「中学英語が話せない!」瞬間英作文トレーニングをすれば英語が「使えるレベル」になります。

「中学レベルの英語が口から出てこない…」

「単語やフレーズは知っているけど英会話で使えない…」

 

オンライン英会話のレッスンを受けたり、外国人と話す機会があったときに、

「頭では分かっているのに口から英語が出てこない」「うまく発音できない」

みたいな壁にぶつかったことのある人はたくさんいると思います。

私も同じような問題に直面したことがありましたが「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」という教材で、瞬間的に頭の中で英文を組み立てる練習をすることで克服できました。

英語はインプットとアウトプットのバランスが大切です。

知識のインプットがないと何も伝える内容が無いので、インプットはとても大事ですが「知っている」から「使える」段階へレベルアップするためにはアウトプットの練習も不可欠です。

そして、英会話レッスンなどをしなくてもアウトプットの練習は可能です。

その1つの手段が、本記事で紹介する「瞬間英作文」です。

おすすめの学習法なので、英会話が苦手な人はぜひトライしてみてくださいね!

瞬間英作文で英語の瞬発力をきたえ、基本文型が使えるようになる

瞬間英作文は多くの英語学習記事でも紹介される学習法ですが、継続することで本当に効果があります。

TOEIC600〜800点台をさまよっていた頃、英語の構文は理解できるけど、英語を口に出すまでにえらく時間がかかるなぁと感じていました。

これはTOEIC対策ばかりをしているとありがちな状況ですが、瞬間英作文は同じ悩みを抱える人に本当に効果的です。

 

中学校で習う英語の文法や単語を知っているレベルなら誰でも効果を発揮してスピーキング力を伸ばせます。

 

私が実際に使った教材は「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」でした。

瞬間英作文は青色の本も有名ですが、

こちらの緑色の本のほうが中学レベル+αの難易度までトレーニングできるので、私はこちらが気に入っています。

本を開くと左側に日本語の文章、右側に英語の文章が並んでいます。

「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」では次のようなトレーニングができます。

「文型シャッフル英作文」
⇒次々に異なる文型で英作文のトレーニング

「文型コンビネーショントレーニング」
⇒1つの文に複数の文型を使う英作文のトレーニング

出てくる文法は、すべて中学レベルのものですが、様々な文型の例文がランダムに並んでいるので実際の英会話の場面で必要な「英作文の思考回路」の瞬発力を鍛えることができるようになっています。

最近英語を話せていないなぁ…という上級者の方にも役立つ教材です。

Toshi

瞬間英作文の正しいトレーニング方法

かつて借りパクされかけた瞬間英作文の本

瞬間英作文のトレーニング方法は以下の通りです。

  • 左ページの日本文を見て英作文する
    瞬間英作文は口頭ですばやく行います。いちいち考えこまずにスピード感を重視します。
  • 右ページの英文を見て答え合わせをする
    答えの英文を見て自分の作った英文と比べます。スピード感を意識すると、上級者でも単純なミスをしがちです。分からない問題はすぐに答えを見てしまいましょう。「なるほど」という納得感を得られればOKです。
  • 英文を口になじませる
    英文を見ながら、自分の口を動かして音読を繰り返します。目安は10回です。英文の構造や意味をただしく把握しながら行うことが大切です。文法が理解できない人は音読する前に英文そのものをしっかり読みこみましょう。

学習の流れはシンプルそのもの。上記のサイクルをひたらす回します。

付属のCD音源で日本語、英語の順番で文章が読まれていきます。

日本語のほうを聞いたら、英文が読まれる前に自分の頭の中で英語を作文して声に出して言います。

例文で使う英文法は中学英語レベルで日本語にするとバカげたくらい簡単な文章です。

たとえば、
・太郎は本を借りるために図書館へ行った
・私は彼の父が書いた小説が好きだ
・彼女はその電車に乗るために走りましたか?

この程度の短い例文です。

しかしこれまで受験英語などインプット偏重で、英語を話すアウトプットの練習をしてこなかった人の場合、最初はかなり苦労します。

文法も単語も理解できているのにも関わらず、です。

その理由は「思ったこと」→「英文」にそのまま変換する英語の思考回路は脳内に定着していないからですね。

インプット重視の勉強では、頭の中で次のように情報を処理してしまいがちです。

たとえば「花」というメッセージを伝えるとき、
バラなど「花」のイメージ
→ 日本語の「花」という単語
→ 英語の”flower”
という順番で、日本語から英語に言い換える処理をしてしまいます。

これでは瞬間的に英語を声に出して言うことができません!

