第234回TOEIC(2018年10月28日) 受験者の所感・振り返り

この記事で分かること
・第234回TOEICテストの所感
・私がTOEIC対策にした勉強内容
・TOEICスコアを伸ばしたい社会人におすすめの教材

第234回TOEIC公開テスト(2018年10月28日)が終了しました。

受験された皆様は大変お疲れさまでした。

日頃の勉強の成果を発揮できたでしょうか?

私のほうは、余裕をもって出発しようと思っていたのに、思いっきり寝坊してバタバタしながら会場へ向かいました(笑)

TOEIC公開テストを受験しての所感や振り返りなどをまとめてみたいと思います。

「個人的な反省点」
仕事のこととか色々思案していて、頭の中がごちゃごちゃしており、本番で3回くらいマークする場所を塗り間違えるという凡ミスをやらかしました。試験当日はTOEICに集中しましょう!と偉そうにブログで言っておきながらのこの失態。反省してます…

Toshi

第234回TOEIC公開テストの所感

さて、今回の公開テストも場所によって異なる問題(フォーム)が出題されました。

私の受けた問題はPart1で「コンピューターを操作する人達」「カメラの調整をしている男性」の写真があるやつでした。

例によってTwitter上では受験者がたくさん感想を書きこんでいましたね。

「リーディングの時間が足りなかった」
「難しかった、疲れた」
「リスニングが速くなったように感じる」
など、いろいろな感想、コメントが見られます。

2時間という長い試験時間で大量の英語を聞きとり、文章を読むので、集中力を維持しながら時間配分も考慮しなければならないので疲れますよね。

最近のTOEICでは大量の英文を読みこなす能力だけでなく、情報処理能力、文書の内容から本質的な意味を理解する読解力も要求されるようになっています。

出題形式が決まった試験ですから、TOEIC対策を練る側と試験を作成する側とのいたちごっこになることは否めません。

そんな中で、よりリアルな英語力(読む・聞く)を測定しようとすると、
・ひねった回答を正解にする
・リスニングにわざと早口の人の声を入れる
・リスニングにはっきり話さない人の声を入れる
・英文の中身を難しくする
・読む英文の量を増やす
・文章全体を理解しないと解けない問題を入れる

など、ある程度決まった打ち手しかないことが分かります。

第234回のテストは、リスニングのPart3、Part4のスピードが以前よりも速かった気がしますが、皆さんはどのように感じましたか?

特に1~2年ぶりに受験した人は、前よりも難しくなっていることを強く実感したことでしょう。

今後もTOEICのテストではこのような傾向が強くなるでしょう。

 

TOEIC直前対策!100%の実力を出せるテスト前日・当日の過ごし方

 

ちなみに、TOEIC公開テストの平均スコアはいつも560~580点前後になるように調整されます。

 

これは単純に正答数だけで採点するのではなく、全体の正答率なども考慮しているためです。

したがって不正解の問題があっても、リスニング・リーディングが満点になるという事も十分にありえます。

リーディングパートで慎重になりすぎた?

今回はTOEICに特化した対策には、あまり時間をかけていませんでした。ストップウォッチを使い、本番を想定した問題演習だけをしていました。

使用していた教材は【スタディサプリ ENGLISH】 TOEIC対策コースが提供している紙のテキストです。

これはアプリとは別売なのですが、TOEIC公式問題集を作成している人達が問題・解説の制作に携わっており、かぎりなく本番に近い問題で練習ができます。さらに受験英語・TOEIC対策のカリスマ講師である関正生さんによる解説動画もアプリ上で見ることができます。

私の場合、以下のように使い分けていました。
・問題を解くときは本番と同じ紙のテキスト
・解説の確認や、音読・ディクテーションなどの復習をアプリ

スタディサプリENGLISHの教材で問題演習をすれば「なぜ間違えたのか?」「どう考えれば正解を選べるのか?」を納得できるまでやり込むことができるので、スコアアップを目指す人にお勧めの教材です。

【TOEIC935点の私の一押しアプリ】

中学レベルの文法の見直しから800点以上ハイスコア対策まで対応!
最短2分からできるTOEICアプリの決定版

7日間まで無料で使い放題!まずはお試し!

 

さてさて、TOEIC本番の話しに戻ります。

問題演習をしているときは、リーディングも時間に余裕をもって終了できていたのですが、今日の本番では慎重になりすぎてしまったようです。確実に正解したいという思いが強く、1つ1つの問題に知らず知らず時間を余計に使ってしまったのかもしれません。

今回も時間ギリギリで解き終わりました…

第234回TOEICの難易度の感触・振り返り

私個人の各Partの難易度は次のようなものでした。

Part3の途中で集中力が途切れかけたので、自宅で問題演習していた時とりも聞き取りにくく感じました。

今回のリーディングはPart6が難しく、文章を読み返しても意味がよく分からないところがありビビりました(On chapterという語句を初めて見て、意味がイメージできず、固まってしまった)。

ここで時間配分をミスった気がします…Part7は急ぎ足で乗り切りました。

 

リスニングパート
Part1 易しい
Part2 ふつう
Part3 やや難
Part4 ふつう
リーディングパート
Part5 ふつう
Part6 難しい
Part7 シングルパッセージ やや難
Part7 マルチプルパッセージ ふつう

 

テストを受けた後って、他の人はどんな出来だったのかな?ってすごく気になりますよね。

自分が難しいと思った問題を、他の人も難しいと言ってるのを見たらなぜか安心感があるし、逆に簡単だったという投稿を見つけたら焦るものです(笑)。

他の人の流す情報に一喜一憂してしまうのが人間の性ですが、TOEICの所感については人それぞれ実力・レベルが違うので感じ方も様々だと言えます。

それに難易度の感想を言えるような人は既にTOEICを何度も受けている強者であり、一様に800~900点台のハイスコアの持ち主なので自分の感触と差があるのはむしろ当たり前ではないでしょうか?

