「すみません」は英語で?I’m sorry と Excuse me の意味の違いと使い方について

日常の英会話で使うシーンがとても多い”I’m sorry.”と”Excuse me.”の意味の違い、正しい使い方について解説します。

この2つのフレーズは、日本語では「すみません」と訳されることが多いです。

一方で日本語の「すみません」という言葉も日常のいろいろな場面で使われる、いくつもの意味を持った言葉(多義語)です。

誤解を生まないコミュニケーションで大切なのが、

  • 日本語の「すみません」に引っぱられて間違った英語を使わないこと
  • I’m sorry と Excuse me の意味や使い方の違いを理解しておくこと

この2つがポイントです。

“I’m sorry.”と”Excuse me.”は中学校の英語で習うシンプルなフレーズですが、意外と使い方が難しいものですよね。訳が分からないからと言って、sorryを連発していると余計なトラブルを生む原因にもなります。

本記事の解説を読んで、頭の中をスッキリ整理させましょう!

忙しい人におすすめのTOEIC・ビジネス英会話教材
TOEIC対策、ビジネス英会話の勉強で成果を出したい人におすすめなのがスタディサプリENGLISHです。

(1)TOEIC対策コース ベーシックプラン
⇒基礎文法からパート別の対策や問題演習までカバーしたTOEIC対策アプリ

(2)TOEIC対策コース パーソナルコーチプラン
⇒ベーシックプランの教材+オンライン専属コーチの学習サポート付き

(3)ビジネス英会話コース
⇒会議やプレゼンなど実践的なビジネス英会話を習得できるコース

忙しい人でも1日最短3分から、スキマ時間を利用できるアプリです。TOEICスコアを上げたい人はTOEIC対策コースを、実践的な英会話スキルを磨きたい人にはビジネス英会話コースがおすすめです。下記のレビュー記事もぜひ参考にして目的に合った英語学習をスタートしましょう。

「TOEIC対策コース ベーシックプラン」の特徴や効果、口コミの紹介記事
「TOEIC対策コース パーソナルコーチプラン」のリアルな体験談
「ビジネス英会話コース」の特徴や効果、口コミの紹介記事

日本語の「すみません」はどんな時に使う?

日本語の「すみません」という言葉に多くの意味、使い方があること。

“I’m sorry.”と”Excuse me.”の使い分けで混乱してしまう大きな理由がこれです。そこでまずは「すみません」が使われる主な状況について整理しておきましょう。

*横にスクロールできます。

「すみません」の主な意味と使い分け
・謝罪
・詫び
悪いことをしたり、迷惑をかけたりして自分に非があることを伝えるときの言葉。
例:待ち合わせに数分遅れた時、買い物で払う金額を間違えた時、相手の名前を言い間違えた時など
・依頼
・呼びかけ
相手に何かを頼むとき、軽い許しを求めるときの言葉。
例:前を歩いている人を呼び止める時、人混みの中を分け入る時、道で軽く他人とぶつかった時など
・感謝
・お礼
相手から何かしてもらったり、何かを与えられたときの言葉。
例:落としたペンを拾ってもらった時、相手の家を訪れてお茶菓子をいただいた時など

このように「すみません」は大きく3つの意味に分けることができ、それぞれに英語を当てはめると以下の通りです。

「すみません」の英訳の使い分け
・謝罪、お詫び ⇒ I’m sorry
・依頼、呼びかけ ⇒ Excuse me
・感謝、お礼 ⇒ Thank you

1つ1つの英語フレーズの意味と使い方について、もう少し詳しく見ていきましょう!

