英語音読は意味ある?音読の効果とやり方を高校時代から実践している私が解説

学習者

英語を勉強しているけど、今いち成長が感じられない…英語ができるようになった人は音読をしたらいいって言ってたけど。でもどうして音読に効果があるんだろう?

むかしから「英語は音読すると良い」と言われていますね。

私は高校生の頃から音読を実践して英語を得意科目にできたし、大人になってからの英語学習でも継続しています。

でも実際に自分の英語学習に音読を取り入れている人は少ないですよね。

その理由は
・声に出して読むのが恥ずかしい
・どうやって音読して良いか分からない
・なんで効果があるのか意味不明

などがあるのではないでしょうか?

ただ音読しろって言われても自分にとっての必要性やメリットが理解できないと実践する気持ちにはなれないものです。

結論だけ言うと「英語をマスターしたいなら音読は死んでもやるべき」です。筆者自身、音読など声を出す学習を取り入れることで次のような効果を実感しています。

・音読で速読力、リスニング力が向上
・音読で英語らしい発音、アクセントの習得
・瞬間英作文で英語を口に出すスピードが向上

*瞬間英作文とは簡単な日本語を、瞬時に脳内で英文に変換するトレーニングです。英会話に必要な基礎文法や表現をすぐに使えるレベルまで高める効果があります。

このように音読にはちゃんと意味があります。

東進ハイスクールの有名講師である安河内哲也さんも音読をみずから実践して英語を話せるようになった1人です。

本記事では効果絶大な音読を取り入れるメリット、効果的なやり方について解説します。

忙しい社会人におすすめ!
スタディサプリENGLISHなら、1日3分からスキマ時間でTOEIC対策ができます。3ヶ月で200点UPの成果が続々!まずは7日間無料で試してみましょう。

【935点GET】スタディサプリTOEICを12ヶ月使った口コミ・体験談

英語の音読をする効果とメリットは?

学校の先生からも口をすっぱくして言われた「英語の音読」。

音読学習を効果的にするために、どんな効果やメリットがあるのか説明していきます。

自分の苦手や課題を解消するのに音読が向いているかどうかを理解しましょう!

Toshi

「音読」で英語の速読力が向上する

音読を継続することで、声に出さずに黙読するときのスピード(速読力)が向上します。

その理由は英語を英語の語順の通りに読んで理解できるようになるからです。

英語と日本語は動詞や名詞の位置など語順が違うため、いちいち日本語に訳しながら読んでいると文章を行ったり来たりすることになり、ムダな時間がかかってしまいます。

これを「返り読み」と言いますが、英語を読むのが遅い人はたいてい返り読みをしてしまっています。

英語を語順の通りに解釈する読み方を身につけるためには「音読」が効果的です。声に出しながら読むことで「前に戻ること」ができなくなるからです。

たとえば This is true not only of national cultures but also of organizational cultures. という英文の意味を理解するとき「これは国の文化だけでなく組織の文化にも当てはまる」みたいに自然な日本語で解釈すると「返り読み」になってしまいます。そうではなくて「これは当てはまる、国の文化だけでなく、組織の文化にも」という順番で意味を理解できる思考回路を作ることで、英文を読むスピードは格段に上がります。

そのために音読で語順通りに英文を読む練習が必要不可欠なのです。

「音読」でリスニング力が向上する

英語を音読することで、リスニング力がアップするという効果もあります。

「音読の効果的なやり方」のところでも解説しますが、音読では教材の音声をしっかり聞き込むという段階があります。

また、英単語の正しい発音を知っておく必要があるので、英単語の発音も覚えることができます。ただ音声を聞くだけだと、注意散漫な聞き流しになってしまうケースも多いのですが「自分でも声に出して読むんだ」という意識づけをすることで注意深く英語の音声を聞くことになります。

このプロセスを踏むことで、英語の音を耳にしっかりなじませる事ができます。

さらに音読をすることで英語の語順通りに意味を理解する思考回路ができるので、実際にリスニングをするときも聞こえてきた順番の通りに意味が取れるようになります。

もし順番通りに意味が取れないと「あれ?今言ってたのはどういう意味だっけ?」と考えているうちに話が先に進み、頭が混乱して途中から何を言ってるのか分からなくなるという事態になってしまいます。

音読を継続することで、英語を聞こえてきた順番通りに理解でき、発音も上達するので必然的にリスニング力も向上するのです。

Toshi

まちがった発音でやっていると悪い癖がつくので、その点は注意が必要です。

「音読」で英語の語彙力も向上する

英語習得に語彙力の強化は絶対に必要ですが、音読によって語彙力の向上も期待できます。

英単語を覚えるときは目でアルファベットの綴りと日本語の意味をセットで覚えることになりますが、声に出して読むことで耳からも脳に刺激がいくので記憶を補強することができます。

口の動きや音など「視覚、聴覚、運動、声」など五感をフル活用、さらに同じ情報のインプット、アウトプットをくり返すことで「長期記憶」という忘れにくい記憶を作ることができます。

つまり、音読練習を通じて何度も単語に出会うことで「使える語彙力」を向上させることが可能なのです。

英語の音読が効果的なのはどうして?