TOEICの試験問題は持ち帰ることができないので厳密に過去の問題内容と比較して分析することはできません。あくまでも記憶に頼って、前回はああだったけど今回はこうだったという考察しかできません。

 

したがって客観的に試験ごとに難易度の比較をすることは不可能です。

受験者の主観に頼らざるをえないので、他者の感想をみて一喜一憂するのはあまり有益ではないと言えるでしょう。

 

自分の目標スコア達成に向けて、地道に前に進んでいくしかありません。

試験本番の手応えとテスト結果はあまり関係がありません。主観的な感覚に惑わされずに冷静に淡々と学習を進めていきましょう。

目標スコアに届いてないと感じた人は、悔しい気持ちが高まっているうちに次の試験に申込をして今後の学習に対するモチベーションを高めましょう。

はっきりした期限を設定しないと、どうしてもサボったり、ダラダラしたくなりますからね。

「追記」自己ベスト更新!!

11月19日にオンライン上でTOEICスコアが発表されていましたね。

私も早速チェックしたのですが、嬉しいことに今までの最高得点935点でした!

 

2018年は3回、公開テストを受験して925点、920点、935点という結果でした。平均すれば920点台は安定して取れるだけの実力はついているということでしょうか。

TOEIC対策のためにやっていたことは、スタディサプリENGLISHのTOEICアプリでひたすら問題を解いて、何度もくりかえし音読やシャドーイングをやって…という至ってオーソドックスな方法でした。ひたすら地道に続けることで、自己ベストである935点までたどり着きました。

 

スコアの変遷をたどるとこのようになってて、リスニングはスタディサプリENGLISHの効果を実感しています。リーディングはあまりレベルアップしてないですね…もはや英文読解というよりメンタル・集中力の問題です。

7日間無料体験!スタディサプリENGLISH

勉強のやり方、教材の選び方が分からない人へ

「どのテキストを選んでいいか分からない」
「従来の教材では何度も挫折してきた」
「一人だとサボってしまい、三日坊主になる」

これらに当てはまる人にとっては、もっと他のやり方でTOEICスコアを伸ばすほうが効果的です。

TOEIC特化アプリなら教材選びに迷わない

従来のテキスト・参考書での勉強が続かない人はTOEICに特化したアプリで勉強しましょう。

英語学習はとにかく続けることが大事なので、従来の教材に抵抗感がある人にはスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースがオススメです。実際に私も12ヶ月間使って、935点までスコアを上げることができました。

【1年で935点】スタディサプリTOEICの評判・口コミは?実際に使った効果を徹底レビュー

スタディサプリTOEICを使えば、TOEIC頻出英単語、文法、リスニング、リーディングの全てを網羅しているほか、人気TOEIC講師の関正生さんの分かりやすい5分解説動画も見放題です。教材選びや勉強のやり方が分からない人も安心して勉強を進めることができます。

また、オンラインでプロのTOEICコーチから個別指導を受けられるパーソナルコーチプランもあります。

独学でアプリで勉強しているときに、疑問や質問があったときに気軽に専属コーチに相談できるのは嬉しいポイントです。アプリだけの登録に比べると割高ですが「3ヶ月以内に絶対にTOEICで結果を出さなければいけない人」にはパーソナルコーチプランのほうが向いています。

TOEICコーチングなら2ヶ月で200点UPも狙える

一人ではどうやって勉強していいか分からない!
何から勉強すれば効率的なのか知りたい!
3ヶ月以内にTOEICスコアを200点上げないと昇進できない!

そんな人には、英語のプロが専属コーチとなってくれる短期集中型のTOEICコーチングを受講することをおすすめします。

英語学習ノウハウを熟知したコーチが、ひとりひとりの弱点・課題に合わせて学習プランや勉強内容を提案し、日々の学習をチャット・面談などのコミュニケーションを通じてサポートしてくれます。

ライザップイングリッシュPROGRIT(プログリット)、または大学受験向けの英語塾をバックボーンとするLePlus(レプラス)などが代表的です。どれも週1回など定期的にコーチングを受けながら、学習計画に沿って毎日自習を進めていくスタイルです。

 

おすすめは、科学的アプローチあなたに合った最適な学習法を提案してくれるプログリットです。

第二言語習得理論など言語学にもとづく英語学習コンサルティングによって「2ヶ月間で受講者のTOEICスコア平均150点UP」という成果を出しています。学習時間を確保するための生活リズムや仕事の進め方の見直しなど、ライフスタイル全般にわたってサポートしてもらうことで短期集中でのTOEICスコアUPを実現できます。

【プログリット】2ヶ月でTOEIC200点上げる短期集中英語コーチングの特徴、メリット、評判・口コミ

 

それぞれカリキュラムや受講形式に特徴があるので無料カウンセリング・無料体験でお試しした上で、自分に合うものを選ぶようにしましょう。

まとめると、次のようになります。

(1)対面の授業でしっかりTOEIC対策の講義を受けたい
RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)

(2)いつ、何を勉強すべきかを科学的にカッチリ決めてほしい
PROGRIT(プログリット)

(3)長年の英語塾ノウハウで単語・文法の基礎からしっかり教えてほしい
短期TOEIC塾LePlus(レプラス)

 

【TOEICコーチング参考情報】
TOEIC対策の英語コーチング 2ヶ月で100~200点UPできる3社を厳選比較