【TOEICの結果にコミット】ライザップイングリッシュのサービス内容【料金、レッスン】

この記事で分かること
・ライザップイングリッシュで英語力が伸びる理由
・日本人バイリンガル講師から学ぶメリット
・ライザップイングリッシュのコースと料金

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)は「結果にコミット」のCMで有名になったパーソナルトレーナー付きジムのRIZAPの英語版とも言えるサービスです。

ダイエットのトレーニングや食事管理と同じく、英語学習の「専属トレーナー」がついてマンツーマン形式で英語力アップを徹底サポートする、パーソナルジム型の英会話スクールです。

興味があるけど、私にも続けられるか不安…
無理な勧誘されそうで怖い…
普通の英会話スクールと何が違うの?

ライザップ式の英会話スクールのサービス内容はどんなものなのでしょうか?気になるポイントを解説します。

ライザップイングリッシュの運営会社

ライザップってダイエットでしょ。英会話スクールなんて始めて大丈夫なの?

ライザップイングリッシュを運営するRIZAP ENGLISH株式会社は、ライザップ社と英語学習関連の事業を行う「アチーブゴール社」の2社が共同出資で設立された企業です。

株式会社アチーブゴールは英語講師派遣、海外留学支援、オンライン英会話などの英語関連の事業を手掛ける会社です。ライザップイングリッシュは、アチーブゴールの英語関連事業のノウハウと、ダイエット事業で培った「一緒に困難を乗り越えて目標を実現する」ためのメソッド・ブランド力が融合した英会話スクールです。

ライザップイングリッシュのサービス内容

ライザップイングリッシュでは講師のことを「トレーナー」と呼びますが、受講者と二人三脚で寄り添うという姿勢が強いのが特徴です。

高速レスポンス特化型のレッスンも、インプットからアウトプットへの流れを大事にしており、身につけた知識をちゃんと活用して英語が聞き取れる、話せるようになることを目指した地道なトレーニングを積み重ねていきます。

その他の特徴も見ながら、ライザップイングリッシュがなぜ成果が出せるのかを解説していきます。

ライザップイングリッシュの特徴
  • マンツーマン形式の専属トレーナー制
  • ひとりひとりに合わせたカリキュラム立案
  • レッスン日以外は1日2~3時間の「シュクダイ」が課される
  • 高速レスポンス特化型トレーニングで発話のスピードを上げる
  • ネイティブレベルの英語は目指さない

マンツーマン形式の専属トレーナー制

ライザップイングリッシュはマンツーマン形式のレッスンに特化しています。既存の英会話教室のようなグループレッスンは無いので、他の受講者のことは気にせず、勉強に集中できます。

トレーナーはあなたのためだけに指導をしてくれるので、時間を有効活用できます。

店舗への通学は週2回のペースで行います。

1回あたりのレッスン時間が50分で「英語脳」を鍛えるためのアウトプット重視の内容です。それに加えて、毎日の自主学習の成果をチェックするための確認テストを30分で行います。

専属トレーナーは日本人講師で、留学経験などがあるバイリンガルです。トレーナー自身が苦労しながら英語を習得してきた経験があるので、これから英語をやり直す人の悩みに正面から向き合い、適切なアドバイスをすることができます。

 

ライザップイングリッシュでは週2回の通学が必須で、オンライン受講のコースはありません。

必ず東京都内のいずれかの店舗に通う必要があります。入会を検討するときは自宅や勤務先が遠すぎないか考慮する必要があります。

 

【参考】都内のライザップイングリッシュの店舗情報まとめ

ひとりひとりに合わせたカリキュラム立案

ライザップイングリッシュではカウンセリングの内容をもとにして個人の目標・レベルに合わせた最適なカリキュラムを作成してくれます。

カウンセリングの際には、専門のカウンセラーが「英語の悩みや目標」「いつまでにそれを達成したいか?」「家でどんな風に過ごしているか?」「普段どれくらい英語を勉強しているか?」など細かい質問をゲストに尋ねます。

「昇進試験のため3ヶ月後までにTOEICを200点上げたい」
「英語での会議で言葉につまらず発言できるようになりたい」

などのように、人によって英語学習の目標は様々ですからね。ライザップイングリッシュではこの辺りもしっかり考慮してくれます。

このヒアリングの内容をもとに受講期間中の目標やスケジュールを立案します。

 

ヒアリングの後は、現状の英語力を測るテストも行います。英文法、リスニング、スピーキングなどの英語力を形成する各スキルを評価して、ゲストの得意・不得意を見極めることでどこを重点的に強化して英語力を総合的に伸ばしていけばよいかを分析します。

