スタディサプリTOEICは効果なし?点数が伸びない5つの原因&正しく使うコツ

スタディサプリはリクルート社が提供する受験生向けアプリとしても有名です。

同じブランド名で英会話・TOEIC対策用に作られたのがスタディサプリENGLISHです。

TOEIC対策の定番アプリとして定着したスタディサプリENGLISH TOEIC対策コース

「口コミや評判がいいから登録してみたけどあまり効果がない」

「使っても点数が伸びないという口コミを聞いて、登録をためらっている」

このように「本当に効果あるの?」と思っている人も多いのではないでしょうか?

はっきり言えば、本人の努力なしに英語力もTOEICスコアも伸びません。

大前提として、きちんと勉強時間を積み上げることが必要です。以下の表を見てください。

この表によれば、TOEICスコアを100点上げる事を目指すなら「約225時間の勉強時間」が必要です。

スキマ時間で2分からでも勉強できるのがスタディサプリENGLISHの長所ですが、本当に1日2分しか勉強しなかったら永久にTOEICの点数は上がりません。

また、間違った勉強のやり方をしてしまうとアプリの価値を引き出せず、学習効果が出ません。

本記事では、実際に12ヶ月間スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースを使って935点を取った私が「効果を出すために注意すべきポイント」について解説します。

忙しい人におすすめのTOEIC・ビジネス英会話教材
TOEIC対策、ビジネス英会話の勉強で成果を出したい人におすすめなのがスタディサプリENGLISHです。

(1)TOEIC対策コース ベーシックプラン
⇒基礎文法からパート別の対策や問題演習までカバーしたTOEIC対策アプリ

(2)TOEIC対策コース パーソナルコーチプラン
⇒ベーシックプランの教材+オンライン専属コーチの学習サポート付き

(3)ビジネス英会話コース
⇒会議やプレゼンなど実践的なビジネス英会話を習得できるコース

忙しい人でも1日最短3分から、スキマ時間を利用できるアプリです。TOEICスコアを上げたい人はTOEIC対策コースを、実践的な英会話スキルを磨きたい人にはビジネス英会話コースがおすすめです。下記のレビュー記事もぜひ参考にして目的に合った英語学習をスタートしましょう。

「TOEIC対策コース ベーシックプラン」の特徴や効果、口コミの紹介記事
「TOEIC対策コース パーソナルコーチプラン」のリアルな体験談
「ビジネス英会話コース」の特徴や効果、口コミの紹介記事

スタディサプリTOEIC対策コースで効果が出ない5つの原因

まず、「こんなやり方ではスタディサプリENGLISHを使ってもTOEICの点数は伸びませんよ」という主な原因を紹介します。

  1. そもそも使っているアプリが違う(日常英会話コース)
  2. 問題を解いて、答え合わせしているだけ
  3. 関正生さんの解説動画で復習をしてない
  4. シャドーイング・音読など口を使った勉強をしてない
  5. 勉強時間がぜんぜん足りていない

そもそも使っているアプリが違う(日常英会話コース)

初めてスタディサプリENGLISHを使う人にとって少し分かりにくいことがあります。

それは、スタディサプリENGLISHには複数のコースがあることです。

①日常英会話コース リスニング、スピーキングを重視した英会話レッスンがスマホ1台で学べる
②ビジネス英語コース ビジネスシーンの英会話に特化したレッスンがスマホ1台で学べる
③TOEIC対策コース TOEICに特化。リスニング・リーディング・英単語・文法を網羅した教材と丁寧な解説で英語力を伸ばせる。
④パーソナルコーチプラン オンラインでプロのコーチから個別指導を受けられるサービス。短期間で確実に点数UPしたい人向け。

このうち、TOEIC対策に特化しているのは③TOEIC対策コースと④パーソナルコーチプランです。

③はアプリで自主的に学習を進めるコースで、④はTOEIC対策のプロが専任コーチとして学習アドバイスやモチベーション管理をしてくれます。

もし①の日常英会話コースや②のビジネス英語コースを使っている場合、TOEICスコアへの直接的な効果は薄いです。

TOEICで必要なリスニング力を鍛えることはできますが、TOEICのテストに合わせたコンテンツではありません。

したがって、TOEICの点数アップを期待して日常英会話コースを使うくらいなら、TOEIC対策コースを使いましょう。

そのほうが、同じ時間で、より大きな成果を得ることができます。

【関連】スタディサプリENGLISHの登録方法

問題を解いて、答え合わせをしているだけ

問題の数をこなして正解・不正解の結果だけをみて一喜一憂したりしてないでしょうか?

