コーチング英会話スクールで短期間で成果を出せる秘訣【従来型スクールとの比較分析】

最近話題になっている短期集中型のコーチング英会話スクールについて解説します。

学習者

「これまで英会話スクールやオンライン英会話をやったけどダメだった」
「独学でTOEICの勉強をしてみたけど、成果がいまいちだった」
「英語をやり直したいけど、どうやって勉強すればよいか分からない」

これまでに英語学習で上手くいかなった人、英語が必要になりそうだけど何から勉強すればよいか分からない人はたくさんいると思います。

特に「3ヶ月後に通訳なしで英語で商談しないといけない」「国際部門で働くためにTOEIC800点以上が必要」みたいに短期間で結果を出したい事情がある場合、下手な勉強をして失敗するわけにもいきません。

このように英語が必要な差し迫った状況にある人には「自分だけの専属コーチ」がつくコーチング英会話がおすすめです。

極論すれば英語は独学でも習得できますが、失敗や回り道も多いです。したがって、仕事や家事で忙しい社会人は、英語のプロからムダのない勉強法を教わったほうが結果的に速くレベルアップできます。

本記事では2年間にわたりコーチング英会話を調査してきた筆者が、従来の英会話スクールと比較したコーチング英会話の強みやメリット、おすすめのコーチング英会話スクールの情報について紹介していきます。

これまでの英語学習法の問題点

これまで英会話やTOEICを伸ばすための勉強法には次のようなものがありました。

今まで色々と試してみたけど、実力がなかなか伸びずに挫折を味わった人も多いと思います。

(1)駅前にある従来の英会話スクール
(2)フィリピン語学留学
(3)自力で独学(市販の教材、オンライン英会話など)

それぞれ長所、短所があってやり方を間違えると時間とお金を浪費して終わってしまうことも多いです。

ここからは、それぞれのデメリットや失敗の原因を解説します。(横スクロールできます)

フィリピン語学留学 従来の英会話スクール 自力で独学
長所 ・英語学習に集中できる
・マンツーマン授業
・駅前の便利な立地
・楽しく英会話ができる
・やりたいことができる
・お金がかからない
短所 ・仕事をやめる必要あり
・渡航費、生活費もかかる
・学習時間が足りない
・英会話以外は学べない
・質問ができず疑問を解消しにくい
・勉強をサボりやすい

①フィリピン語学留学

フィリピン語学留学は短期間で英語力を伸ばすにはとても有効な手段です。

筆者自身、過去に30日間セブ島の語学学校で勉強し、英語力を伸ばすことができました。

しかし、社会人が1ヶ月以上フィリピン留学を始める場合、今の仕事を辞めることになります。会社を辞めて転職活動を始める直前など、特別な条件がないと選択しにくいというデメリットがあります。

英語圏への留学に比べれば割安ですが、一定期間は海外で暮らすので授業料に加えて生活費や渡航費などもかかります。

英語コーチング(RIZAP ENGLISH)とフィリピン留学の費用を比較すると、おおむね次のようになります。

2ヶ月間の費用比較
RIZAP ENGLISH 37.8万円*入会金含む
フィリピン留学 45~60万円*渡航費・生活費含む

また、フィリピンの語学学校もピンからキリなので、良い学校を選ぶのも一苦労です。

なかには勉強に集中できず、楽しい思い出だけを作って終わってしまう人もいます…

私の一押しは「サウスピーク」です。渡航前からの学習プランの提案もしてくれるほか、現地でもストイックに勉強する環境が整っています。3ヶ月でTOEIC「平均」200点UPという大きな成果を上げています。

Toshi

②従来の英会話スクール(駅前留学)