たとえTOEIC500点レベルの人でもリスニングが苦手なのか、文法の基礎がダメなのかによって、学習する内容が異なるのがライザップイングリッシュの特徴です。

 

以上のように、テスト結果とヒアリングの内容を合わせてオーダーメイドのカリキュラムを提案してくれます。ここまでをカウンセリングの間にやってくれるので、正直これを聞くだけでも参考になります。

使用する教材はオリジナル

ライザップイングリッシュでは基本的にオリジナルの教材を使い、ライザップ式の英語学習を実践してもらうことになります。カリキュラムの内容、受講者の目標によってはトレーナーの判断でTOEIC公式問題集などの市販教材を取り入れることもあります。

オリジナル教材は料金の中に含まれていますが、市販教材が必要な場合は別途購入する必要があります。

1日2~3時間のシュクダイ制度

今までの英会話スクールはレッスンの日にだけ受講生と講師がコミュニケーションを取っていました。

ライザップイングリッシュでは週2回のレッスン以外もシュクダイ(宿題)がトレーナーから出されます。

シュクダイはスキマ時間をフル活用して1日2~3時間の時間をかけて勉強するように出されます。

 

宿題の分からないことや悩み相談もトレーナーにLINEやメールで連絡することができます。シュクダイの進捗状況をトレーナーに報告する必要もあります。対面でレッスンをしない時の自習時間中も、トレーナーが伴走してくれている(見張られている?)感覚があるので、英語学習をサボらずに継続しようという気持ちをキープしやすいです。

 

ちなみにレッスン日に行う確認テストで毎日の学習成果がチェックされるので、サボったりウソの報告をしても一発でバレてしまいます。

ライザップイングリッシュのトレーナーは魔法使いではないので、何か呪文を唱えて受講生を「英語が話せる人」にしてくれるわけではありません。

ダイエットと同じく頑張るのは自分自身ですが、専属トレーナーは途中で挫折しないように「こうすれば週2回のレッスンと1日3時間の自習を達成できる」というカリキュラムを提案してくれます。

数ヶ月はトレーナーを信じて走り切ることができれば、必ず英語力を伸ばせるでしょう。

高速レスポンス特化型トレーニングで発話のスピードを上げる

ライザップイングリッシュでは英語脳を鍛え上げることを目指したレッスンを行います。

TOEIC800点でも英語が話せない…

こういう悩みを抱える人がいるのは、「発話」のトレーニングが足りていないせいです。伝えるべき言葉を思い浮かべることができても、それを反射的にパッと英語に変換して口に出すことができないのです。

それを改善するためには地味な反復トレーニングを続けるしかありません。

筋トレと同じです。

ライザップイングリッシュでは中学英語レベルの単語・構文を使って英語を話すときの口の動かし方を体で覚えて、「講師からの質問」に一瞬で応答できるように練習をひたすら繰り返します。

そうすることで、パッと英語が出てくるスピード感を身につけて、脳内のイメージを日本語を介さずに英語で言う感覚を体にしみこませることができます。

受験勉強で文法や英文読解だけをやってきてTOEIC600点辺りの人などには、高速レスポンス特化型のトレーニングはとても効果的です。単語や構文のストックはたくさん記憶しているので、それを素早く取り出せる回路を作ってあげることで「英語脳」が形成されるからです。

 

ライザップイングリッシュのレッスン手法は「瞬間英作文」を使った学習法と似ています。

瞬間英作文も、中学レベルの構文の日本語を聞き、それを自分で英語に言い換えるという、地味な練習をひたすら繰り返す学習法です。私は過去に瞬間英作文を何回もやって、車の運転中などにもCDを聞きながら英語をぶつぶつ言ったりする勉強をしていました。

瞬間英作文をやることでオンライン英会話で英語を話すスピードが上がったという実感がありましたし、リスニングも語順の通りに理解する能力が向上して、TOEICにも役に立ちました。

このような発話のトレーニングはとても効果的なのですが、地味な反復練習になるので独学だと飽きやすいという欠点があります。ライザップイングリッシュならば、専属トレーナーと一緒にできるので続けやすいと言えます。

ネイティブレベルの英語は目指さない

ライザップイングリッシュでは「ネイティブスピーカーの英語」を話せるようになることを目指していません。

英語脳を鍛えると言っているのにネイティブレベルは目指さないのは矛盾している、納得できないと思う人もいるかもしれませんが、ライザップイングリッシュの提供する2ヶ月のレッスンでは「できること」と「できないこと」の限界があります。

