> 社会人におすすめの英会話スクール <

スパルタ英会話とレアジョブ本気塾を比較【講師、料金、レッスン】

この記事で分かること
・スパルタ英会話とレアジョブ本気塾の特徴の違い
・両社を比較して分かる、おすすめのポイント
・ネイティブ講師、グループレッスンを望むならスパルタ英会話
・忙しい人なら、オンライン英会話がメインのレアジョブ本気塾

短期集中でビジネスで使える英会話力を伸ばす指導が評判を呼んでいる、パーソナルジム方式の英会話スクール。

その代表的なものが、スパルタ英会話とレアジョブ本気塾の2つです。

両者ともコーチング型のスクールなので、ひとりひとりに専属のトレーナーや講師がつきます。

丁寧なカウンセリングで受講者のレベルや課題を分析して、最適な学習プランを作成、日々の学習をメールやチャットなどでサポートして2~3ヶ月で一気に英会話を上達することを目指して頑張ることになります。

 

今回は両者のサービスの特徴を比較していくので、スクール選びの参考にしてください。

スパルタ英会話とレアジョブ本気塾の期間と料金

両社の料金・受講期間をまず比較していきます。

スパルタ英会話

3つの受講期間から選ぶことができます。いずれのコースも、入会金50000円が必要です。

1レッスンあたりの料金は、人によって異なりますが、おおむね表の通りです。受講期間が長いほど、単価がお得になる料金設定になっています。

受講料金 1レッスンあたり
3ヶ月コース 450,000円 3,571円
4ヶ月コース 550,000円 3,273円
6ヶ月コース
720,000円 2,857円
レアジョブ本気塾

レアジョブ本気塾は現在「ハンズオンコース」の1つのみ選択できます。

ハンズオンコース(2ヶ月間)の料金は、
350,000円(税抜)です。
初期費用に50,000円(税抜)が別途かかるので1ヶ月の料金は20万円です。

 

スパルタ英会話の3ヶ月コースの1ヶ月あたりの料金は約16万6000円となるので、そちらと比較すると、レアジョブ本気塾のほうが少し料金は高めになっています。

スパルタ英会話とレアジョブ本気塾の講師の比較

どんな人がコーチになり、どんな体制で受講者をサポートするかはスクール選ぶにおいて重要な情報です。

スパルタ英会話の講師

スパルタ英会話は「トリプルマンツーマンシステム」が大きな特徴です。

マンツーマンレッスンを担当するネイティブスピーカーの講師と、レッスン以外の学習内容や計画を提案してくれるバイリンガルの日本人コーチです。

ネイティブ講師は週2回、マンツーマンレッスンをして英会話のアウトプット練習をサポート、復習すべき課題なども洗い出してくれます。

 

一方で日本人コンサルタントは2週間に1回、学習コンサルティングを担当します。学習の進捗やモチベーションの管理、学習内容の修正、スケジュールの調整などでサポート、受講者が最後まで継続できるようにどんな相談にでも乗ってくれる存在です。

さらにオンライン英会話レッスンを担当する講師が、サボリがちな自宅学習をサポートします。

レアジョブ本気塾の講師

レアジョブ本気塾の講師は、日本人バイリンガルがトレーナーとなります。ネイティブ講師はいません。

外国語として英語を学び、習得した経験を持つ人達です。社内での厳しい研修・試験をクリアして受講者に的確な学習アドバイスができる素養を備えています。

 

スパルタ英会話と違い、レアジョブ本気塾のトレーナーは英会話のレッスンは行わず、レアジョブのオンライン英会話ですべての英会話レッスンを行います。

トレーナーはオンライン英会話をフル活用するための学習法のほか、リスニング・ライティングなどの自宅学習のやり方や学習プランを提案してくれます。

そのほか、トレーナーは受講者に日々の学習内容の報告を行うので、徹底したスケジュール管理と進捗チェックも行います。

スパルタ英会話とレアジョブ本気塾のカリキュラムの違いは?

