ライザップイングリッシュ体験談の感想・口コミから分かる、効果が出る人や受講メリット

この記事で分かること
・ライザップイングリッシュで得られる最大のメリット
・ライザップイングリッシュは向いてる人、向いてない人
・ライザップイングリッシュに入学したらどんな勉強をするのか

「結果にコミット」のキャッチコピーで有名なライザップ。

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)はダイエットのビフォー・アフターと同様に「TOEICスキルを短期間にアップ」するコンセプトのもと順調に伸びているようです。

 

今回、ライザップENGLISHの無料カウンセリングを体験してみました。

Toshi

今回はライザップ式の英語学習メソッドに興味を持っていた友人(30代)に無料カウンセリングを受けてもらいました!

結論からいうと、ライザップENGLISHは

「TOIECを短期間にアップしたい」

そう願うビジネスマンや就活生にとって非常に魅力的なサービスです。

一方、ビジネスの実際の場面で通用する英会話を身につけたい人にとっては物足りないところもあるようです。

 

ここからは、友人の受けた実際のカウンセリングの様子を紹介します。

ライザップENGLISHを検討した理由

ここからは友人に無料カウンセリングの体験談・感想を語っていただきます。リアルな口コミ情報を探している方は、ぜひ参考にしてください。

K君

はい。まずライザップENGLISHを検討した、私の背景をお話します。

現在私はインターネット関連の仕事をしており、仕事柄海外のインターネットに関する情報を調べることがあります。

そういった際はクラウドソーシングの方々に翻訳をしてもらうのですが、私自身英語は学生時代に受けたTOEICスコア450点のままで止まっているので、翻訳の良し悪しがチェックできません。

また直接英語を読むことができないので、情報収集のスピードも遅いと常日頃感じていました。

なので、短期間にリーディングのスキルをアップさせたいと思ってライザップENGLISHの無料カウンセリングを申し込んだのです。

丁寧なメールのやり取りが好印象


ライザップENGLISHの無料カウンセリングまでの流れは

・公式サイトで申し込み
・電話とメールで返信が来る
・予定日をライザップENGLISHと調整
・カウンセリング室に訪問

という形になっています。

私が訪問したのは渋谷のカウンセリングルームでしたが、驚いたのは予約の取れにくさです。

日程調整をする際に、すでに2週間先まで予定が埋まっており、ライザップENGLISHの人気の高さを感じました。

 

おそらくドタキャンを防ぐためのものだと思われますが、予約日の3日前に確認のメールがきたのも好印象でした。

無料カウンセリング当日の体験内容

最初にヒアリングシートの記入

カウンセリング当日に店舗に行くと、まずカウンセラーの方にヒアリングシートの記載を求めれます。

・ライザップENGLISHを検討したきっかけ
・ライザップENGLISHで達成したい目標
・その目標はいつまでに達成したいのか?

といったことを記載するのですが、こちらの本気度をライザップ側が確かめているような気がしました。

ライザップENGLISHのカウンセラーとの面談

ヒアリングシート記載が終わると、カウンセラーとの面談が始まります。

そのときの会話を再現してみます。

カウンセラー(以下カ)「こんにちは、お仕事で英語を使われるということですね。はじめにライザップENGLISHに具体的にどういったことを期待しているのかを教えてください。」

K君(以下K)「私は普段海外のサイトの文献を翻訳してもらうのですが、英語ができないため、納品してもらった良し悪しがわからないですし、自分で多少読めたほうが翻訳すべき文章かどうかもわかるので、そういった問題を解決したいと思っています」

「そうですか…そうしましたらリーディングをトレーニングしたいということだと思うのですが、ライザップENGLISHはリスニングを外すことができないんです」

K「そうなんですね、リスニングとリーディングの時間配分はどれくらいですか?」

「半分半分です。あと仕事で使う英単語と、ライザップENGLISHで覚える英単語が必ずしも一致するとは限りません。こちらが実際の勉強に使う参考書です。」

 

ここで、2冊の単語集を渡されました。

1冊につき1000語ほど掲載されており、700までだったら1冊、それ以上を目指すのであればもう1冊を覚える必要があるということです。

 

ライザップENGLISHでは単語を見ただけで、0,5秒~1秒以内に正解がいえるようにトレーニングをするようです。

実際に単語帳を見てみましたが、私が仕事で使うような単語というよりも、大学受験のときに覚えたような単語が多い印象がありました。

Toshi

K君が紹介された英単語の勉強法は、私が独学でTOEIC900点以上を取ったときにも実践していました。英単語は何度も見て覚えるのがポイントです。

「TOEICスコアが短期間にアップするだろうな」という内容

ライザップENGLISHの強みはTOEIC対策

よくよく話を聞いてみると、ライザップENGLISHはTOIEC対策に特化しているため、実際の勉強の中身もTOEICスコアアップに合わせてあります。

・こういった問題の際はこれが正解
・この単語が試験に出やすいので徹底的に反復

といった形式の勉強を集中的にやるそうです。テストに出る部分に絞り込んで反復学習を行うので、確かに短期間でスコアを伸ばしやすいと感じました。

ライザップENGLISHのレッスンの流れ

週2回のレッスンではライザップENGLISHの店舗に行き

・小テスト
・コーチからのフィードバック

を合計1時間程度(1回につき)受けるという流れです。

レッスン以外の日は自分で時間を確保して勉強を進めていきます。1日の勉強時間はその人の目標にもよりますが、1日3時間の勉強が必要になることもあると、カウンセラーの人は語っていました。

