ボンクラ式英語のサービス特徴、学習効果まとめ【口コミ、体験談あり】

この記事で分かること
・ボンクラ式英語スピーキング術の教材、学習法の特徴
・なぜボンクラ式のやり方で効果が上がるのか?
・ボンクラ式英語のユーザー専用サイトの体験談、口コミ

海外出張や英語での商談が来月に迫ってきた!

そんなとき、皆さんならどうしますか?

 

手っ取り早く、今度の海外出張で使える英語だけを集中的に勉強できるような教材があったらいいのに。

仕事だって忙しいし…

このような虫のいい願望に応えてくれて、ビジネスで英語を使って活躍することを可能にしてくれるのが、ボンクラ式英語スピーキング術の教材です。

ボンクラ式英語では「ユーザーひとりひとりが話したい内容」に合わせて完全オーダーメイドで作成されたオリジナル動画教材を使って、目標期間1ヶ月で「自分の仕事で必要な英語」をマスターして自信をつけることができます。

 

「ボンクラ式」というネーミングがかなり異質ですが、私自身の英語学習経験と照らし合わせると、ちゃんと効果が出る学習法を取り入れていることが分かりました。

 

ボンクラ式式英語スピーキングの特徴、学習効果が上がる理由などを紹介します。

ボンクラ式の学習法なら「1ヶ月でビジネス英語」を習得できる

TOEIC800点以上を取ったのに、英会話スクールに通ったのに英語が話せるようにならない。

英語のこんなお悩みを持っている人は多いと思います。

根本的な原因は、自分の口を動かして話すアウトプットの練習量が足りていない事ですが、ボンクラ式では「自分の仕事ですぐに必要な英語」を題材にして集中的にアウトプットの練習をすることができます。

したがって、

「来月、英語で大事な商談やミーティングがある」

「急な海外出張が決まって英語で話す場面がある」

などの仕事に直結した英語を話せるようになれるのです。

 

ボンクラ式英語の教材には次のような特徴があり、最短ルートで仕事に必要な英語をマスターできるようになっています。

完全オーダーメイドのオリジナル教材で学べる

ボンクラ式英語スピーキングの教材はひとりひとりのニーズに合わせて作成されます。

英語での自己紹介、自社の事業内容の説明、競合他社と比較した自社製品の優位性、海外のクライアントから契約を勝ち取るためのプレゼンテーションなど、あなたが仕事で本当に伝えたいメッセージをもとにして、オリジナルの動画教材を作成してくれます。

あなたの仕事や予定に合わせて今すぐに必要な英語スピーキング教材を提供してくれるサービスはボンクラ式だけです。

ボンクラ式英語では最初にあなたが「英語で話したいこと」を日本語で3分程度の長さのものを文章にして提出します。

 

その後、ビジネス経験の豊富なバイリンガル講師があなたの原稿の日本語を英語の翻訳し、その英文を話している動画を撮影します。

 

 

自分専用の動画教材を何度もくりかえし見ることで、カラオケの歌を覚えるように仕事で使う英語を覚えてビジネスの現場で使うことができるようになります。

ネイティブの発音、アクセントを動画で完コピする

ボンクラ式英語ではプロの人材が翻訳の精度やセリフを読み上げる講師の選定をしてくれるので、日本語の微妙なニュアンスも汲み取りつつ、ビジネスの場面に適した動画教材を準備します。

この動画教材が、カラオケで例えると原曲のようなものです。そして原曲の歌詞やリズム、音程を覚えて自分で再現するために練習を重ねるようにして、スピーカーの話す英語を聞いて、声に出してマネをします。歌を覚えるように、スピーカーの口の動き、リズム、イントネーションなどを完璧にマネできるように練習します。

 

そして、自分が英語で話している動画をスマホなどで撮影して講師に提出し、アドバイスをもらい、さらにブラッシュアップしていきます。

 

これをひたすら反復することで、英語でコミュニケーションできるビジネスの場面を増やしていくことができます。

 

予約も通学も必要なし。忙しくても大丈夫

オンラインで完結する学習システムなので、予約や通学も必要ない点は忙しいビジネスマンにはありがたいです。余計な時間をかけずに、自分い必要なビジネス英語の習得だけに集中できます。

動画を使った学習がメインになるので、時間にとらわれず空き時間を活用して効率的に勉強できるのもボンクラ式英語スピーキングの特徴です。

 