従来型の英会話スクールのデメリットは以下の2つです。

・勉強時間がぜんぜん足りない
・英会話以外は学べない

たしかにネイティブの先生や他の生徒たちとの交流を楽しみ、和気あいあいと英語に親しめるという点では良い環境です。

しかし英語を話す練習をしているだけではビジネスで通用する英語力を身につけることはできません。

スピーキングを実用レベルまで伸ばすには文法や英文読解、リスニングの基礎を学ぶプロセスが欠かせません。

本来は英会話レッスン以外の時間も自習することが必要ですが、従来の英会話スクールは「英語でのコミュニケーションを楽しむ機会を提供する場所」となっているので自力で勉強するときの方法まで教えてもらうことは期待できません。

グループレッスンが主体なので週1回。

60分の授業でも自分が実際に発言できるのは5~10分程度です。

これでは、英語を話せるようになるための勉強時間がぜんぜん足りません。

③独学(市販の教材・オンライン英会話)

独学は費用も安上がりで、自分のやりたい事が自由にできるという長所があります。

しかし、勉強中に分からないことが出てきた時に疑問を解消する手段がありません。さらに間違った方法で進めたり、自分のレベルに合ってないことを無理にやったりすると、効果が表れにくいので挫折しやすいです。

格安料金で英語が話せるオンライン英会話も、予習復習をサボったり、基礎が身についてない状態でやっていると効果は出にくいです。

このように独学で成果を出すためには「正しい勉強法をマジメに守って継続できる」ことが大前提となります。

「勉強のやり方を理解していない」
「自分のレベル・課題を客観的に把握できていない」

このような事が当てはまる人の場合、自己流で勉強してもそのうち心がポキっと折れて挫折してしまう可能性が大きいので、独学はおすすめできません。

コーチング英会話の長所・メリット

ここまで見てきた3つの選択肢の短所・デメリットをカバーした新たな選択肢として「コーチング英会話」が登場しました。

忙しい社会人でも仕事を続けながら、時間を有効活用して効果的な学習法で取り組むことで短期間でレベルアップできます。

コーチング型の英会話スクールを選ぶメリットは次の4つです。

  • 従来の英語学習法の問題点を克服した勉強ができる
  • 専属コーチがレッスン以外でも日々の学習を徹底サポート
  • 自分のレベルや目標に合わせた個別対応の学習プラン
  • 適切な学習法で、短期集中で大幅レベルアップが可能

それぞれのメリットについて以下に詳しく見ていきます。

①従来の英語学習法のデメリットを解消!!

コーチング英会話の特徴
・2~3ヶ月の短期集中型の学習プログラム
・専属コーチが効果的な学習法をアドバイス
・レッスン受講前に英語レベルや課題、目標設定を明確化
・一人一人に合わせた最適な学習プランの提案
・毎週のカウンセリングで学習の定着度や課題をチェック
・専属コーチの指導のもと、毎日宿題や自習に取り組む

コーチング英会話と独学の比較

上の図のように、コーチング英会話であれば専属コーチが定期的にカウンセリングを行い「今やるべきこと」を具体的に提示してもらえます。

なので現状のレベルや課題にあった効果的な勉強をすることができます。

さらにレッスンのない日も毎日宿題に取り組むので、仕事をしながらでも月60~80時間の学習時間を積み重ねることができます。

独学のように挫折するリスクも少なく、従来の英会話スクールのように学習時間が足りずに伸び悩むこともありません。

②専属コーチがレッスン以外でも日々の英語学習をサポート

従来の英会話スクールでは週1,2回のレッスンだけで学習時間の絶対量が足りません。

短期集中で英会話・TOEICスコアを伸ばすために、コーチング型のスクールでは日々の学習内容や宿題をコーチが出してくれます。

そして日々の進捗をメールやチャットツールで報告しなければいけません。勉強の悩みを聞いてもらうこともできます。

日々の課題が設定されることで強制力がはたらくので、「忙しい、つかれた」などのサボる言い訳に負けずに勉強を継続できます。

独学だと仕事が忙しいことを言い訳にしてサボりたくなりますが、高いお金を払ってコーチをつけた以上やるしかないという気持ちになれます。(もちろん、本当に忙しいときは課題の量を調整してもらうこともできます)