ライザップENGLISHは顧客のやりたいことに向き合っていた

英会話スクールというところは迷っている人に対して営業トークで勧誘行為をかけることが多いと思っていたのですが、ライザップENGLISHのカウンセラーの接し方はすごく意外でした。

実は、カウンセラーの方と話をしているなかで、私のニーズはライザップENGLISHのカリキュラムでは満たされないだろうという事が分かっていました。

そうすると、カウンセラーの方が次のように言いました。

「こんなことをいうのは間違ってるかもしれませんが、申し訳ないのですがライザップENGLISHではお客様のやりたいことを叶えることができません。」

との言葉。

リスニングなどをやることで、リーディング力向上の成果につながるという説明があったので「迷っているならとりあえず始めてみましょう!」みたいに強引な営業をされるのかと思っていたのですが、意外にも正直に伝えてもらったことが好印象でした。

今の私にはTOEICスコアを上げたいというニーズはありませんが、今後もしTOEICを勉強しなければならないと思った際はライザップENGLISHに相談をしようとも思いました。

一方で実用的な英会話は身につかないかも?

ライザップENGLISHはTOEICを短期間にアップさせるノウハウはかなり持っている印象がありました。

その一方で、海外の方とのフリートークはおそらく難しいだろうなと感じました。そもそも英語でフリートークをするということ自体が非常に難しいのですが、そういったことを期待する方にはライザップENGLISHは向いていないでしょう。

ただし、TOEICコースのほかにビジネス英語のフレーズを反復して覚える英会話力養成コースというコースもあるようです。

こちらもフレーズを覚えるのがメインで、英語の定型文のテンプレートを短期間にたくさん覚えることができます。確かにフレーズを言う練習を繰り返すことで英語が口から出やすくなる(英語脳を鍛える)と思いますが、いわゆる「英語ペラペラ」のレベルとは違います。

ライザップENGLISHの感想 まとめ


無料カウンセリングを受けたK君の印象は以下の通りです。

・顧客のやりたいことに真摯に向き合っている
・TOIECスコアを短期的にアップさせたい方におすすめ
・実用的な(仕事でリーディングを使う、海外の人と話せるようになりたい)英語学習をしたい方には向いていない

無理な勧誘をせず、顧客の目指したいことと自社の学習プログラムがマッチしているかを正しく見極めようとする姿勢は私も好印象です。

 

ライザップENGLISHに限らず、英会話スクールへの入会は高い買い物です。検討している方は一度無料カウンセリングを受けたほうが良いですね。

 

以上、K君にライザップENGLISHの無料カウンセリングの感想を語ってもらいました!

 

体験談の中で「実用的な英会話は身につかないかも」という意見がありましたね。

 

「なんだ、結局ライザップって英語が話せるようにならないんだ…」

 

こう思った人もたくさんいるかもしれませんが、短期集中型のプログラムではできる事に限界があると私は思います。

2ヶ月間でTOEICスコアも上げて英会話も身につけようと思うなら、1日10時間は英語学習に使わっても足りないでしょう。そして社会人にはそんな時間はありません…

 

一応ライザップENGLISHにはスピーキングコース、英会話養成コースというのがありますが、メインでやることは英語の構文を声に出して「発話」することを徹底的に行うというトレーニングです。

これは日本人にありがちな「文法や単語は知っているけど英語が話せない」という悩みを抱えている英会話初心者にとても良いトレーニングです。

英語を口に出す練習を反復することで、知識としての文法や単語を、声に出して言えるレベルへと高めることができるからです。

つまり、ライザップENGLISHのプログラムは基本的に英語初心者が一皮むけるために設計されていると言えます。

 

【参考】ライザップ式英会話スクールのサービス内容

 

ビジネスの場面で英語をバリバリ話したりするレベルに達するには、まず英語で抵抗なく発話できるという基礎が必要です。

 

ネイティブレベルを目指すのではなく、ほとんどの日本人に足りない「発話」の基礎トレーニングに専念する。

このように、短期間で「英語の結果にコミット」するためには、やるべき事を絞り込むことが肝要です。

 

私自身、初めてTOEICで800点以上を達成したときは、2ヶ月間はTOEICの勉強だけに専念していました。設定した目標に合わないことをその期間内はやらないという優先順位付けが英語学習でも大切だと私は考えています。

 

今回の体験談を読んで、ライザップENGLISHに興味がわいた人は、公式サイトから予約して無料カウンセリングを体験してみましょう。「百聞は一見に如かず」です。

人気でなかなか予約が取れないので、申込はお早めに!

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)

「結果にコミット」で圧倒的知名度を誇る英語パーソナルジム。徹底したカウンセリングで一人一人の目標やレベルをチェックしてオーダーメイドのカリキュラムを立案。TOEICスコアアップ、スピーキング、英会話力養成など様々なコースから自分に合ったものを選択できます。
・TOEIC900点以上のバイリンガル講師が専属トレーナー
・レッスン以外も日々の学習の相談、アドバイスが可能
・ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの学習内容
・1日2~3時間のシュクダイ制度
・週2回の通学型のレッスン
・高速レスポンス特化型トレーニングで英語脳を伸ばす