【経験談】ボンクラ式英語と同じ方法を自己流で実践して英語を話すことができた

Toshi

私も昔同じようなやり方で英会話の準備をして本番を乗り切ったことがありました。

海外のグループ会社から研修に来た外国人に英語で業務内容を説明

以前の職場で、ベトナムにあるグループ会社から日本に研修に来た人たちに、英語で業務内容を説明しなければならないことがありました。そのときの私は、まず日本語で書いてある資料を要約して説明のための文章を書き起こして、それをベースに英語に訳した文章を作成しました。

 

また、学生時代に海外の大学生と交流する機会があったときも、同じような方法で乗り切りました。

 

その時は、懇親会で使う英語、自己紹介で使う英語、上野の博物館に一緒に行くときの英語などのように場面ごとに必要な英語のフレーズを書き出して覚えていました。たとえば「トイレは階段を下りて左側にあります」みたいなフレーズをいちいち書き起こして自分で調べて”Please go down the stairs and you can find a toilet on the left side”みたいに英語に訳した原稿を作っていました。

1つ1つの場面で使う英語を絞り込んで原稿を作り、それを何度も声に出して音読することで暗記して乗り切っていました。

そのおかげで不安から解放されて、平常心を保ちながら英語でコミュニケーションすることができました。

 

英語の原稿を作成する作業を自分で全部やるのは、忙しいビジネスマンには無理

自分自身の経験から、ボンクラ式英語の学習法は仕事で必要な英語をすぐにマスターしなければならないビジネスマンにとって効果的な学習法だと実感しています。

 

だけど、自分で日本語の原稿から英語の文章を作るのはかなり大変な作業です。

単語を調べたり、文法をチェックしたり、不自然な言い方にならないように推敲したりする時間は忙しいビジネスマンにはありません。

そのあたりの面倒くさいプロセスを英語のプロにアウトソーシングできるのが、ボンクラ式英語の魅力です。しかも自分で作るよりクオリティが確実に高いので、安心して覚えることに専念できます。

ボンクラ式英語スピーキングのサービス利用の流れ

(1)公式サイトから利用を申し込む
ボンクラ式学習法を理解して公式サイトから申し込みを行い、料金を支払います。

 

(2)サービス担当者とインタビュー
希望する講師のタイプや英語でビジネスをする上での目標、達成したいことについて確認します。

 

(3)英語で話したいことの原稿を日本語で書いて送る
自己紹介、事業内容の説明、海外企業との商談など、あなたが英語で話したいことを日本語で文章にして送ります。トピックは3種類まで。話す時間にして各3分程度の長さ(1000~2500文字)です。

 

(4)オリジナル教材をバイリンガル講師が手作り
あなたの書いた原稿をもとに、バイリンガル講師がオリジナルの英語教材をオーダーメイドで作ります。作成には1週間程度かかります。

英文のスクリプトと動画がユーザー専用サイトにアップされます。動画は「標準」と「ゆっくり」の2種類があります。

 

(5)教材のビデオを何度も見て、練習する
文章を覚えるだけでなく、発音や音声変化、英語独特のイントネーションなどを完璧にモノマネする感覚で、体に覚えさせます。何も見なくても話せるようになるまで繰り返します。カラオケやダンスを完コピするのと同じ要領です。

 

(6)スピーキング動画を撮影して、提出
反復練習によって英文を見ずに話せるようになったら、自分が英語を話している様子をスマホ等を使い、動画に記録します。その動画をユーザー専用サイトにアップして提出します。

 

(7)講師が動画をみてフィードバック
提出された動画を見て、講師がフィードバックを返してくれます。その内容をもとに練習を繰り返します。教材コンテンツ完成から3ヶ月間、2回までフィードバックを受けることが可能です。

 

ボンクラ式英語で効果は出るのか?完コピするだけで大丈夫なの?

 

外国人講師が英語で話しているのを完コピするだけで本当に成果が上がるのだろうか?

