忘年会を2つ断ると14000円節約できる!!余ったお金を英語学習に投資しよう

12月です。年末です。

会社の同僚や取引先、同窓生などの忘年会の季節です。

年末進行で仕事も忙しく、年越しの準備で出費も多い時期にわざわざ飲み会を開こうという発想がさっぱり理解できないのですが、どうやら世の中には結構な割合で「忘年会に行きたくない人」がいるようです。

4割の人は忘年会に「参加したくない」

 

ちなみにホットペッパーの出しているデータによると、

忘年会の費用→平均4,218円
二次会の費用→平均2,949円

だそうです。

【参考サイト】データで見るみんなの忘年会

これを参考にすると、二次会まで巻き込まれる忘年会1回あたりの平均費用は7000円以上ということになります。

汗水ながして稼いだお金が、上司の自慢話や説教を聞かされたり、前の席の人と何の話題で盛り上げたらいいのか考えている間に終わってしまう。文字どおり1年の疲れを忘れるための酒を飲むためにお金が消えていく。

こんなイベントが立て続けにやってくるなんて、年始年始は何と恐ろしい季節なのでしょうか。

周りの空気に流されて参加したところで、だいたいいつも仲良くしているメンツとしか話さないし、そうじゃない人とは結局仕事がらみの話か天気予報の話題ぐらいしかないし。

皆さんは忘年会で「あれは最高に楽しかった!」みたいな思い出ってありますか?

幸いなことに、最近は忘年会にムリに参加しなくても許される空気になってきているようですが…

行きたくない忘年会は、サクッと断りましょう。

付き合いで仕方なく参加したって気疲れして終わるだけです。

しかも忘年会の店って、いつもより良い値段がする店を選んだり、飲み放題のお酒の種類が多くなってるお高めのコースになってたりしますよね、ムダに。つまらない話をしながらでは料理もおいしくないというのに…

さらに上司や先輩の機嫌をとって、説教や自慢話を聞いてあげて、家庭や学歴などプライバシーやコンプレックスに触れそうな話題は絶妙に回避しながら場を盛り上げないといけません。

 

なので、行きたくない忘年会は、サクッと断りましょう。

さきほどのホットペッパーのデータにもあるように、忘年会を一度断れば約7000円のお金が節約できます。

7000円もあれば、英語の勉強で使える教材がいろいろ買えてしまいます。TOEICの公式問題集なら、2冊新品で買ってお釣りがきます。

 

「来年こそは英語やるぞ~」とか言って忘年会で酔っぱらって管を巻いてるくらいだったら、イヤな忘年会を2つ断って、14000円節約して英語学習へ投資しましょう。

酒の席で大言壮語をはくよりも、サッサと行動です。

その第一歩が年末のムダな忘年会を断ることです。ムダな飲み会に消えるお金を英語学習の教材に投資することです。

14000円で明日からできる英語学習とは?

14000円もあれば、明日から英語学習を始める準備が十分にできます。

たとえばTOEIC対策にお金を使うことをイメージしてみましょう。

TOEICテスト受験料 5,725円
TOEIC公式問題集(1冊) 3,000円
スタディサプリENGLISH
TOEICコース
2,980円 × 2ヶ月
合計 14,685円

ちょっとだけオーバーしましたが、2ヶ月後にTOEICを受験するとして、テスト本番までみっちり活用できる公式問題集とTOEICアプリを手に入れることができます。

次にSkypeなどでレッスンを受けるオンライン英語を利用すると想定しましょう。

オンライン英会話の相場は月額5000~6000円なので、14000円あれば2ヶ月間は毎日英会話レッスンを受けられるようになります。

レアジョブ ネイティブキャンプ DMM英会話
月額料金 5800円 5950円 5980円
レッスン回数 1日1回 制限なし 1日1回
レッスン時間 25分 5~25分 25分
公式サイト レアジョブ英会話 ネイティブキャンプ DMM英会話

 

忘年会で仕事と天気予報の話だけをして時間を過ごすより、5000倍は有意義ですね。

 

また、一人でも英会話レッスンができる教材として、スタディサプリENGLISHの日常英会話コースがあります。

いきなり外国人と話すのはちょっと…と抵抗がある人におすすめなのがスタディサプリ ENGLISHです。

このアプリは月額980円という格安料金なので、14000円もあれば1年間以上アプリが使える計算になります。

 

いかがでしょうか?

特に行きたくもない忘年会に参加するくらいなら、欠席してお金を節約すればかなり有意義な英語学習ができると思いませんか?

来年の抱負も「今年こそ英語を!」にするのですか?

忘年会シーズンを終えて新年を迎えたら「新年の抱負」を決めますよね。

そのときに「今年は英語を勉強する!」という目標を入れる人は多いと思います。ですが、ほとんどの人は具体的な行動に出ることはありません。

新年の抱負って、今までどれか1つでも達成できましたか?

そもそも何で目標を決めるのが正月なのでしょうか?

正月って新しい年が気分が高まっているから、つい欲張って無理な目標を立ててしまう傾向があると思いませんか?テンションだけで決めた目標なんて、三日坊主になって当たり前です。

いくら「英語を頑張る」という抱負を掲げたところで勉強のやり方を調べたり、はてなブックマークにコメントをつけたりして過ごしているうちにノウハウばかりに詳しくなり、英語学習は何かと言い訳をして先延ばしにしているうちにうやむやになってしまうものです。

あるいは、高額な教材を買うだけ買って、最初の10ページだけ目を通して段ボール箱にしまうというケースもありますね。

そしていつの間にか1年がすぎて、来年の正月に再び「今年こそは英語」という豊富を掲げて無限ループを繰り返すことになるのです。

大言壮語をはくよりも、まずは行動です。

そのタイミングは正月ではなく、今日です。

今日からできること。

それは、なんとなく参加しているムダな忘年会を断って、お金を節約して英語学習に投資することです。気まずい思いをして飲み会を断れば、そのぶん結果を出さなきゃという気持ちも高まるはずです。

「あいつ、忘年会を断ってまで英語の勉強してるらしいけど全然結果出てないらしいぜ。」

こんな悪口を自分のいない所で言われるのは悔しいですよね。

べつに全部の飲み会を断れと言っているわけではありません。

さきほども述べた通り、忘年会なら2回断れば約14000円が節約できます。

その14000円を英語学習に使うのもよし。他の資格の勉強に使うのもよし。もしくは家族サービスや親孝行に使うのもよし。

ムダに気をつかうだけの忘年会ですり減るよりは、もっと自分のため、自分の大切なもののために時間とお金を使いましょう。