I’m sorryの正しい意味と使い方

sorryは形容詞で「気の毒だ、かわいそうだ」「すまなく思う」などの意味がある英単語です。

相手に対する同情の気持ちを込めてsorryという単語は使われることが多いですが、「すまなく思う」というニュアンスで謝罪・お詫びを表すのがI’m sorry です。

謝罪、お詫びを表すI’m sorry

相手に謝るつもりでI’m sorryと言う場合、自分に非があることを認めて申し訳なく思う気持ちを伝えることができます。

I’m sorry. I was wrong.
ごめん。僕が間違っていた。

I’m sorry to be late for the meeting.
会議に遅刻して申し訳ない。

I’m sorry to have kept you waiting.
お待たせして申し訳ありません。

「残念さ」「気の毒な気持ち」を表すI’m sorry

相手に謝る以外に、I’m sorry は残念におもっている気持ちを表すことができます。

We are very sorry about your child.
お子さんのことを非常に気の毒に思います。

I was sorry that she was ill just then.
彼女がちょうどその時病気だったのは気の毒だった。

I fell sorry you can’t come.
あなたが来れなくて残念だ。

I’m sorry 以外の本当に謝罪しなければいけない時の表現

真剣にお詫び、謝罪しなければいけない場合、英語ではI’m sorryよりもapologizeという英単語を使うほうがよいですね。

I’m sorry よりも丁寧な言い方がapologizeだと覚えておきましょう。

apologizeを使えば、自分がしてしまった事、自分の過ちで引き起こした事についてお詫び、謝罪の気持ちがあることを直接的に伝えることができます。

I apologize I forgot to send you an answer.
回答を送るのを忘れてしまい、申し訳ありません。

I will apologize to my client for causing himi trouble.
私はクライアントに面倒をかけたことをお詫びします。

ビジネスなど公的な場面でお詫びの気持ちを伝えるなら、apologizeを使うほうが適切です。

Excuse meの正しい意味と使い方

誰かに声をかけたり、何か軽いお願いをしたりする時に使えるExcuse me ですが、Excuseという動詞は「~を許す、大目に見る」などの意味がある英単語です。

Excuse me は文法的には命令形です。

「私を許して」「大目に見てね」という意味になるので、電車の中で人混みをかき分けて歩く、あるいは前を歩いている人を呼び止める等の場面で「(ちょっと)すみません」「失礼します」などのニュアンスで日常的によく使うネイティブスピーカーが多いです。

「すみません」「失礼します」を表すExcuse me

Excuse me.
(ちょっと前を)失礼します。(相手の前を通ったりする場合)

Excuse me.
すみません。(話の途中でくしゃみが出たりして中断した場合、会議の途中でトイレに立つ場合など)

Excuse me, could you tell me the way to the museum?
すみませんが、美術館への行き方を教えていただけませんか?

Excuse me, can I talk to you for a minute?
すみませんが、少しの時間だけお話できますか?

「言い訳」を意味するexcuse

Excuse me というフレーズでお馴染みのexcuseですが、名詞(可算名詞)では「言い訳、言い逃れ」という意味もあります。

Don’t make any excuses for being late for the class.
授業に遅刻したことの言い訳をするな。

This is just an excuse.
これはただの言い訳です。

He came up with some excuses.
彼はいくつかの言い訳を思いついた。

このような意味でも使われる単語だということも覚えておきましょう。

【オススメ】ビジネス英会話 スタディサプリEnglish

お礼の「すみません」はThank you

日本語の「すみません」は相手に何かしてもらった時、相手の親切に対するお礼を表す言葉としても使われます。

日本語の感覚につられて、英語でお礼を言うべきときにI’m sorry や Excuse meを使ってしまうと相手を混乱させたり、不快な思いをさせることになりかねません。

英語でお礼を伝えるときは、あくまでもThank you を使えば大丈夫です。

Thank you.
すみません。(落としたペンを拾ってもらった時など)

Thank you for your kindness.
ご親切にどうもありがとう。

英語の感覚を身につけて「すみません」を使い分けることが大事

お礼の「すみません」の所で述べたように、日本語の感覚につられて考えてしまうと、英会話で「すみません」を上手に使い分けることができません。

今回紹介したように、「すみません」が使われる主に3つの状況を整理することが大事です。そして英語のI’m sorry, Excuse me, Thank youのニュアンスを正確に理解し、ネイティブスピーカーの感覚でこれらの英語表現を使い分けできるように練習しましょう。

学んだフレーズを上手く使えるようになるためには、英会話レッスンを受けるのが効果的です。自宅で気軽に受講できるレアジョブ英会話ネイティブキャンプがオススメです。