 

そう感じる人も多いと思いますが、ボンクラ式ではユーザーひとりひとりの要望に合わせたオリジナル教材のおかげで、「自分が本当に英語で伝えたいこと」を集中的に学習できるので、万人向けの教材を使うより効果が出やすいと言えます。

 

「部品の取引で交渉中のA社との商談」

「海外の取引先のメンバーも集まる懇親会での挨拶」

などのように、自分が英語を使う現場に特化した学習をすることで、始めの一歩をしっかり乗り切ることができるので「自分にもできる!」という自信につながります。

 

一点集中の完コピで、その先の可能性が広がることを実感できます。

 

私自身も同じような方法で、英語を話す場面を乗り切ったことがあったのですが、不思議なことに厳選した英語のフレーズを覚えることで、他の場面でも英語が口から出やすくなったのを覚えています。意外に応用が利くのも、ボンクラ式のメリットですね。

 

何より、自分の言葉が英語で相手に伝わるという喜び。

この大きな喜びを味わうと、絶対に英語を頑張っていこうという気持ちになりますよ。

 

ボンクラ式英語が自分に合っているか知りたい方へ

【口コミ】ボンクラ式英語の学習者用サイトを使ってみた

ユーザー専用学習サイトはこんな感じ

ここではボンクラ式英語スピーキング術のユーザーがアクセスできる専用サイトがどんなものかをお伝えします。

PCで開いたときの画面の全体はこんな構成になっています。

左側のメニューに「あなたの受講講座」とありますが、そこに「ボンクラ式英語スピーキング術」と表示されます。このメニューから学習を進めることができます。

専用サイトにはメッセージ機能もあり、事務局にいつでも問い合わせ等ができます。

講座詳細から英語スクリプトや、動画コンテンツを確認することができます。反復練習をするときは、まず原稿を見ながら、動画の中でネイティブ講師が話しているのをモノマネする要領で進めていきます。

ちなみに、英語で話したいことの原稿を最初に提出するときもこの画面を使います。

最初は画面の真ん中の「スクリプト」のところに、あなたが書いた原稿を提出するためのボタンが表示されることになっています。

ボンクラ式英語の教材で実際に練習してみた感想

私も実際に、ボンクラ式英語のスクリプト・動画教材を使ってスピーキングの練習をしてみました。

最初は原稿も見ながら、動画を見て1つ1つの文章をどんな発音、アクセントで話しているのかをチェックしていきました。

だいたいの感じをつかんだら、自分でも声に出して練習しました。5、6回繰り返しただけでは英文を覚えることができず、ひたらす音読していました。それから、今度は目をつぶって、1文ずつ最後まで原稿を見ないで言えるように練習し、時間を置いてからまた練習し、どれだけの文章を覚えているかを確認しました。

それで忘れる部分は原稿を確認、また音読をくりかえしました。

 

文章を覚えれば、何も見ないでスピーキングできるので、最初から最後まで何も見ずに英語で言えるかをチェックしました。

20回、30回と続けていると頭の中に英文が入ってきた実感がありました。必要な反復の回数は人によって様々だと思いますが、やはり地道に繰り返すことが大切です。

暗唱できるようになってきたら、動画も見て発音や言い回しなどをネイティブのほうに寄せていくように努力しました。

 

80%くらいまで行ったと自分の中で思ったら、スマホで動画を撮影してユーザー専用サイトから動画ファイルを提出しました。

 

実際にやってみると、ボンクラ式という名前に反して地道な練習を必要とするので、意外に正統派な学習法だということが分かりました。

ボンクラ式英語の教材の料金・特典は?

 

ボンクラ式ではシンプルに統一した料金になっています。

定価198,000円のところ、現在は148,000円で購入できます。

 

さらに【ボンクラ式】の本(定価980円)とDVD(定価2000円)が購入特典としてついてきます。公式サイトを見ると、キャンペーン申込期限が6月30日までとなっていますが、現在もまた特別価格で申込ができるようになっています。購入を検討している方はお早めにどうぞ。

 

ボンクラ式英語 運営企業情報

会社名 シナジーゲート合同会社
代表社員 新井 隆司
住所 東京都渋谷区上原1-20-1 尾崎ビル4F
電子メール info@bonkurashiki.com

 

ボンクラ式英語スピーキング術

TOEICでハイスコアを取っても、英会話スクールに通っても英語が話せるようにならなかった。なのに1ヶ月後に海外出張や英語での会議が迫っている。そういう時は「自分が本当に伝えたい英語」だけを一点突破でマスターする超実践的な学習法がおすすめ。
・「自分が伝えたいこと」を英訳したオリジナル教材
・動画を見てカラオケみたいに繰り返し練習
・ネイティブ講師動画であなたの発音やリズムをチェック
・自分の言葉(英語)で伝えられる喜び、達成感
・開発者自身が実践してきた非常識な学習法