音声の効果として「速読力」「リスニング力」「語彙力」の向上を説明してきました。そのような効果が期待できるのはどうしてなのでしょうか?

*興味がない人は読み飛ばして「音読のやり方」から記事を読み進めてください。

音読で英語の文字⇒音声へおき換える能力が伸びるから

私たちが日本語の文章を読むとき、脳内では文字の朗読が行われています。

上記の文章を黙読するとき「わたしたちがにほんごのぶんしょうをよむとき、のうないでは…」という具合に、文字を音声と結びつけながら読み進めて意味を理解しているのです。

これは英語でも同様です。

I have an apple. という文を読むときには「アィハヴァナッポゥ」みたいにして英語の音を頭の中で再生し、「私はリンゴを持ってます」という意味を解釈するのです。

私たちは日本語であれば自動的に音声化できますが、英語の場合は意識的にトレーニングしないと頭の中で文字⇒音声に置き換える能力を身につけることができません。これを無意識にできるようになれば、英語をそのままの順番で読んで意味を理解することに集中でき、読むスピードが向上するのです。

音読はそのための格好のトレーニング方法です。

音読することで英文の理解度チェックができるから

黙読をしている場合は文法にあやしいところがあっても「なんとなく分かった気になる」こともあるのですが、音読ではきちんと理解してない文はうまく体になじんでこないのでスムーズに読むことができなくなります。

つまり音読をすると「なんとなく分かったつもり」の英文にぶつかると上手く読めないということが起こります。

高校時代から音読を実践している私なんかの場合、うまく音読できない部分に知らない単語や熟語があったということをたくさん経験してきました。

このように音読を取り入れるとことで、自分が「理解してない部分」がよく分かるので弱点を効率的につぶすことが可能になり、反復学習を効果的に進めることができます。

これも音読が効果的な理由の1つです。

Toshi

正直言うと音読じゃなくてもいいのでは?という気がしますが、個人の実感としては英文の理解度を深めるには音読を活用するのが一番効果的だと実感しています。

TOEIC935点の私がおすすめする音読のやり方

ここからは英語を習得した人がかならず実践していた音読の効果的なやり方について順番に解説していきます。

音読のやり方が分からない人は要チェックです。

注意点としては
・自分のレベルに合ったものを選ぶ
・最低10回はくりかえし音読する
・変な発音が身につかないよう気をつける
これくらいですね。あまり難しすぎるものを選ぶと挫折します。

これらの注意事項を守っていれば、教材はTOEIC問題集や英語のニュース記事、音読用の教材など目的や好みに応じて選んでいただいてOKです。

基本的なやり方はどれでも同じです。

今回は音読・多読の人気教材である「ラダーシリーズ」の”The Barack Obama Story”から一部を引用して解説しますね。

「音読サンプル教材」
Obama and Clinton ran a tight race for the Democratic Party’s nomination for president. But on June 2008, Obama won the Democratic national primary and became the first African-American to win the presidential nomination for a major party. After she lost the primary, Hillary Clinton gave her full support.

①精読で英文の構文や意味を理解する

音読をする前に、まず「精読」を行います。

精読とは英文を文法構造・語彙・語法などの観点から正確に意味をとらえて、内容を理解することです。知らない単語を辞書で調べたり、文法構造を理解して文全体の意味を正確に理解していきます。

内容を理解していない文章で音読しても効果は得られないので、最初に精読することは絶対にやりましょう。

上記のサンプル例文は、オバマとヒラリーが民主党の中でアメリカ大統領予備選挙で戦い、オバマが勝ったという事が書いてあります。

精読では、Democratic Party=民主党、primary=予備選挙、nomination=任命など英単語の意味を確認していきます。それから「”Obama won the Democratic national primary and became the first African-American to win the presidential nomination for a major party.”という一文はObamaが主語で動詞はwonとbacameの2つだな」みたいに文の構造もチェックしていきます。

ただし完璧を求めすぎると先へ進めないので、10%くらいよく分からない所が残っていても気にしないようにしましょう。

このように精読が一段落したら、いよいよ音読の練習に入っていきます。

【TOEIC Part7 】リーディング苦手な人へのおすすめ対策「英語の精読」教材4選

②音読を聞いて、発音やアクセントを知る

音読ではなるべく正しい発音やアクセントを真似しながら読むことが、リスニング力向上には効果的です。

なので音声つきの教材は事前にかならずネイティブが読み上げる音声を聞き、自分の音読で目指すべきゴールイメージをつくりましょう。

Toshi

音声は英文を読みながら5回くらい聞くのが目安です。

すべての教材に音声がついているとは限らないので、音読に慣れないうちは必ず音声のCDかデータが付いているものを選ぶようにしましょう。

③音読をくりかえし行う

音声を聞き込んだら、声に出しながら英文を読んでいきます。

モノマネをするような感覚で、あまり細かいミスや訛りは気にせずに読み進めていくことを意識しましょう。

音読は1つの英文につき、10回はくりかえし練習します。

私の場合、反復するときに次のようなステップを踏むことを意識しています。

第1段階:意味が正しく取れているか確認

単語の意味が分かっているか、文を読むときに不自然な分節で区切っていないか、意味的に自然なところで息継ぎができているか等をチェックします。

たとえば”Obama and Clinton ran a tight race for the Democratic Party’s nomination for president. “を Obama and Clinton ran a tight / race for the Democratic Party’s / nomination for / president のように区切って息継ぎをしていたら、うまく文構造を把握できていないと見なすことができます。