そうではなくて「花のイメージ」からダイレクトに英語の”flower”につながるようにしなければ英会話はいつまでたっても上達しません。

日本語を介さずに「言いたいこと」をすぐに「英文」に出力できる思考回路を養成することで、英会話のスピードを鍛えることができるのが瞬間英作文の真骨頂です。

さらに何度も声に出して言うことで英語のフレーズがデータベース化していきます。データベースに入れば「これを言いたい時のこの英語!」みたいにすぐに文章を引き出すことができるようになります。

データ量が多いほど英会話はスムーズになり、英語が話せる人へと近づけるのです。

Toshi

これまでインプット重視で英語力が伸び悩んでいる人は、ぜひ一度は愚直に瞬間英作文に取組むことをオススメします。

TOEICや英会話に伸び悩んでいる人は瞬間英作文をやろう!

私自身も体験したことですが、瞬間英作文に一定期間取組むことでTOEICテストのリスニングが聞き取りやすくなりました。

TOEICのリスニングの場合、Part1,Part2で短い英文を大量にたたみかけてきます。

これを集中して聞こえてきた英語を丸ごと脳内に入れて意味を理解しなければTOEICのスピード感についていけないのですが、その時に大切な「ひとまとまりの英文をまるっとそのまま理解する」プロセスが瞬間英作文によって楽にできるようになった実感がありました。

これはPart3,4の比較的長い英語のリスニングにも役立ちます。

TOEICリスニング対策は先に問題の選択肢を読むなど、細かいテクニックもたくさんありますが、肝心なのは聞こえてくる英文の意味やイメージを瞬間的に頭の中に留めておくことです。

そのイメージをもとに、正しい解答を淡々と選んでいく作業がTOEICリスニングです。

TOEICスコアが600点台で伸び悩んでいる人は英文法の理解はほぼできているので、スコアの内訳を見るとリーディングのほうが高くてリスニングで上手く点が取れていない傾向にあります。

瞬間英作文には脳内で瞬間的に処理できる英文の量を増す効果があるので、TOEICで読まれる英文のボリュームを受け止めきれずに理解不能におちいるリスクを抑えることができます。

リスニング力を鍛える意味でも、瞬間英作文をやる価値がありますよ。

Toshi

瞬間英作文も音読の1つなので、英語音読で得られる効果が期待できます。
英語音読は意味ある?音読の効果とやり方を15年実践している私が解説

瞬間英作文は単調!短期集中で取り組むべし!

ここまで説明した通り、瞬間英作文は単調で地味なトレーニングなので継続には強い意志が求められます。

それでもTOEIC600点の平均点エリアから抜け出したい人にとってはオススメなので、期間を決めて短期集中で臨むとよいでしょう。

 

「すらすら話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」は全部で1000個の例文が載っており、1ページあたり10個の英文があります。

たとえば1日30~40個の例文で練習するという目標にすれば、30日間程度で1冊終わらせることができます。

 

瞬間英作文は音声さえ聴ける環境にあれば、どこにいても実践できるという長所があります。

電車で通勤中も音源を聞きながら、声なしでトレーニングすることだって可能。自動車通勤の人は、カーオーディオで音を流して、運転しながらでも実践できます。

 

瞬間英作文を取り入れて、インプットとアウトプットのバランスが取れた英語学習に取り組みましょう!

 

Toshi

瞬間英作文で英語を口に出すスピードが速くなってきた手応えを感じるようになったら、オンライン英会話などで実際に英語を使ってみましょう!

【オススメ】業界No.1のオンライン英会話「レアジョブ英会話」


アウトプット練習が一人で実践できる英語アプリ

瞬間英作文のほかに、アウトプット練習が手軽にできるのは、スタディサプリENGLISHの日常英会話コースです。

アプリの中に、発音チェックや登場人物になりきるスピーキングの練習、瞬間英作文と似た「クイックレスポンス」などインプットとアウトプットがバランスよくできる設計になっています。

有名ゲームを手掛けるジンテーゼ社の手掛けたストーリーを楽しみながらディクテーション、発音チェック、瞬間英作文など効果的な勉強法が実践できるほか、1回3~5分でできるボリューム感なのでスキマ時間を活用して継続しやすいのも大きなメリットです。

教材の詳しい内容が気になる人は、以下のレビュー記事もお読みください。

スタディサプリENGLISHの正直な口コミ・評判【日常英会話コース 4ヶ月レビュー】

7日間までなら無料で使えるほか、30日間の無料体験ができるキャンペーンコードTRY2016が配布されています。

気に入らなければ解約すればよいので、気になる人はどんどん試してみましょう!