第230回TOEIC(2018年5月20日)公開テストに申込しました。

第230回TOEIC(2018年5月20日)の受験申込をしました

5月に開催される、TOEIC® Listening&Reading Testを受けるためにテスト申し込みを行いました。

申込んだのはリスニング100問とリーディング100問で構成される、いわゆる普通のTOEICテストです。

申し込みは、TOEICを主催する一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会の公式サイトからクレジットカード決済でしました。私と同じく5月の受験を検討している方は締切が4月3日までなので、それまでに申込を完了させましょう。

ちなみに1回の受験料は5725円(税込み)です。

インターネット上で申込を完了すると下の画面が表示され、自分の受験番号や受験地、インターネット上でスコア表示する機能を利用するかどうかなどの情報が確認できます。

その後、試験の2週間くらい前になると申込時に指定した住所に受験票が郵送されてきます。この受験票を持参しなければテスト会場に入室できません。

自己ベスト更新をめざします!

申込をした3月23日の時点で、試験本番の5月20日まで残すところ57日間…

私のベストスコアが925点なので、それに+35点で960点を今回の目標にしたいと思います!

正直言ってTOEICスコアが900点を超えてくると、一生懸命勉強したとしてもグーンとスコアが伸びることはないので、モチベーションの維持がつらいです。最高でも990点なので。

この90点の差を埋める努力は、RPGでレベル99まで上げてからラスボスを倒すようなことなので、自分の中でもそこまでする必要あるのか?というモヤっとした気持ちも多少ありますが、自分自身へのチャレンジだと思って努力しようと思います。

そんな私がTOEIC学習に使うのは、スタディサプリENGLISHのTOEICコースです。

2ヶ月で200点以上アップしたという口コミもある、TOEIC対策の定番アプリです。これでスキマ時間を活用して自己ベスト更新を目指します!

同じ日にTOEICを受験する皆さん、私と一緒にがんばりましょう!

TOEIC試験当日までの60日間の勉強法について

普段から英語の記事や動画を見たりしていますが、この60日間はTOEIC対策のための勉強法を実践してきちんと目標達成したいと思います。

教材は先程も言ったとおり、スタディサプリENGLISHのTOEICコースを使います。

スマホで学習できるアプリのほかに、紙のテキストの実戦問題集で本番と同じ200題の問題演習もやっていきます。

スタディサプリENGLISHでスキマ時間を活用

リクルートが提供するTOEIC対策アプリの決定版ともいえるのが、スタディサプリENGLISHです。

正直なところ、これに登録して毎日問題をやり込むだけでもTOEICスコアはかなり上がるのではないかと。

私もふだんの英語学習にスタディサプリENGLISHを利用していますが、アプリでいつでもどこでもできる手軽さ(ソファで横になってTOEIC対策ができる!)と、問題のボリューム、解説のわかりやすさという質の3つの魅力があり、とても気に入っています。

【スタディサプリENGLISHにログインした直後の画面】
自分が利用できるコースと、達成度が表示されるほか、1週間の目標勉強時間の設定もできます。

 

これはPCで表示した画面ですが、もちろんiPhoneやそのほかのスマホからでも利用できます。

解説も充実したTOEIC問題集をポケットに入れて持ち運べるのは、かなり便利で、外出中や移動中のスキマ時間にポケットからサッとスマホを取り出して問題を5題やるなんてことができてしまいます。

分厚いTOEICの問題集だと気が重くなり、なかなか手がつかない人もアプリなら片手で気軽に勉強が続けられますよ。

毎回勉強量が足りなくて挫折していた人は一度使ってみてはいかがでしょうか?

スタディサプリENGLISHのTOEIC®L&R対策コースならば、毎日のスキマ時間を活用しながらTOEIC対策だけでなく、本物の英語力を身につける勉強が可能です。

自らもTOEIC満点を取り続けるカリスマ英語講師の関正生先生の本質的でわかりやすい解説と、試験に特化した問題演習をくりかえし学ぶことでスコアアップを実現できます。

お試し期間中もアプリの全機能を使えるので、英語力向上に絶大な効果を発揮するディクテーションやシャドーイングの機能も使い放題です。

関先生のTOEIC勉強法や英文法の解説などを見るだけでもかなり勉強になりますよ。

 