そういう時は精読ができていないと判断して、精読をやり直します。

第2段階:読みながら意味がすぐに理解できるか確認

次の段階では、読みながら英文の意味がすぐに頭に入ってくるかどうかを確認します。意味を理解せずにただ読んでいるだけではお経を唱えているのと同じで、音読の効果は薄いです。

たとえば”After she lost the primary, Hillary Clinton gave her full support.”という一文を読んで「ヒラリークリントンが敗退した / 予備選挙で / 後 / ヒラリーは与えた / 彼女の最大限の支援を/ 」という風に意味を取っていけるかを確認します。

このように「英語の語順の通りに意味がつかめるようになっているか」を意識しながら音読します。

第3段階:発音やアクセントも意識して音読

第3段階ではナレーターが読む英語を完璧にモノマネするつもりで、発音やアクセントも正確に再現することを目指して音読します。

英語らしい発音やアクセント、または音声変化もしっかり自分の口で再現できるようになるまで音読の反復練習を行います。

Toshi

スマートフォンやICレコーダーで自分の声を録音してみると、改善点がたくさん見つかりますよ。自分の声を聞くのは相当はずかしいですが…

また、この段階では音声を聞きながら音読するトレーニングも取り入れるとさらに効果的です。

音声を聞きながら音読する具体的な方法としては、リピーティング、シャドーイング、オーバーラッピングなどがあります。さらに上のレベルを目指したい人は、ぜひ取り入れてみましょう。

おすすめの英語音読教材

音読学習におすすめの教材を紹介します。

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング

15行から20行程度の文章を使って音読する教材です。

自己流で音読すると途中で飽きたり、変なクセがついたりするリスクがありますが、この教材では学習の進め方がしっかり指定されています。

「音読パッケージのメソッド」
・先行リスニング
・聴き解き
・音読
・リピーティング
・シャドーイング
・テキストなしシャドーイング

 

基本的にそれらに沿って進めていけば、音読を通じて英語力を伸ばせるようにできています。

「音読」で攻略 TOEIC Listening and Reading テスト でる文80

こちらはTOEIC用の教材で、TOEICによく出る80の例文で音読を練習できます。

音読を通じて、英文を英語の語順の通りに理解する英文読解力、速読力をきたえることでTOEICのリーディング問題のスコアアップを目指していく教材です。

アプリならスタディサプリENGLISHがおすすめ

音読が実践しやすいアプリとしておすすめなのが、英語学習の新定番とも言えるスタディサプリENGLISHです。

アプリなので、ネイティブの朗読する音声の再生や自分の声の録音などがボタン1つで簡単にできるの嬉しい点です。

音読の実践と振り返りが気軽にできるほか、1日3分からでも勉強できるように教材が細かく分かれて作られているので、忙しい人もスキマ時間を見つけて音読ができます。

TOEIC対策に特化したスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースにも音読やシャドーイング機能が搭載されており、音読をTOEICスコアアップにもつなげたい人にもオススメです。

まだの人は英語音読を絶対に取り入れましょう!

英語を音読する効果や、効果的なやり方、おすすめの教材について解説してきました。

まとめると音読の効果・メリットとしては、
・英語の速読力が向上
・リスニング力が向上
・語彙力や記憶の強化
などが挙げられます。

また音読をしてみると自分が理解していない文章はうまく読めないということに気づくので、弱点を効率的につぶせるメリットがあるのも音読が効果的な理由の1つです。

「音読じゃないとこれらの効果を得られないの?」と言われると断言しにくいのですが…少なくとも音読をすることで上記の学習効果を得られることは確かです。

ただし音読は万能ではないことも理解しておく必要はあります。

音読をすると音に意識が集中するので、英文読解の練習は精読でじっくりやる必要があります。英文の意味や構造を把握した上で音読を取り入れて読むスピードがやリスニング力の向上を狙うのが正しい考え方です。

また、音読をすると疲れます(笑)。

なので、あまりたくさんの英文を読むことができません。大量の英文を読む時には黙読のほうが向いています。一度に読める英文の量を増やしていくには黙読、多読で自分のキャパを広げていく練習が必要になります。

Toshi

以上の点を意識して、皆さんもぜひ音読を英語学習に取りいれてみてください!