トライズの英会話コーチングの元になった三木社長の英語勉強法は役に立つのか?

これまで海外や英語に無縁だった人でも1年あれば英語をマスターできる!

この言葉は果たしてどこまで本当なのでしょうか?

結論を先に言うと、中学高校で学ぶ英語の基礎が身についていて、目標と計画をしっかり決めて勉強すれば1年で英語力を伸ばすことは十分可能です。(1年でネイティブスピーカーと同じレベルになる事は無理です)

コーチング型の英会話スクールのTORAIZ(トライズ)では、1年間で「ビジネスで使える英会話」を身につけるための英語学習プログラムを提供しています。

そのカリキュラムには、社長の三木雄信氏がソフトバンクの社長室長として孫正義氏のもとで仕事をしていた時に必死で英会話を学んで効果を出したときのやり方が反映されています。

三木社長の学習法はこちらの書籍に紹介されています。

 

英語に自信がない人、何年も英会話教室に通ったけど挫折した過去を持つ人にとっては「1年でマスター」という言葉はかなり怪しげに見えるものです。

「トライズ社長の学習法は本当に役に立つのか?」

「トライズを受講して効果が出る人、出ない人の違いは何なのか?」

本記事ではこの2つの点について解説いたします。

独学で英語を学んでいる人や英会話スクール選びに迷っている人にとって、プラスになるヒントを得ることができます。

トライズ社長はどんな人?

著書によると、トライズ社長の三木雄信(みきたけのぶ)氏は福岡県出身。

高校卒業まで福岡で過ごし、英語に触れる機会はほとんどありませんでした。外国人を見て「外人がおるばい!」とビックリするくらい、ドメスティックな環境で育ちました。

東京大学経済学部を卒業、三菱地所を経てソフトバンクに入社して社長室長に就任。ソフトバンク入社後に英会話を猛勉強、ビジネス英会話に特化して通訳なしでも交渉ができるまで1年でレベルアップできたそうです。

確かに三木氏の海外経験はソフトバンク入社までゼロに等しかったわけですね。

しかし、東京大学の試験を突破したという事は受験勉強でかなり英語の勉強をしたことは間違いありません。

過去問を調べれば明らかですが、東大英語は英文和訳に加えてリスニングや英作文も出題されます。英単語や文法の基礎をしっかりやった上で入試対策もしたわけですから、他の日本人に比べて、英会話に必要な英語の基礎はかなりしっかりできていたと言えます。

なので彼の英語学習法も全体的に「既に基礎がある人向け」の内容になっており、初心者にはとっつきにくい点が多々あります。とは言え、難関大学を突破した勉強ノウハウも活かされています。上手な計画の立て方を知りたい人にとっては役に立つ点も多いです。

「英語は1年でマスター」の長所・短所の解説

ここからは三木氏の著書「英語は1年でマスター」の長所、短所についてポイントを絞って紹介します。

「英語は1年でマスター」の役に立つところ

長所=役に立つ点について、主な3点を紹介します。

(1)英語学習のゴール設定の重要性

三木氏はまず「英語を身につけてどうしたいのか?目標をはっきり設定すること」が重要だと言います。本人も、孫正義さんから「お前はクビだ!」と言われないためにビジネス英会話に特化して必死で勉強しました。

一口に英語を勉強すると言っても、

・TOEICスコアを上げたい
・英語のプレゼンを成功させたい
・外国人の上司と円滑にコミュニケーションしたい

などのように、実現したい事は千差万別です。

その目的に合わない勉強を何となくやっていても、時間とお金のムダです。英語の勉強を始める前に「まずはゴール設定を明確化する」という発想はとても役に立つものです。

(2)学習計画の立て方

自分が向かうゴールを決めたら、計画的に勉強を進めていくことが大切です。

1日3時間勉強するとした場合、月曜から金曜は必ず3時間勉強、土曜は予備の日、日曜日は休息日とするのが現実的な計画の立て方です。三木氏もこのような計画を立てて、予備の日に帳尻を合わせるようにしていたそうです。これは受験勉強で成績をしっかり伸ばす人が実践していた勉強法でもあり、英語以外にも活用できる考え方です。

逆に、張り切りすぎてとても達成できそうにない計画を立ててしまう人は挫折するリスクが高いです。1日でもサボると、後の計画が総崩れになって取り返しがつかなくなり、やる気が一気になえるからです。