TOEIC対策コースでは、Part別の問題の特徴や解き方が学べる「パーフェクト講義」と最新の試験形式に対応した「実践問題集」があります。

今度の5月の試験本番ではこの2つの教材を使って、スマホで問題演習をこなしていきます。

【パーフェクト講義】
自らもTOEIC満点を取り続けるカリスマ英語講師の関正生さんが、TOEIC対策に留まらない英語の本質にも切り込んだ分かりやすい解説を聞くことで、皆さんが確信をもって問題を解けるようになるサポートをしてくれます。

 

 

【実践問題集】
TOEIC新形式にも対応し、Vol.1~8まで使い放題(1冊に収録した問題数は200問)。Part別に細かくコンテンツが分かれているので、問題数をこなすときの到達度合が把握しやすく、やる気を維持するのに役立ちます。問題を解いた直後にディクテーション、シャドーイングでリスニングと読解力を深める仕組みになっているので、地道に続ければかなりの英語力向上になります。

 

カリスマ英語講師の充実した解説と、英語学習の王道を自動的に実践できるアプリ設計が本当に秀逸だなと思います。今のところ気になる短所を挙げるとすれば、長文問題を解くときの画面が操作しにくいところです。

スマホの細長い画面ではどうしても制約があるので、しょうがないですが。

スタディサプリENGLISH(英語)の登録方法・注意点

試験当日までのスタディサプリ実戦問題集の使い方

実戦問題集を活用して、試験本番と同じように2時間で200題の問題を解く演習をやります。

ただし現在は学習時間をまとめて2時間以上確保するようなことが難しいので、3月から4月の間は、スキマ時間の活用でTOEIC対策をしたいと思います。

勉強時間で計画するのではなく、1日100題の問題を解くというノルマを設定して、スキマ時間で少しずつ数をこなすことで毎日のノルマ達成ができることを目指します。

何度も解いた問題であれば、100問解くのにかかる時間も短縮されるのでノルマの達成感も上がります。

そして5月に入ったら模試のつもりで、2時間で200問すべてを一気に解く時間を何回か確保します。

TOEICの大変なところは何といっても2時間で大量の問題をこなす集中力を最後まで維持することです。

本番を想定した時間配分、ペースに体を慣らしておかないと間違いなく途中で集中力がプツンと切れてしまいます。忙しい人でも最低1回は、時間をとって体を慣らすトレーニングをしたほうがいいです。

とにかく、
・1日100問の問題を解くこと
・できるかぎり同じ問題で反復学習すること

この2点に注意して時間を意識せずに勉強量をこなす方針で臨みたいと思います。

忙しい人のための勉強の計画の立て方

計画は時間ではなくノルマで決める

第230回TOEIC(2018年5月20日)テストまではスタディサプリENGLISHを活用して、1日100題というノルマで対策を進めるという私の学習計画について紹介しました。

スタディサプリの設定で一週間の目標学習時間を設定できますが、 勉強時間で目標を立てると、だらだらやっても、集中して行っても時間は同じです。

むしろ1日にこなす問題の数で目標を決めて、実際にどれくらいの負荷がかかるのかをチェックしながら日々のノルマを調整しようと思います。

計画を立てる時は、自分の願望が反映されて非現実的なハードなスケジュールを立ててしまいがちなので、毎日2時間やるというようなハードな目標は立てないことにしています。

ハードな目標を立てると、一回でも達成できないと巻き返しがつらくなり、やる気がなくなるので効果的な反復学習を行うことができないからです!

今回の私の計画では、今日は公式問題集のリスニング問題を解く、スキマ時間でスタディサプリENGLISHの問題をこなすという方法で、合計100題の問題をこなしたことになるように勉強を進めていきます。

自分もスタディサプリのTOEICアプリを使ってみようかな?と思った方は、7日間の無料体験ができます。今度こそTOEICスコアを上げたい人は、ぜひ使うべきです。

2018年4月2日追記 TOEIC対策の経過報告

第230回TOEIC(2018年5月20日)テストに申し込んでから10日間ほど経過したので、計画が実践できるいるかを振り返ります。

当初は1日100題の問題をこなすというノルマを設定して勉強を開始したので、果たしてそのノルマが自分にとって適切だったかのどうかをこのタイミングで振り返りたいと思います。

正直なところ、100問という目標は少しハードルが高かったです。

自分の願望を込めて欲張った設定にしていたようです。反省。

なぜかというと、例えばPart3,Part4の問題を60題解いたとしたら解答と答え合わせで30分はかかり、その後でもう一回音声を聞いたり、英文を確認したりするので、ふつうにそれだけで1時間は時間を取られてしまうからです。