コーチングによって一生使える英語学習法勉強の習慣をという、英語で成果を出すための「基本フォーム」を手に入れることができます。

③自分のレベルや目標に合わせた学習プランを提案してくれる

コーチング型英会話スクールの特徴は、カウンセリングを丁寧に行うことで現状のレベルや課題をしっかり分析する点です。

ひとりひとりのレベルや目標に合った最適なカリキュラムを用意してくれるので、短期間でも効率的に英語力を伸ばすことができます。

 

週1,2回コーチと話す面談では英会話レッスンよりも成果の把握や学習内容の調整などのコーチングに時間を多く使います。

受講者がコーチから刺激を受け、二人三脚で最後まで頑張りぬくことができます。

④適切な学習法で短期間でも英語の大幅レベルアップが可能

コーチング型の英会話スクールでは専属コーチが自分に合った適切な勉強法を提案し、日々やるべきことも提示してくれるので、自分は素直に勉強を頑張るだけで英語力をレベルアップできます。

学習成果の測る指標としてTOEICスコアや、独自のアセスメント、TOEIC以外の英語能力テストの結果を活用することで、ビフォーアフターの成長ぶりを確認できます。

小手先の試験テクニックやフレーズの丸暗記ではなく、一生使える英語学習のやり方や習慣の形成、これから自力でやっていくための基礎力をつけてもらえるところが提供価値の最たるものと言えます。

コーチング型 従来型
レッスン形式 マンツーマン グループ
一月の学習時間 60~80時間 4~5時間
受講期間 2~3ヶ月 1年以上
成果指標 TOEIC、Versant等 特になし
個別の学習プラン あり なし

コーチング英会話の短所・デメリット

コーチング型の英会話スクールには多くのメリットがありますが、特徴的なカリキュラムなのでデメリットとなる要素もあります。

たとえば

・1ヶ月あたりの料金が高い
・1日2~3時間の自習が必須

などです。

1点目のデメリットは、受講料金が従来型のスクールに比べると割高だということです。(詳しくは料金比較の部分で解説します)

ただし返金対応を受けつけているところがほとんどで、無料体験もできるのでじっくり検討することが可能です。

変にせかされたり、強引な勧誘を受けたりすることもありません。

 

2点目は「英語優先の生活を送り毎日2~3時間の自習が必要」だということです。

忙しい人は仕事以外では英語優先の生活を送ることになり、慣れるまでは体力的にきついです。家族の理解を得て協力してもらう場面も出てくるかもしれません。

友達や同僚が飲み会などで楽しんでいるのを横目に自分はひたすら勉強を頑張る…ということもあるでしょう。

このように強い意思での自己管理、我慢が必要なのもデメリットの1つと言えます。

*もちろん専属コーチが途中で挫折しないように毎日の学習もしっかりサポートしてくれます。

コーチング英会話スクール9社の比較

東京都内にある、コーチング英会話スクール9社を比較していきます。

・受講スタイル(通学型、オンライン)
・学習内容(TOEIC対策、英会話)
・料金や返金保証

これらのポイントをふまえてスクールごとの特徴、スクール選びのコツについて解説します。

コーチング英会話の例
  1. RIZAP ENGLISH
  2. PROGRIT
  3. ALUGO
  4. TORAIZ
  5. スパルタ英会話
  6. レアジョブ本気塾
  7. LePlus(レプラス)
  8. スタディサプリENGLISH
  9. スパルタバディ