優先順位の決め方

有能なビジネスマンらしく三木氏の学習法は「優先順位」をしっかり意識したものになっています。

ビジネス英会話を身につけたいから、日常会話で使うフレーズなどは覚えない、発音は後回しにするなど、1年という限られた期間で効果を最大化するため、シビアにやるべきことを絞り込んでいます。

あれこれと色々な教材に手を出す人は、どれも中途半端になって目を見張る成果を残すことはできませんからね。

「英語は1年でマスター」の役に立たないところ

アウトプット重視のやり方は学習者のレベルによる

文法や単語はやらない!英語を話すアウトプットの時間を優先的に確保しよう。

基本的にこの考え方が通用するのは「基礎的な英文読解、文法、語彙力」が備わっている人だけです。

日本人は学校で十分にインプット学習をしているから、あとはアウトプットをやれば英語ができるようになるという考え方で三木氏は学習したそうですが、それは彼が受験勉強で英語の基礎をしっかり身につけていたから可能な芸当です。

目安としてTOEIC500点に満たない人は、中学高校で習う英語の基礎があやふやになっているレベルなので、それに当てはまる人はまずインプット型の学習からやり直したほうがよいでしょう。

基礎を疎かにして英会話レッスンばかりやっていても、どこかで必ず壁にぶち当たります。

いきなり海外映画のリスニングはきつい

日本語で生まれ育ち、海外経験が乏しい人の場合、TOEIC800点以上でも洋画でネイティブスピーカーが繰り出す英語を聞き取ることは難しいです。

また、スクリプトを読んでも単語や文法がサッパリだと無意味な丸暗記を強いられることになります。

英語初心者にとってはナチュラルスピードは速すぎて「勉強すれば聞きとれるようになる」という手ごたえを感じにくいものです。最初は無理せず、ナチュラルスピードより遅めのTOEICから始めてもよいと思います。

TOEICなら客観的なスコアも出るので、それをもとに弱点を分析しながらリスニングを強化できます。

「やる気がある人、勉強に慣れている人」向けの内容

全体的に「自習ができる人」「自分で工夫できる人」向けの内容です。

自分でトライ&エラーができて、勉強することに抵抗感がない人。課題や弱点を自己分析できる人であれば、役に立つ情報が載っています。

だけど「英語の勉強が嫌い」「大人になってからちゃんと勉強したことがない」ような人の場合、敷居が高すぎてマネできない部分が多いです。

独学に慣れている人はマネできるけど…

まとめると、三木氏の英語学習法はそれに元にして自分にあったやり方をアレンジできる、独学に慣れている人には参考になる本です。

一方、勉強が苦手で一人だとすぐにサボってしまう人や計画を立てても1週間で挫折してしまう過去を繰り返してきた人にとってはレベルが高すぎる内容になっています。

 

一人だと無理、自分がやるべき事の優先順位が分からない…

そういう悩みを抱える人は、英語学習のプロから個別指導を受けられる「コーチング英会話」を検討してみると良いでしょう。

【合わせて読みたい】
忙しい社会人ほど英語コーチングで英会話・TOEICを伸ばすべき理由

トライズの英語コーチングで効果が出る人とは?

コーチング英会話のTORAIZ(トライズ)は、三木社長の英語学習経験を反映しつつ、英語学習のプロ講師からマンツーマン形式のコーチングを受けることができる英語学習プログラムです。

コーチング形式で、ネイティブスピーカーと英会話レッスンができる数少ないスクールの1つで人気を集めています。

三木社長のように1年で成果が出る勉強をしたい、だけどやり方がよく分からないという人におすすめです。ここからはトライズの特徴をふまえつつ、効果が出る人、出ない人の違いについて見て行きましょう。

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語で自由に会話できるレベルに

トライズのコーチング英会話とは?

TORAIZ(トライズ)は1年間で1000時間(1日2~3時間)の勉強時間を確保してビジネスで通用する英会話を身につけることを目的としたマンツーマン指導の英会話スクールです。

トライズでは日本人が学校の英語教育で学ぶ機会のなかったリスニングとスピーキングに特化。ネイティブスピーカーの講師と、海外での生活・仕事の経験もある日本人コンサルタントの2名体制であなたをサポートします。

週3回のレッスンでアウトプットの機会もしっかり確保。日々の学習の定着度や課題をしっかり把握しながら進めていくので、91%の継続率、1点上げるのも難しいと言われるVersant(ヴァーサント)のスコアを1年で10~15点上げる等、注目すべき成果を出しているコーチング英会話スクールです。

【参考記事】
英会話テスト「VERSANT」とは?

