スタディサプリTOEICパーソナルコーチの口コミ・効果は?『3ヶ月で150点UPは可能か?』受講者体験談を紹介

スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプラン(オンライン完結型のTOEIC対策コーチングサービス)が評判です。

1人だと挫折しがちなTOEIC学習も、専属コーチがサポート!!

「3ヶ月でTOEIC200点UP達成」
「受講者のTOEIC平均100点UP」
「良質な問題と神授業動画で本質から分かる」

などなど、良質なTOEICアプリとの相性も良く、高い成果を出しています。

本記事では、実際にパーソナルコーチプランを使って勉強中のユーザーにインタビューをし、実際の口コミ・感想を紹介中です。

スタディサプリTOEICのコーチングに申込む前のスコアは650点、3ヶ月で800点突破を目標にしているYuki君。

サボらずにちゃんと続けているのでしょうか?

体験者だからこそ伝えられる、リアルな口コミ・体験談を紹介していきます!

今回の体験談は、当サイト管理者の友人であるYuki君からヒアリングをしています。

Yuki

よろしくお願いします。
コーチング型のTOEIC対策サービスを使おうと思った理由は何ですか?

Toshi

Yuki

現在TOEICスコアは650点なのですが、今後の転職や昇進に活かすために800点以上のスコアが欲しかったんです。どうせやるなら、短期集中で行こうと思って。
体験者 Yuki(30代前半、男性)
職業 会社員(土日休み)
申込プラン スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース
パーソナルコーチプラン
利用期間 3ヶ月(2018年9月~12月)
支払金額 62,640円(税込)

今後もYuki君のパーソナルコーチプラン体験談を追加していく予定です!

目次

申し込みのきっかけはモチベーション維持と格安料金

パーソナルコーチプランのことは、私のほうからYuki君におすすめしました。

時間を上手く使って効果的にTOEICの点数を上げたいと言っていたので、「お金はかかるけど、TOEIC対策のコーチングを受けたらどう?」ということで始めることになりました。

体験者の口コミをみて、7日間の無料体験に申込!

Yuki君の場合、申し込みの決め手は、
・短期集中型のプログラム
・専属コーチの指導
・他社より低料金

この3つの要素が大きかったそうです。

Yuki

他社と比べて低料金なのと、毎日コーチに学習報告をし、相談もできるのがモチベーション維持に最適だと思いました。あと、面倒な通学がないのも個人的には良い点でした。

公式サイトにもTOEIC800点を突破した人の体験談があり、だったら自分も!となりました。

他社と比べて格安な料金も決め手に

スタディサプリENGLISHはオンライン完結型であるため、他社のコーチング型TOEICスクールと比べても、かなりの低料金で利用できます。

スタディサプリENGLISH RIZAP ENGLISH PROGRIT
料金 58,000円 328,000円 328,000円
入会金 0円 50,000円 50,000円
受講期間 3ヶ月 2ヶ月 2ヶ月

Yuki君の支払った料金はキャンペーン適用価格で58,000円(税込62,640円)。

他のコーチング型の英会話、TOEICスクールと比べると、やはり圧倒的な格安料金です。

通学、対面型のTOEICコーチングであっても自分でどれだけ学習時間を確保するかで成否が決まります。直接顔を合わせるコーチングのほうが、モチベーション維持もしやすいでしょう。

しかし、自律的に勉強を進めていける自信のある人ならば、スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランでも十分だと言えるでしょう。