間違えた問題は、どうしても間違えたのか?どうすれば正解できるのか?納得するまで復習しないと試験本番での得点力につながりません。

なので、最初に問題を解く時間の5~10倍は復習に時間がかかるものです。それくらい時間をかけていいです。

こちらのスタディサプリTOEICの画面を見てください。学習回数、学習日という項目がありますよね。

つまり、何度もくりかえして使う復習重視型の学習スタイルを前提として作られた教材だということです。

スタディサプリENGLISHのTOEICアプリは勉強の王道である「反復学習」を最小の手間と時間で実践するためのアプリなのです。

だから解説の文章や動画をしっかりチェックしましょう。

100個の問題を1回ずつ解くより、20個の問題を2回、3回と解いたほうが英語力は絶対に伸びます!

同じ問題を何度でも解くことで、少しずつ英語を楽に聞いたり読んだりできるようになりますよ。

関正生さんの解説動画を見てない

神授業とも言われる関正生さんの解説動画を見ないのは、とてももったいないことです。

上記で述べたように、問題を解いて終わりにするだけではスタディサプリTOEICの価値の10%も活用できていません。

各レッスンの問題を解いたら、必ず解説動画を視聴しましょう。中には5分以上の長めの動画もありますが関さんはとても話術が上手いので集中して聞くことができます。

不要な丸暗記にかける時間を減らし、かつ出題範囲のないTOEICのようなテストでスコアを上げたい人にとって、英語を本質的に理解できる関正生さんの講義はとても有益な学習コンテンツです。

ぜひ活用しましょう。

シャドーイング、音読などの「声に出す勉強」をしていない

これも復習をちゃんとしていないことに関係しますが、英語は言葉なので自分の口で声に出す練習をしないと上達しません。

それはリスニング、リーディングだけのテストであるTOEICの対策でも同じことです。

英語をそのままの語順で聞いたり読んだりして意味を理解するためにはシャドーイングや音読など自分の口を動かす練習が不可欠です。

口を使わずに、ただ問題を解いているだけだと「返り読み」という「英語を読むときに文章をあちこち行ったり来たりする癖」がついてしまいます。

これは英語を日本語の文章に置き換えてから理解しようとして起きるのですが、返り読みをすると英語の意味を理解するのにムダな時間がかかります。

返り読みと克服せずにTOEICのリスニングに挑むと次のような事が起こります。

「次から次へと聞こえてくる英語の意味を考えているうちに音についていけなくなる」
「音声の放送が終わったあと、最後の一言しか記憶に残っていない」

また、リーディング問題ではこのようなことが起こります。

「時間を気にして焦り、内容が頭にぜんぜん入ってこない」
「意味を考えているうちに時間切れになる」

これらの問題を解消するためにはシャドーイング、音読などで英語をそのままの語順で理解できるようになるためのトレーニングをするしかありません。

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースにはそのための機能が搭載されているので活用しましょう。

勉強時間がぜんぜん足りていない

CMで言っているように、スタディサプリENGLISHは1回3分からでも勉強できる画期的なTOEICアプリです。

でも、1日に2~3分しか勉強しない人がTOEICスコアを伸ばせるはずがありません。

何度も言いますが、スタディサプリTOEICは復習と反復を前提にした教材です。

さらにTOEICを100点上げるには約200時間の勉強時間の積み上げが必要だと言われています。忙しい中で学習時間を確保するのは確かに大変ですが、それを言い訳にしてサボっているうちは永久にTOEICスコアも英語力も成長しません。

3分のスキマ時間でも、10個合わせたら30分になります。

通勤時間の50分を勉強に使えば往復で100分になるので、実はそれだけでも130分(2時間以上!)の勉強時間が確保できます。

やってみれば意外に時間は確保できるものです。

スタディサプリENGLISHはスマホですぐにTOEIC対策ができるので、書籍や参考書よりも気軽な教材です。

上手く活用して、スキマ時間を有意義な勉強時間へと変えましょう。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースの公式サイトへアクセス

スタディサプリENGLISHを正しく使えばTOEICスコア・英語力は伸びます

アプリの設計にしたがって勉強を進めることが大事

先述の通り、まちがった使い方や手抜きをしたりするとせっかく良いアプリを使っても効果が出ず、スコアも伸びていきません。

スタディサプリTOEIC対策コースはディクテーションやシャドーイング、音読などTOEICの点数UPに必要な英語の基礎をしっかり身につける学習法がアプリで実践できるように上手く設計されています。

余計なことは考えず、アプリの指示通りに勉強を進めることが大切です。

【オススメ】スタディサプリTOEICを12ヶ月使った私の口コミ・体験談

教材をころころ変えるのは絶対NG!