これらのプログラムには、三木社長の英語学習ノウハウが反映されています。

という事は、これまでの解説で見てきた通り、人によって向き不向きがあると言えます。

トライズのコーチングで効果が出る人、出ない人の違い

トライズで効果が出る人は、リスニング・スピーキングに特化した学習に対応できる英語力の基礎ができている人です。

具体的には中学高校でならう英文法や単語の知識がインプットできている人、大学受験でセンタ試験のリスニング対策などもマジメにやった経験のある人です。

インプットが十分あって、英語の音にもある程度慣れている人であれば、ナチュラルスピードの英語のシャドーイングにも耐えられれますが、これらの基礎が抜けていると効果が出にくいでしょう。

 

一応、トライズには初心者向けの「プレトライズ」というプログラムがあり、そこでは文法の復習からスタートできます。バイリンガルの日本人コーチから勉強のコツを指導してもらえます。独学で文法の復習をどうしていいか分からない人にはオススメです。

3ヶ月コース、オンラインコースもあり

「1年間で1000時間と聞いて「そんなに長期間受講できない!」と思う人もいるでしょう。プロジェクト制の仕事をしている人だと1年先の仕事の予定が読みにくかったりしますからね。

「もっと短期間でやりたい!」という人向けにトライズには3ヶ月コースも用意されています。

気にいったら延長して受講期間を伸ばすという選択肢もあります。

また、遠方で通学できない人のためにオンラインコースも提供されています。

トライズの魅力
・あなたのレベル・目標をもとに個別カリキュラムを提示
・週2回のネイティブ講師とのオンラインレッスン
・週1回のネイティブ講師とのグループレッスン
・毎日の学習サポートで悩み・疑問をすぐに解決
・生活スタイルに合わせた毎日の学習計画表を作成
・Versant 3ヶ月で平均5点、12ヶ月で10~15点UP!!
・週3回オンラインレッスンにすることで遠方からの受講も可能

まとめ

今回紹介した、トライズ社長の三木氏の勉強法ですが、どちらかと言うと勉強に慣れている人、自分で計画的にすすめていける素養がある人であれば活用できそうな内容でした。

しかし、優先順位やゴール設定の仕方などは仕事にも使える考え方です。

その気になれば1年で人は変わるという刺激を受けることもできます。

英語学習はやる気になっても「自分はどこからスタートすればいいの?」と悩むことが多いです。現状のレベルや課題に合ったやり方が分からず、いつの間にかやめてしまう人も多いです。

短期集中で英語を身につけたい人は、本記事で紹介したトライズの無料カウンセリングを一度体験してみることをオススメします。

実際に話を聞くことで「自分に合っているか?本当にやりたいと思える内容か?」が分かるし、カウンセラーから英語の勉強のやり方について聞くだけでも価値があります。無料体験をしたからと言って、無理な勧誘をされることもありません。

気軽に申し込んで英語学習の新たなスタートを切りましょう!

TORAIZ(トライズ)


専属コンサルタントとネイティブ講師の徹底サポートで、1年で「話せる英語力」を身につける

レッスン有無 あり
サポート体制 メール、チャット
成果指標 Versant
講師国籍 日本人コンサルタント
外国人(レッスン担当)
受講期間 3ヶ月
6ヶ月
12ヶ月
料金 479,000円
773,000円
1,361,000円
入会金 50,000円
返金対応 全額返金保証(1ヶ月以内)
オンライン受講 可能

  • あなたのレベル・目標をもとに個別カリキュラムを提示
  • 週2回のネイティブ講師とのオンラインレッスン
  • 週1回のネイティブ講師とのグループレッスン
  • 毎日の学習サポートで悩み・疑問をすぐに解決
  • 生活スタイルに合わせた毎日の学習計画表を作成
  • Versant 3ヶ月で平均5点、12ヶ月で10~15点UP!!
  • 週3回オンラインレッスンにすることで遠方からの受講も可能