スタディサプリTOEICのパーソナルコーチ 10日間の感想

申し込み当日に担当コーチがアサインされる

会員登録後、2~3時間で担当コーチが決まったというメールを受信しました。しばらくすると、担当コーチのほうからチャットで挨拶が送られてきます。

かんたんに挨拶をしたら、1回目の面談の予定を調整します。

最初の面談は無料期間中に必ず体験できるようにスケジュールが組まれます。

3ヶ月プログラムの計画表をチャットで受け取る

最初の挨拶のときに、コーチから3ヶ月間の計画表を受け取ります。

私が受け取ったのは、TOEIC600~725点レベルの人向けの3ヶ月間の学習プランでした。どうやら、受講者のレベルに合わせて何パターンか用意されているようです。

とりあえずその日からアプリを使って勉強を開始、コーチへの報告も忘れずにやるようにしました。

教材の充実ぶりはスタディサプリTOEIC対策の大きな強み

最初の面談の日まではお試し期間という感覚で、アプリに収録されている教材を色々使ってみました。

  • TOEIC・受験英語のプロ、関正生さんによる神授業
  • リスニング向上に役立つディクテーションとシャドーイング機能
  • 読解スピード向上に役立つ「スピード音読」機能
  • TOEIC頻出1500単語を覚えるTEPPAN英単語
  • TOEIC頻出の文法事項を本質的に理解できる動画授業
  • 間違えた問題を集中的に反復学習できる復習機能
  • 公式問題集と同じスタッフが制作した実戦問題集

教材の解説の充実ぶりに感動、大きなメリットを感じました。

アプリを操作しながら、ごく自然にディクテーションやシャドーイングなどの効果的な方法で勉強できるのが嬉しいですね。今までは紙の参考書だけで勉強していたのですが、疲れたら適当に済ませたりすることがありました。

アプリだと目の前の画面に集中すればいいので、ストレスが少ないかもしれないと感じました。

コーチの存在を意識することで勉強のやる気UP

毎日報告をしなければ…と思うと、自然とやる気が出てきますね。

通勤中にTOEICのPart5の文法問題を解いたり、リスニング問題のディクテーションをしたり、職場でも昼休みにアプリを立ち上げたりしています。

それから、アプリと同じ演習問題を掲載した紙のテキストも送られてくるので、家にいる時は紙のテキストで長文問題の勉強をするなど、時間と場所で勉強の中身を上手く切り替えていました。

そうすることで1日に90分~2時間は勉強時間が取れるように意識しています。

1回目の電話面接でTOEIC800点のための作戦を教えてもらう

コーチの印象はどうでしたか?

Toshi

Yuki

コーチと言っても、厳しい印象は少なくて何でも聞ける先輩という感じでした。コーチ自身のTOEIC失敗談なども交えて話を聞けたので、親近感は芽生えました。電話面接では、TOEIC800点を超えるための作戦について詳しく教えてもらうことができました。

 

約60分の面談で、次のような800点突破に向けた対策のポイントを教えてもらうことができました。
・800点に必要な正解数
・Part3,4は8秒以内の設問先読みが必須
・Part7は最初は時間を気にせず英文解釈を丁寧に
・800点を取るためのリーディング(Part5,6,7)の時間配分

以上のことから、最初の1ヶ月はアプリの「パーフェクト講義」という各Partの問題の傾向やパターンを解説したところからスタートすることになりました。

Yuki

リスニングはPart3とPart4、リーディングはPart7から取り掛かることになりました。同時に、TEPPAN英単語でTOEIC頻出単語も覚えていきます。
私の場合、英文法の基礎はできていたので「パーフェクト講義-英文法編」には手をつけないことになりました。

10日間で感じたTOEICパーソナルコーチのメリット

教材の質とコーチングは大きなメリット

スタディサプリENGLISHのアプリとコーチングには、以下のメリットがあります。

  • スキマ時間も活用、学習時間が確保しやすい
  • 勉強の計画や時間配分を提案してもらえる
  • 英語力が伸びる効果的な勉強方法が身につく
  • コーチの存在感を意識すると、やる気が出る
  • いつでも気軽に英語学習のプロに質問できる

自分一人で勉強していると、仕事などを言い訳にしてTOEICを後回しにしたくなるものですが、毎日学習報告をしなければいけないとなると「やるしかない!」という気持ちが高まります。

「やっぱり誰かに見ていてもらわないとモチベーションが続かない」

そういう人にはパーソナルコーチは向いているサービスだと言えますね。

オンライン完結型コーチングに感じるデメリット

魅力だらけで欠点なんて見当たらないスタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランですが、デメリットは無いのでしょうか?