両社のレッスン内容、カリキュラムはそれぞれ次のような特徴があります。

まずはスパルタ英会話です。

スパルタ英会話の特徴
・マンツーマンレッスン(60分)
・オンライン英会話(25分)
・グループレッスン受け放題
・学習コンサルティング(60分)
・個別カスタマイズの学習プラン
・オリジナルテキスト、動画教材

つづいて、レアジョブ本気塾の特徴は以下の通りです。

レアジョブ本気塾の特徴
・回数無制限のオンライン英会話
・リスニング、ライティングを重視した自宅学習
・個別のレベル、課題に合わせた学習プログラム
・徹底したスケジュール管理と進捗チェック
・週に1度のトレーナーとの対面セッション

スパルタ英会話とレアジョブ本気塾の場所の比較

両社ともに通学型の学習スタイルなので、定期的に店舗へ通う必要があります。

 

スパルタ英会話は新宿御苑にグループレッスン、マンツーマンレッスンを行う店舗があります。(通学できない人のためのオンラインコースもあります。)

 

他方のレアジョブ本気塾は渋谷、原宿の2ヵ所に対面セッションを行う店舗があります。

 

入会を検討するときは、定期的に新宿や渋谷に通うことが現実的に可能かをチェックしましょう。

スパルタ英会話はどんなレベルでもOK!レアジョブ本気塾は?

受講者の英語レベルはどういう想定がされているかをチェックしましょう。

スパルタ英会話の場合、中学英文法を覚えているレベルであればスムーズに学習をスタートできます。

中学レベルの英語も忘れている人のために、日本人講師による中学レベルの英文法カリキュラムも用意されているので、超初心者でも自分のレベルに合わせて最適な学習ができます。

 

しかし、レアジョブ本気塾のほうは「TOEIC600点以上」が目安として設定されています。

つまり、中学高校で習う文法はおおむね理解できていて、ゆっくりではあるが英文を読んだり、リスニングができるレベルの人を想定しています。

600点以下の人は絶対NGというわけではありませんが、ある程度の基礎はできている人に最適化されたカリキュラムだと言えます。

スパルタ英会話とレアジョブ本気塾、おすすめはどっち?

ここまで両社の特徴を見てきました。

 

どちらも効果的な英会話の学習法にもとづき、ひとりひとりに合わせたカリキュラムを組んで短期間でのレベルアップを実現してくれるのは魅力的ですね。

それぞれの魅力もありますが、「こういう事がしたい」という明確な要望があなたにある場合、スパルタ英会話とレアジョブ本気塾のどちらを選ぶべきか解説します。

スパルタ英会話がおすすめの人

・ネイティブスピーカーから対面でレッスンを受けたい
・グループレッスンも受けて、他の受講者と交流したい
・週に何度か新宿御苑まで通学できる時間的余裕がある
・日々の細かいスケジュール管理や拘束は受けたくない
・中学レベルの英語からやり直したい

 

レアジョブ本気塾がおすすめの人

・英会話レッスンはオンラインだけでも大丈夫
・トレーナーから毎日の学習管理の指導も受けたい
・時間に余裕がないので、週1回の通学が精一杯だ
・リスニング、ライティングのトレーニングもしたい
・一生使える英語学習法と習慣をトレーナーに教えてほしい



全体的な比較をすると、マンツーマンレッスン以外にオンラインやグループ形式の英会話レッスンも受けて会話量をとにかく多くしたい人はスパルタ英会話のほうが向いている一方で、レッスンはオンラインだけでも大丈夫だから、日々の学習管理をしっかりやって一生使える英語学習ノウハウや習慣を身につけたい人はレアジョブ本気塾のほうが向いていると言えるでしょう。

迷ったときは、気軽に無料体験に行ってみよう

英会話スクールに通うことは高い買い物になるので、実際のスクールや講師の雰囲気をチェックして自分が本当に通いたいと思えるところに絞り込むことが大切です。

迷ったときは気軽に無料体験に申し込んでみましょう。


スパルタ英会話

語学留学に匹敵する量の英会話レッスンができる!マンツーマンレッスン、グループレッスン、オンラインレッスンの3つを組み合わせ、記憶の仕組みに基づく学習メソッドで効果的かつ短期集中で英語力を伸ばします。
・1人につきネイティブ講師と日本人コーチの2名体制で指導
・毎日通い放題、日本語禁止のグループレッスン
・1日2~3時間の自習時間が必要
・週2回のマンツーマンレッスン
・週2回のオンライン英会話レッスン
・定期的なカウンセリングで学習方法、やる気を管理

レアジョブ本気塾

オンライン英会話最大手による短期集中型の英語パーソナルジム。本気で英会話を習得したい人のための、専属トレーナーによるオフラインでの学習指導とオンラインレッスンの組み合わせによる効果的な英語学習を実現する学習プログラム。
・専属トレーナーが提案するオーダーメイドのカリキュラムと教材
・週1回のセッションで学習成果と状況の確認
・トレーナーが受講者のオンライン英会話を観察して課題を分析
・レアジョブ英会話のレッスンが受講期間中は受け放題
・1日2~3時間の自習時間の確保