suggestとproposeの違い 「提案」を表す英語の使い分け、例文・フレーズ集

「提案」を英語の辞書で調べるとpropose,suggest,offerなどたくさん出てきてどれを使えば分からない!

ビジネスや日常の場面で、相手に何かを「提案」したいとき、あなたは英単語をきちんと使いわけることはできていますか?

「提案する」の英語は主にsuggest,propose,offerがありますが、それぞれのニュアンスの違いを知っておくことは、円滑なコミュニケーションのために必要です。

日本人の感覚ではどれも同じような気がしますが、特にsuggestとproposeはニュアンスがかなり違うので混同して使っていると相手が混乱する場合があります。

ビジネスのミーティングや会議において、企画や提案を提示する際に使うべき単語を間違えてしまうと自分の思い通りに物事を進めることは難しくなりますよね。

会議やプレゼンなどビジネス英会話や英文メールで使える例文やフレーズと合わせて、「提案」の英語について解説します。

「提案」の英単語3つ それぞれの意味の違い

英語辞書で「提案」と調べると、いくつもの単語やフレーズが出てきますが、ビジネスでよく出てくる単語の違いを理解し、使いこなせるようになっておきましょう。

Suggest
控えめな提案。「こうしたらどう?」とそれとなく言う意味合いもあり、案を受け入れるかどうかは相手に委ねる。日本語の助言(アドバイス)に近い。
Propose
積極的、正式な提案でSuggestより強め。ビジネスで相手の承認を求める企画や提案を示すときに使う。
Offer
「~しましょうか」という申し出や提案を表す。物をある値段で売り出したり、値引額を示すときにも使う。

Suggestが控えなニュアンスで、Proposeは相手が受け入れるか断るかの回答を求める強めな提案を言うときに使われます。Offerはsuggestよりも強めですが、proposeよりくだけた表現です。

Propose(proposal)の例文・フレーズ集

propose(提案する)の例文やフレーズを紹介します。名詞はproposal,propositionです。

propose ___ to 人 / propose to 人 ___
She proposed to us that Bill lead the meeting.
彼女はビルが会議を進行するように私たちに提案した。

propose ___
He proposes the solutions to the problems.
彼はその問題の解決策を提案する。

I proposed that we take turns to do night duty.
私は、私たちは交代で夜勤をするべきだと提案した。

名詞のProposalを使った表現も見ておきましょう。

Proposal(名詞) = 提案、計画
I have a proposal for that problem.
私はその問題についての提案があります。

make a proposal = 提案する
He made a proposal to hire new staff.
彼は新しいスタッフを雇うことを提案した。

proposalは結婚の申し込みにも使われます。
I will make a proposal to her.  /  I will propose to her.
私は彼女にプロポーズします。

Suggest(Suggestion)の例文・フレーズ集

suggest(それとなく言う、提案する)の例文・フレーズを紹介します。名詞はsuggestionです。

suggest ___ to 人 / suggest to 人 ___
I suggest a new plan to the committee.
新しい計画を委員会に提案する

I suggest to him he should go alone.
私は彼に一人で言ってはどうかと提案した。

suggest ___
If this is not convenient, please suggest another date.
この日の都合が悪ければ、別の日を言ってください。

He suggests that I ask someone now.
彼は私に今のうちに誰かに聞くことを提案した。

名詞のsuggestionを使った例文もあります。

Make a suggestion
They made a suggestion that she try it again.
もう一度彼女はやってみたらどうかと彼らは提案した。

Offer a suggestion
His boss offered the suggestion that he be promoted.
彼の上司は彼が昇進するべきだと提案した。

Offerの例文・フレーズ集

offerには提供する、申し出るという意味のほかに、お店などで値引を提示する時にも使われる単語です。

offer ___
He offered to drive her to school.
彼は彼女に学校まで車で送ろうと申し出た。

offer 人 ___
We offered him a nice job.
私たちは彼に良い仕事を提供した。

Tom offered the guests some coffee.
トムはお客にコーヒーを勧めた。

相手に「提案する」ときに使える英会話フレーズ集

上記の単語のほかに、ビジネスや日常で使える、提案を表す英会話フレーズを紹介します。

How about (What about) ~?

「~はどうですか?」と気軽に何か提案するときに使えるフレーズです。

How about this one?
これはどうですか?(いかがですか?)

What about having lunch together?
一緒にお昼でもどうですか?

Why don’t you ~ ?

親しい友人、同僚の間で使えるフレーズです。目上の人に対しては使いません。省略形はWhy not ~ ?です。

Why don’t you take a rest?
休憩したらどう?

Why don’t you give up smoking?
たばこ止めたらどう?

What do you think ~?

What do you think about accepting the proposal Tom made?
トムが出した提案を受け入れるというのは、どうでしょう?

You might want to ~

You might want to(~したほうがいいかもしれません)は丁寧かつ控えめに提案するときに使える便利なフレーズです。

You might want to consider outsourcing simple office work.
単純な事務作業の外注を検討したほうが良いかもしれません。

助動詞 should

学校では「~すべきだ」という意味で習う助動詞のshouldですが、日本語の「~すべき」ほどの強いニュアンスがない「~したほうがいい」という軽めの提案・助言としても使うことができます。

You should read the novels of Haruki Murakami.
村上春樹の小説を読んだらいいと思う。

You shouldn’t drink so much Coke.
コーラをそんなに飲むものではありません。

 

また仮定法現在という語法で、提案や要望を表現します。

I proposed that the prize should be given to him.
私はその賞が彼に与えられるように提案した。

It is important that you should do your best.
君が最善をつくることが大切だ。

TOEICの問題でも出ることがあるのですが、上の2文のshouldはよく省略されて動詞の原形だけで書くことも多いです。これは命令や提案などの内容を表すthat節で起こります(仮定法現在といいます)。

「命令・提案などを表す動詞」
order,demand,desire,request,suggest,propose,insist,advise,decideなど

まとめ:「提案」の英語、例文・フレーズ集

提案を意味する主な英単語としてsuggest, propose, offerの3つを紹介しました。

suggestは控えな提案で、proposeはかなり積極的で相手に受け入れてほしい内容を伝えるときに使います。offerはproposeに近く、少しくだけた表現になります。

「~はどうですか?」「~してはいかかですか?」などの会話は、ビジネスでもよく使うので正しく使えるようになっておくと便利ですね。