また、スタディサプリENGLISHの場合、問題演習の後につづくシャドーイングやディクテーションもこなさないとアプリ上でその問題を完了したことにならないので、単純に1問完了=1カウントにすると、紙の問題集とアプリの間で負荷が異なるのでカウントの仕方に迷ってしまうという、やや不毛な事態に。

また問題を解くこと以外に、一度解いたリスニング問題の音声を移動中に繰り返し聞いていました。しかし聞くことに集中するので、どの問題を何回聞いたか途中で分からなくなり、カウントをあきらめてしまいました。

というわけで紙の教材とアプリを併用するときに単純に問題数でノルマを管理するのは賢くない方法だと思い、日々のノルマの設定方法を見直すことにしました。

さらに試験本番(5月20日)までの期間も約50日間と長いので、スケジュールを二段階にわけて計画を見直します。

第1段階:4月2日~15日(15日間)
・引き続きスタディサプリ実戦問題集で繰り返し演習する
・問題をPart別にわけて、毎日必ずどれかのPartの問題を全問解く
・リーディング問題は本番に備えてタイマーで時間を測りながら解く
・1日に50題以上は問題を解く、数えるときは「解いた設問の数」をもとにカウントする。

こんな感じで4月中旬までTOEIC対策を実施したいと思います。ノルマの問題数は50題に下げました。問題演習は解くだけでなく復習のほうが大事なので数字だけにとらわれて復習の質を落とすことはしてはいけないと判断したからです。

達成度合ですが、公式問題集に収録されている単語・熟語はすべて記憶できている状態、リスニング問題は10回以上音源を聞き込んでいる状態になっていれば、「やりきった」と考えることにします。

日々の学習量の把握の仕方ですが、その日に学習したPartをメモしておいて、問題数が足りなければスタディサプリENGLISHの「パーフェクト講義」などで数を補うという発想で達成度をみたいと思います。

第2段階:4月16日~5月20日(35日間)
・問題をPart別にわけて、毎日必ずどれかのPartの問題を全問解く
・リーディング問題は本番に備えてタイマーで時間を測りながら解く
・1日に50題以上は問題を解く、数えるときは「解いた設問の数」をもとにカウントする。
・最低2回、Part1~7までの全200問を2時間で解く模試を自主的にやる
・移動中などスキマ時間はスタディサプリENGLISHで問題をこなす

4月15日を過ぎたら、現在の試験形式に対応している「公式 TOEIC Listening&Reading 問題集3」のほうに教材を切り替えて問題演習を行います。

基本的な学習お進め方は第1段階とほぼ同じです。1点のみ自主的に問題集で模試をやって試験本番で通用する集中力をつける訓練をするところが異なります。

TOEICは試験前日だけ悪あがきしたところで点数が上がるような試験ではないので、毎回のノルマを地道にこなしていくだけです。

(追記)5月に受験したTOEIC公開テストの結果が、本日インターネット上で公開されました。

 

TOEICの公式Twitterアカウントでも告知がありましたね。

 

Twitterでもたくさんの受験者がTOEICスコアの結果を投稿していました。

 

Twitter以外でも、受験時に登録したメールアドレス宛に連絡がきます。

 

早速自分も確認しました。

 

 

2016年に受けたときと同じスコアでした。

リスニング:470

リーディング:455

最新の問題形式で受けたのは初めてだったので、同じスコアだったということは英語力はキープできていると判断しました。

ちなみに2016年に受けたときは、

リスニング:465

リーディング:460

こんな感じでした。

リーディングはもっと良かったような予感がしていたのですが、自信たっぷりに間違った選択肢を選んでいた設問がいくつかあったみたいです…

公式スコア認定証が届けば項目別の正答率(ABILITIES MEASURED)、リスニング、リーディング別に上位何%にいるか(Percentile rank)が分かるので見直しをします。

 

TOEICは今の時点での英語力を客観的な数値で出してくれる試験ですが、マークシート形式なので適当に塗っても運よく正解することもあります。

もしかしたら、単にラッキーだったから今回のスコアが取れたという可能性もあります。

何回か受験して、平均スコアを出してみれば自分の実力にもっとも近い数値が出るでしょう。

というわけで、7月にもう一度TOEICを受けてみる予定です。