そのあたりの事については、Yuki君は次のような感想を述べてくれました。

教材のボリュームや、解説の充実ぶりには不満はありません。

 

デメリットはスマホの4G回線だとデータ容量をたくさん使うことですかね?容量制限を気にする必要があります。なるべくWifi環境で使ったほうが快適に勉強できますよ。

スタディサプリENGLISH 無料期間中にチェックすべき事

格安のTOEICコーチングサービスとは言え58000円の出費は決して安くありません。スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランが自分に向いてる教材かどうか、しっかり見極めることが大切です。

「無料期間中にチェックすべきポイント」
・教材のレベルが合っているか?
・毎日のタスクを消化できるか?
・コーチとの相性は良いか?

教材のレベルが高すぎるor低すぎることはないか?

パーソナルコーチプランではスタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースの教材を使用しますが、教材のレベルが低すぎても高すぎても効果的な勉強はできません。

たとえば、文法・語彙問題のPart5の解説動画を見て、
・意味がまったく理解できない
・文法用語がさっぱり分からない

このような状態だと、中学レベルの文法の復習からやったほうが長期的に見て効率が良い場合もあります。コーチに相談してみて、おすすめの教材がないか質問してみるのもアリですね。

計画から1日のノルマを設定し、消化できるか?

パーソナルコーチでは、面談を通じてオーダーメイドのカリキュラムを作成してくれます。

しかし、1日のうちの時間の細かい使い方まではアドバイスをもらえません。
今日はPart4の教材を2個、英単語を100個、という具合に1日で消化すべきノルマを自分で立てることができないと途中で挫折する可能性もあります。

コーチとの相性(指名、変更は不可)

コーチはこちらから指名、変更ができないので無料期間中にチェックしておいたほうがいいです。厳しすぎる、甘すぎるなど自分の望むスタンスとコーチの性格が合わない可能性があるし、その状態で3ヶ月もプログラムを続けるのは辛いです。

「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、7日間のお試し期間中にコーチにたくさん質問して、コミュニケーションを取ってみることをおすすめします。

 

現在、Yuki君は7日間の無料体験後もコーチングを継続、3ヶ月プログラムで2018年12月まで利用した後、TOEIC本番で成果をはかる計画です。

Yuki

仕事が忙しいと、サボってしまうかもしれないですが、3ヶ月間頑張ります!私と同じようにスクールは使わずに短期集中でTOEICスコアを上げたい人にはパーソナルコーチはおすすめです!

【45日経過】3ヶ月でTOEIC150点アップが見えてきた!?

30代男性ユーザーに体験談を聞きました

当サイト管理者の友人Yuki君に色々インタビューしていきたいと思います。

Yuki

Yukiです。30代サラリーマンです。TOEICスコアは650点で、今後の転職や昇進に活かすために800点以上を目指してパーソナルコーチプラン(3ヶ月コース)を受講中です。

TOEICコーチング継続中、教材の質にも満足!

Q:スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランはどんな調子ですか?

Yuki:良い感じで勉強が続けれられていると思います。

コーチから提案してもらった学習スケジュールに従って、前半の45日間はTOEICスコアに不可欠なリスニング、リーディングの基礎をしっかり鍛えることを意識してやってきました。

 

1回目の面談時に、私はリスニングならPart3とPart4、リーディングはPart7を重点的に対策するようにアドバイスされました。

その提案にしたがい、スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースの「パーフェクト講義」の教材を中心に勉強し、問題の傾向・出題パターンを理解するようにしていました。

 

Q:パーソナルコーチの印象はどうでしたか?

