めていく作業です。このレベルの差がTOEIC600点、800点、900点というスコアに表れてきます。

TOEICに必要な語彙力向上を目指す

英単語に自信のない人は、TOEIC頻出単語の語彙力を増やすための勉強もしてください。

TOEICは出題される単語がある程度限定されている試験なので、効率的にスコアアップを目指す人は、TOEICに特化した教材で英単語を覚えましょう。

コンパクトで持ち運びに便利、人気参考書の「特急シリーズ」の超人気教材がこの金のフレーズです。

反復学習がしやすく、単語を何度も見て覚えることで記憶に定着させやすいレイアウトになっています。

Toshi

私も2年ぶりにTOEICを受験したときは「金のフレーズ」で英単語の暗記をやり直しました。

TOEICテスト直前でもスコアアップできる技術

TOEICには短期間でスコアを上げやすいパートがあるので、各パートで優先順位を決めて対策することで点数の底上げがしやすくなります。

このようなTOEICのための試験テクニックを満載した教材が、ロバート・ヒルキ氏の「TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術」です。

CD-ROM付 TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術

CD-ROM付 TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術

ロバート・ヒルキ, 相澤 俊幸, ヒロ 前田
2,376円(12/16 09:14時点)
発売日: 2018/02/01
Amazonの情報を掲載しています
  • リスニングパートで明らかに違う選択肢の見分け方
  • リスニンのPart3,4でよくあるシチュエーション
  • Part5でカッコの前後だけを読んで正解を判断する方法
  • リーディングのPart7で出る文書のパターン

など試験本番で使えるテクニック・知識がたくさん紹介されています。TOEICも試験である以上、使えるテクニックはとことん使って1点でも良い結果を残す気持ちは大切です。

とは言え、

ほとんどの社会人の目標はTOEICスコアの先にある「実践的な英語」を身につけることだと思います。

 

TOEICのためのテクニックを吸収しつつ、「反復学習」を重視した勉強法で無理に手を広げすぎずに1冊の問題集をやり込んでください。

600点突破を目指すうちはひとつひとつの問題を丁寧に解くほうが基礎の定着につながります。

TOEIC600点レベル到達に必要な勉強時間は?

上の図は、TOEICの目標スコア達成に必要な学習時間を表しており、TOEIC600点レベルに達するには何百時間も必要だと言われています。

・現在のスコア 350点の場合 → 700時間
・現在のスコア 450点の場合 → 450時間
・現在のスコア 550点の場合 → 225時間

もちろん、必要な勉強時間はその人のレベルや学習法、やる気・集中力によって変わるので一概にこうだと言うことはできません。

また、学生時代にどれだけ英語の勉強に取り組んでいたかで所要時間は変わります。

記述式の英語試験がある国立・私立大学の受験合格者であれば、文法知識を思い出すだけで勘を取り戻ることができます。

Toshi

私が学生時代にTOEICを初受験したときは600点でしたが、受験のために1800時間は英語を勉強した気がします。

個人差はあるにせよ、仕事で使えるリスニング、リーディング力を身につけることを意識してTOEIC対策を行うのであれば勉強時間の蓄積は絶対に必要です。

でも学生時代と違って、社会人には1日のうちで3時間、5時間とまとまった時間を勉強のために確保することはできません。だから勉強時間を積み上げるには、5~15分くらいのスキマ時間や電車での移動時間などを上手く活用することが大切です。

いつでもどこでも勉強するという気持ちが必要です。

出勤前、移動中、スキマ時間など1日のどの時間帯を勉強に当てるか。計画的に時間を使っていきましょう。

【まとめ】TOEIC600点レベルの勉強法について

日本人の平均レベルを突破して、昇進・転職などキャリアップに活かせる最低ラインがTOEIC600点です。

  • TOEIC600点は履歴書に書ける最低ライン
  • 30代以上の社員はTOEIC600点以上をすぐに達成すべし
  • 600点レベル到達の勉強法はまず英文法の基礎固めから
  • 良質な問題集でTOEICの問題に慣れる
  • 英文読解とリスニングは英語の語順の通りに意味を理解できることを目指す
  • 付録の音源を何度も聞き、問題の英文を音読する
  • 忙しい社会人はスキマ時間も有効活用すべし

 

忙しい社会人にとって、ダラダラと勉強することは時間のムダです。

あいまいな目標のまま、何となく続けているだけでは明確な成果が出ないので「あいつTOEICの目標まだ達成できてないのか」と、周囲の評価にも影響してきます。

文法や語彙力など基礎学習であっても、短期集中で期間を設定してその間で最大限の成果を出すという意識で臨みましょう。

多少のお金をかけてでも良質な教材や学習法を取り入れることは賢い選択だと言えます。

スキマ時間の活用であれば「スタディサプリのTOEIC対策コース」のスマホアプリが最適です。1日あたり83円から利用でき、最初の1週間は無料体験ができます。スマホならポケットや鞄に入れてどこでも持ち運べるので、ちょっと時間ができた時にすぐに英語の勉強ができて便利です。

TOEIC対策で必要な文法、単語、リスニング、リーディングなどの対策がこれ一本で完結できるようになっているので、教材選びに迷ったらスタディサプリENGLISHを検討してみるのもありです。