コーチング英会話スクール各社の位置づけ

コーチング英会話も、カリキュラムの内容、英会話レッスンの受講スタイル、TOEIC対策かビジネス英会話のどちらを目指すか等、特徴に大きな違いがあります。

自分の目標、やりたい事に合ったスクール選びができるよう、各社の特徴・位置づけについて把握しておきましょう。

*PROGRIT(プログリット)、TORAIZ(トライズ)、レアジョブ本気塾はオンラインでの受講も受け付けています。

コーチング英会話の料金比較

値段をしっかり把握してからスクール選びをできるように、スクールごとの料金比較をしました。

入会金の有無、一ヶ月あたりの料金がチェックできます。

受講期間 入会金 コース料金 一月あたり料金
RIZAP ENGLISH 2ヶ月 5万円 32.8万円 18.9万円
PROGRIT 2ヶ月 5万円 32.8万円 18.9万円
ALUGO 2ヶ月 0円 37.8万円 18.9万円
TORAIZ 3ヶ月 5万円 47.9万円 17.6万円
スパルタ英会話 3ヶ月 5万円 45万円 16.7万円
レアジョブ本気塾 2ヶ月 5万円 35.0万円 20万円
LePlus(レプラス) 3ヶ月 3万円 27万円 10万円
スタディサプリENGLISH 3ヶ月 0円 6.8万円 2.3万円
スパルタバディ 3ヶ月 0円 9.8万円 3.26万円

*1 料金は2019年5月時点のものです。
*2 受講するコースによって価格が異なる場合もあります。

表で見て分かる通り2、3ヶ月で20~40万円、1月あたり料金は10~16万円がコーチング英会話の相場と言えます。

*オンライン完結型のスタディサプリENGLISHパーソナルコーチプラン、スパルタバディは他社と比べて割安な料金設定です。

従来の英会話教室との料金比較

コーチング英会話の料金は従来型の英会話スクールと比べた場合どうなるでしょうか?

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)と過去に私が体験レッスンに参加したことのあるA社で料金を比較してみましょう。

受講期間 レッスン時間 料金 1ヶ月の料金
RIZAP ENGLISH 2ヶ月(16回) 50分 37.8万円 18.9万円
A社 8ヶ月(60回) 50分 41万円 5.1万円

確かに1ヶ月当たりの料金で比較すると、従来の英会話スクール(A社)のほうがかなり安い料金です。

しかし、RIZAP ENGLISHなどのコーチング英会話はレッスンやカウンセリング以外の日もコーチの指導のもとで宿題・課題に取り組むところがA社とは違います。

A社はレッスンのみ提供するので、8ヶ月のうち60日間だけ料金が発生していると言えます。

そこで1日あたりの料金を計算すると…

1日の料金
RIZAP ENGLISH 6,300円
A社 6,800円

このような結果となり、コーチング英会話のライザップイングリッシュのほうが1日あたり500円安いということになります。

コーチング英会話スクールを選ぶ時の5つのポイント

大切な時間とお金を投資するコーチング英会話ですが、スクール選びで最も大事なポイントは何でしょうか?

それは、

「自分のやりたい事、目標と一致している」ことです。

・3ヶ月以内にTOEICスコアを150点上げたい
・半年後の海外出張に備えて英会話をレベルアップしたい
・上司がアメリカ人になって職場で英語が必要になった

このように英語学習のゴールや、今抱えている課題は人それぞれです。

自分のニーズに適した学習カリキュラムを提供するコーチング英会話を選択することが、短期集中で成果を出すために絶対必要です。

この点を考慮してスクール選びのポイントを整理すると、次のようになります。

  • 自分の課題、目標に合っているか?
  • 自分がやりたいと思えるカリキュラムか?
  • スクールの雰囲気やコーチとの相性
  • 返金対応の有無や条件
  • 通学可能か?オンライン受講は受け付けているか?

いざ始めてみて、自分と合わないと思ったときの返金の方法や条件も事前に確認しておく必要があります。

現在住んでいる場所や生活スタイルを考慮して、現実的に通学が可能かどうかという点も途中で挫折しないために考慮しないといけません。

 

気になるスクールは、どんどん無料体験に申し込んでみましょう。

店頭まで行かなくてもネットからすぐに申込むことが可能ですよ。

短期集中型 英会話スクールおすすめ比較【2~3ヶ月で英会話を習得したい人へ】

英会話スクール選び方の記事をもっと読む