Yuki:部活の鬼監督とは違い、良きアドバイザーという印象でした。

 

最初の自己紹介でコーチの経歴についても軽く教えてもらえるのですが、コーチ自身も苦労して英語を習得してきた経験がある人でした。

「英語学習の先輩」として、TOEICでの失敗談も教えてもらったり、TOEIC800点突破のための勉強法について詳しく教えてもらうことができました。

 

当たり前ですが、勉強を頑張るのはあくまで自分。コーチはそれを見守り、アドバイスをする存在です。

 

Q:パーフェクト講義以外に使っている教材はありますか?

Yuki:800点突破に必要な語彙力を身につけるために「TEPPAN英単語」も同時並行でやっています。TOEIC頻出の英単語がカバーされてます。

アプリでサクサク操作できるので、くりかえし見て覚えるという学習法が実践しやすくなっており、便利だと思います。

1週間で効果あり!スタディサプリTOEICなら頻出英単語1500個をサクサク暗記できる

 

私は今までは市販の教材を使ってTOEICの勉強をしていました。アプリで勉強するのは初めてでしたが、スタディサプリENGLISHは関正生さんの解説動画も分かりやすくて気に入ってます。

 

Q:毎日どんな勉強をしてるんですか?

Yuki:まずは1日の中で勉強する時間を決めることにしました。

基本は朝夕の通勤の移動中、昼休み、夜は自宅で勉強してます。

「Yuki君の1日の勉強時間の目安」
・通勤時間 30分
・昼休み 15~20分
・夜(自宅) 60分以上

それから、教材はアプリと紙のテキストの両方を使っています。移動中はアプリで立ったままできることだけに絞り込んでいます。

以下のような内訳で、時間を使っています。

「通勤時間」
英単語暗記、リスニング(Part1~4)
「昼休み」
リスニング(Part3,4の問題演習、ディクテーション)
「夜(自宅)」
リーディング(Part7対策)、リスニング(シャドーイング)

Q:スタディサプリENGLISHの教材の感想はどうですか?

Yuki:パーソナルコーチプランでは紙のテキストも無料で利用できるのですが、リーディング(特にPart6,7)の長文問題はアプリよりも紙のほうが勉強しやすいですね。問題は本番と同じように紙で解いて、解説動画をアプリで見るなど工夫しています。

 

スタディサプリENGLISHのアプリはよくできているけど、リーディング問題はスマホやPCだと全体が見づらいです。

やはり紙に印刷された教材のほうが勉強しやすいですね。解説の文章はアプリで関さんが言っているのと同じになっていて、内容のきめ細かさや分かりやすさは同じでした。正直いって感動しました(笑)

 

逆にリスニング問題の対策はアプリのほうが効果的にできると感じています。

ディクテーションやシャドーイング機能を使えば、手抜きできないですし。自分で何となくやってると、疲れたときに「ちょっと手抜きしよう..」という気持ちが出てくるものですが、アプリの場合ちゃんとやらないと先へ進めないので。

特にPart3、Part4の「8秒ルール」は気に入ってます。

問題の音声が始まる前に8秒間のタイマーが作動するので、その間に設問の3つの英文を読む練習ができます。きっちり8秒を意識した練習はこのアプリじゃないとできません。

私みたいに800点以上を狙う人は絶対やったほうがいいです、先読みは必須なので。

 

パーソナルコーチは申し込み時の期待に沿うサービス

Q:申し込んだ時の決め手をもう一度教えてください。

Yuki

受講を決意した決め手は
・短期集中型のプログラム
・専属コーチの指導
・他社より低料金

この3つでした。

Yuki:毎日コーチに学習報告をして、質問できるのがモチベーションを維持するのに役立つと思いました。実際、コーチの存在を意識すると「勉強しなきゃ!」という気持ちになれます。チャットで気軽に相談できるのも良いですね。

 

Yuki:TOEIC対策の定番となった教材が既にあって、それに付随してコーチングを受けられるというサービスの特徴が自分の希望に合っていました。英会話のレッスンなどもやりたいのですが、一旦は後回しにしてまずはTOEICをやろうかなと。

 

ピンチ!途中で挫折しかける…その時コーチは?