たとえTOEICスコアが900点以上でも、英語のニュースや洋画のセリフを正確に聞き取ることは難しいし、発音やアクセントはどんなに練習しても日本語の癖が抜けないものです。

ところで、世界で話されている英語を見てみると、非ネイティブの人のほうが圧倒的に多いのが現状です。仕事や生活で英語を使う人口は約17.5億人と言われていますが、そのうちネイティブの割合は約4億人、残りの13億人以上は非ネイティブです。

 

日本語訛りが激しい発音だと全く通用しないですが、ある程度正しい発音を身につけさえすれば英会話は成立します。(むしろ発音よりもその人の話す内容、言葉の選び方のほうがはるかに大事です。)

つまりライザップイングリッシュでやるようなアウトプット重視のレッスンを積み重ねて、正確な文法・語彙を使うことができればコミュニケーションは成立するので、ネイティブと同じレベルの発音やこなれた表現までを習得することに特別こだわらなくてもよいのです。

 

そもそも、ネイティブレベルの英語に到達するには、2ヶ月のレッスンでは全然足りません。

 

ライザップイングリッシュは「自社のサービスでできないこと」を分析した上で、受講者に正しく情報を伝えて、間違った方向へ突っ走らないようにしてくれているのだと思います。

ライザップイングリッシュにはネイティブスピーカーの講師はいなくて、トレーナーはバイリンガルの日本人です。

トレーナー自身が苦労しながら英語を習得したからこそ、日本人が英語のどこでつまづきやすいか、こういう問題を抱える人にはどんなアドバイスをしたらよいかを、ネイティブスピーカーよりも深く理解できています。

 

TOEICコースを受講するような、これから英語の基礎をしっかり身につけなければならない人達の場合、むしろ日本人に指導してもらって「なぜ今これをやるのか?」「この勉強をするとどうなるのか?」ということを教えてもらった上で勉強するほうが効率的でさえあります。

 

これらを理解して、2ヶ月間トレーナーを信じて頑張りぬける人は、ライザップイングリッシュで確実に英語力を伸ばしていけるでしょう。

ライザップイングリッシュ体験談の感想・口コミから分かる、効果が出る人や受講メリット

 

ライザップイングリッシュのコースと料金について

ライザップイングリッシュにはTOEICスコアアップ、実践的な英会話に特化したコースの大きく2種類があります。料金はコースや受講期間によって異なります。

また、いずれのコースに申し込むときも入会金50,000円がかかります。

 

TOEICスコアアップコース
回数 受講期間 価格(税別)
全16回 2ヶ月 328,000円
全24回 3ヶ月 450,000円
全32回 4ヶ月 572,800円
スピーキングコース
回数 受講期間 価格(税別)
全17回 2ヶ月 328,000円
全25回 3ヶ月 450,000円
英会話力養成コース
回数 受講期間 価格(税別)
全25回 3ヶ月 450,000円

おおまかに計算すると、1ヶ月あたり150,000円という値段となります。
これに追加で入会金50,000円が必要です。

 

ライザップイングリッシュの店舗はどこ?

ライザップイングリッシュは人気の英会話スクールなので順調に店舗を増やしています。

2018年時点で新宿、新宿御苑、渋谷、池袋、銀座、日本橋、秋葉原に店舗があります。残念ながら東京都以外にはまだ出店いません。

【参考】都内のライザップイングリッシュの店舗情報まとめ

迷っている人は無料カウンセリングへ

ここまで、ライザップ式の英会話スクール「ライザップイングリッシュ」の特徴について解説してきました。

 

しっかり頑張れば確実に成果が出ると期待してよさそうですが、誰でもウェルカムなものでもないという事も実感していただけたと思います。

【参考】ライザップイングリッシュのレッスンに向いてない人の特徴

 

無料カウンセリングを受けることで、ライザップイングリッシュの雰囲気やトレーナーとの相性などを知ったり、サービス内容について質問することで理解を深めることができます。

入会を検討している人は、まず無料カウンセリングを受けてみることをお勧めします。

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)


圧倒的知名度とダイエット事業で培った万全のサポート体制

レッスン有無 あり(週2回)
サポート体制 面談、チャット
成果指標 TOEICスコア
講師国籍 日本人バイリンガル
受講期間 2ヶ月
料金 328,000円
入会金 50,000円
返金対応 30日間全額返金保証
オンライン受講 不可

  • 日本人バイリンガル講師が専属トレーナー
  • あなたのレベルと課題に合わせた学習プランを設計
  • 高速レスポンス特化型トレーニングで英語脳を鍛える
  • 勉強法が分からない初心者のメンタルケアも万全
  • 受講者のTOEICスコア100~200点UP