勉強に使う教材をころころ変えるような人は、絶対にTOEICスコアも伸びないし総合的な英語力も成長しません。

大事なことは「これと決めた教材を2~3ヶ月は継続して毎日使ってみること」です。

どんな教材も、表面的な部分をなめただけでは真価を発揮してくれませんよ。

 

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースを継続して使う場合の学習法については、以下の記事でも紹介中です。

使い方がイメージしにくい人は一読ください。

スタディサプリTOEIC対策コースの使い方【スキマ時間の活用で目標達成】

文法の土台があやふやな人は、まず基礎英文法からスタートすべし!

2019年6月から追加された新コンテンツの「基礎英文法」は中学レベルの基礎&超重要な文法事項をすばやく復習できる教材です。

文法が苦手な人でも理解しやすいように、ポイントを絞ってイラストや例文を使って分かりやすく解説。

1本あたり5分程度の動画で、空いた時間で学べるように作られています。

学生時代に習った文法をほぼ忘れてしまっている人の場合、まずはこの基礎英文法からスタートしたほうがスタディサプリTOEICの演習問題の解説や関正生さんの解説動画の理解度も深まります。

「英語の語順のルール」のように今さらすぎて誰にも聞けないようなところから懇切丁寧に解説してくれているので、超おすすめです。

基礎英文法で学べる文法事項は、次の通り。

・文の成り立ち
・名詞
・形容詞
・副詞
・前置詞
・動詞(be動詞、一般動詞、人称)
・時制(現在、過去、未来)
・進行形
・現在完了
・助動詞
・能動態と受動態
・不定詞
・動名詞
・分詞(現在分詞、過去分詞)
・代名詞
・比較
・関係代名詞
・仮定法
・文型

 

このように中学~高校で習う英文法の中からTOEICやビジネス英会話で絶対に必要なトピックに絞り込んであります。

基礎英文法を学ぶときは短期集中で一気に片付けて、パーフェクト講義のほうになるべく早くシフトしましょう。1日2レッスンに取り組むと約2週間で終えることができます。

TOEIC300~500点台で、まだ文法の基礎が出来上がっていない方は、基礎英文法から学習をスタートさせましょう。

スタディサプリENGLISH「基礎英文法講座」は文法が苦手な人のおすすめ教材(TOEIC対策コース・ビジネス英語コースで利用可能)

最後は自分次第!TOEIC目標を達成して次のステージへ進もう!!

TOEICは日本で大人気のテストなので、既に良質な教材があふれています。

結果を残せるかどうかは自分次第です。

本気になれるかどうか、1日2〜3時間くらい勉強する覚悟を決められるかどうかで結果はほぼ決まります。

 

TOEICにいつまでも悩まされるくらいだったら、3ヶ月だけ本気になって勉強してサッサと次のステージへ進みましょう。

英語に本気を出す経験を通じて昇進や転職を果たすことで、見えてくる世界も絶対に変わります。

 

気になる人はまずはスタディサプリ ENGLISHの7日間無料体験に申し込んでみましょう!

もし自分に合わないと思ったらすぐに退会すればいいだけの話です。

途中で解約した場合に返金してもらえる仕組みも整っているので、お金を損することはありません。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースの無料体験に申し込む

独学な無理そうな人にはパーソナルコーチプランがおすすめ

独学だと不安な人には、オンラインで学習サポートがつくパーソナルコーチプランがおすすめです。

「3ヶ月後までに絶対にTOEIC800点以上取らないと、昇進できない!」

このように切迫した状況にある人の場合、学習サポートをしてくれるTOEIC上級者の存在はありがたいです。

パーソナルコーチプランの特徴
・専属コーチがついて、目標スコア達成までのロードマップを示してくれる
・毎日の学習を報告する義務があり、ほどよいプレッシャーが得られる
・チャットや電話相談でコーチに気軽に質問ができる

アプリだけの登録に比べると割高なのは確かですが、TOEICスコアを短期で確実に伸ばしたい人には、パーソナルコーチプランのほうがおすすめです!

3ヶ月で160点UPしたパーソナルコーチプラン体験談を読む

パーソナルコーチプランについて公式サイトで詳しく見る