Q:ぶっちゃけ、勉強が続かなくなった時期ってありましたか?

Yuki:正直言うと、1週間ほど勉強をサボった時がありました。仕事が忙しくて余裕がなくて、モチベーションがかなり落ちて、コーチにもぜんぜん報告をしていませんでした。

Q:コーチからのフォローはありましたか?

Yuki:コーチのほうから「最近調子はどうですか?」と連絡をもらいました。それから一度電話で面談して、計画を練り直しました。

それからはExcelの表を作って、毎日どの教材をやるかを細かく決めて、なんとか持ち直しました。

Toshi

Yuki君の話しを聞くかぎり、パーソナルコーチプランには対面でないがゆえのゆるさ・甘さがあるようですね。低料金であるがゆえに、コーチも多くの受講者を見ているためでしょうか。

毎日どの時間に何をやるか?という具体的な行動に落とし込むのは、個人のモチベーションに依存しているので、自主的にすすめる気持ちが大切です。

全部コーチに任せておけば、TOEICスコアが上がる!というわけではありません。

 

通学してレッスンを受けるなど強制的に勉強する環境じゃなくても、アプリとテキストを中心にある程度自主的に勉強を進めていける人。スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランは、こういう人にとても向いているサービスだと言えます。

45日間で感じたスタディサプリTOEIC パーソナルコーチプランの価値とは?

体験者の正直な感想から分かるメリットとデメリット

ここからは、受講開始から45日経過してYuki君が感じているパーソナルコーチプランのメリットを紹介します。

Yuki

TOEIC対策アプリの教材の解説の分かりやすさにはとても満足しています!

Yuki:答えを間違えたときに自分がどうして間違えたのか?どう考えれば正解を選べるのかを丁寧に説明してくれているので、小手先のテクニックに頼らない本質的な考え方を身につけることができると思います。

また、紙のテキストも無料でついてくるのも嬉しいですね。

リーディング問題はアプリよりも紙の教材で練習したほうが本番と近い形式で対策できます。

Yuki:良質な教材に、コーチングも加わることで自分がやるべきことを優先的に対策できるので、独りでやるよりも効率的だと感じています。教材のボリュームはとても多いので、私の目標やレベルを考慮してどこから重点的にやるべきか教えてもらえると時間を有効に使えて助かります。

あとは自分で工夫すれば勉強時間はけっこう増やせるということも実感しました。

アプリがあれば移動中でもポケットからすぐに取り出して勉強できるし、座ってる時間以外にも有効活用できる部分っていっぱいあるんだなと気づきました。

 

Q:逆に45日使ってみた気づいたデメリットはありますか?

Yuki:デメリットというか、コーチとのやり取りがアプリの中のチャットツールだけなので、その点に不満はあります。勉強中に聞きたいことがあると、やはり5~10分後には答えが欲しいじゃないですか?

リアルタイム性に欠けるというか、何時間か待つことも多いのでもっと自由にコーチとやり取りできたら良いと思います。

Toshi

なるほど。確かに聞きたいときにいつでも話しかけられるのが理想的ですよね。その辺りは、低料金の中でどれだけサービスを充実するかという運営側の方針に関わってくるところですね。

コーチング期間も折り返し!残り45日間の目標は?

パーソナルコーチプランを受講して45日がたったYuki君。

受講が終了する12月にTOEIC公開テストを受験することにしました。12月にTOEIC800点という目標を達成できるよう、引き続きTOEICの勉強を続けていきます。

12月に目標達成という事も踏まえて、今後の計画をコーチとの電話面談で決めていくそうです。

見事150点UPを実現して、TOEIC800点台へ到達できるのか?彼の健闘を祈りましょう!

Yuki

途中でサボってしまいましたが、私でも何とか続けられています。最後まで頑張って、800点突破の目標を達成したいと思います!