ライザップイングリッシュとアルーゴの比較 レッスン内容、料金、場所の違いについて

ジムのように専属トレーナーがついて指導してくれる英語パーソナルジムは、短期集中でビジネス英語やTOEICで成果を出したい社会人に特におすすめの英会話スクールです。現在は東京都内を中心に様々な英語パーソナルジムが登場しています。

今回はその代表格である、

  • RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)
  • ALUGO(アルーゴ)

この2つのサービス内容、料金、受講期間、レッスン形態などを比較していきます。

 

英語パーソナルジム選びで悩んでいる社会人の方は比較内容をチェックして、ぜひ無料カウンセリング参加など最初の一歩を踏み出す参考にしてください。

ライザップは通学型、アルーゴはオンライン完結型

ライザップイングリッシュは週2回、教室に通います。

そこで専属トレーナーから指導を受け、それ以外の日は学習プランに沿って自学自習を行います。

レッスンではTOEIC900点以上で海外経験もある日本人トレーナーが、あなたの英語レベルを判断しながら最適なアドバイスをしてくれます。

アルーゴのほうは通学なしのオンライン完結型です。

レッスンはすべてスマートフォン、携帯電話での通話によって行われます。したがって、受講期間終了まで教室に通う必要がないのです。

アルーゴでは週5回の電話レッスンを行います。週4回が外国人コーチ、残りの1回はバイリンガル日本人講師による指導を受けることになります。

ALUGO(アルーゴ)のサービス特徴、料金まとめ

ライザップはTOEICスコア、アルーゴは独自指標で成果を測る

日本の企業や国内での就職、転職においてはTOEICスコアが非常に重視されます。

リスニングと英文読解がメインのTOEICテストだけでは英語力をすべてを測ることはできないのですが、0~990点までの客観的な数値で英語力が算出されるので参考にする企業が多いというのが事実です。

 

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)には「TOEICスコアアップコース」があります。元々ライザップが英会話スクールを立ち上げたときにはダイエットのCMと同じように「最短2ヶ月でTOEICスコア〇〇点UP!」など、インパクトのある宣伝をしていました。

異動や昇進、転職のため、すぐにでもTOEICスコアを上げたい人には、ライザップイングリッシュのほうがアルーゴよりも適しています。

TOEIC=受験英語のように後ろ向きなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、英会話の基礎となる文法、語彙、リスニングをTOEICを通じて鍛えることは英会話力の養成にもつながり、仕事で使う英語のドキュメントも素早く読めるようになるなど、実践的な効果もあります。

さらにライザップイングリッシュのレッスンでは「高速レスポンス型セッション」というやり方を採用しており、講師からの質問に英語ですぐに答えることにフォーカスしたトレーニングをすることで、英語ですぐに言いたいことが言える思考回路を鍛えることもできます。

 

ALUGO(アルーゴ)はTOEICスコアを成果指標として採用していません。アルーゴのレッスンの目的は「ビジネスの現場で使える英語の習得」に絞られています。

TOEICのかわりに「アルーゴレベル」という自社独自の成果指標を使い、受講者の英語レベルを測定します。アルーゴレベルは簡単に言うと「あなたのビジネス英語は今ここのレベルです。」ということを示すものです。

アルーゴレベルは受講前のアセスメントと、受講後のテストによって計測されるので受講期間を終えてどれくらい自分のビジネス英語がレベルアップしたのかを知ることができます。

アルーゴレベル、及びアルーゴアセスメントの判断基準は以下の通りです。
Attitude / 積極的な姿勢
Speaking / 流暢さ
Listening / 聞き取り力
Grammar / 文法的な正しい発信力
Vocabulary / 語彙力
Logical Speaking / 論理的な発信力
Assertiveness / 関係を壊さずに主張する力
Active Listening / 積極的傾聴力
Relationship Building / 関係構築力
Management Communication / 部下指導力
Storytelling / 論理と感情を織り交ぜストーリーを語る力
Negotiation / 困難な状況でもWIN-WINを構築する交渉力
Facilitation / 参加者の合意度を最大化する議事進行

以上から、TOEICスコアを優先的に上げたい人はライザップイングリッシュを、グローバルな場面で通用するビジネス英語を磨きたい人はアルーゴを選択することをオススメします。

 

ライザップイングリッシュとアルーゴの料金比較!

ここではライザップイングリッシュの「TOEICスコアアップコース」とアルーゴの料金を比較したいと思います。

ライザップイングリッシュには入会金として5万円が必要です。

また、TOEICコースの2ヶ月受講すると料金は328,000円(税別)です。これに週2回のレッスンが含まれるので、2ヶ月の場合は全部で16回教室に通うことになります。日々の学習アドバイス、カウンセリングなどもこの料金に含まれます。

 

アルーゴの場合、2ヶ月間の受講料は198,000円(税別)です。入会金はなく、アセスメントや学習プラン作成、電話レッスンなどが料金に含まれています。

オンライン完結型で通学が不要なため、固定費も低く抑えている分、ライザップイングリッシュよりもお得な料金になっています。

ライザップイングリッシュ アルーゴ
入会金 50,000円 なし
料金 328,000円(2ヶ月間) 198,000円(2ヶ月間)
レッスン形式 週2回の対面レッスン 電話レッスン(週5回)

ライザップイングリッシュとアルーゴの場所の比較

ライザップイングリッシュは都内にあります。
必然的に、教室に通いやすい場所に職場、自宅があって、レッスン予約時間にきちんと通学できるという条件が入ります。

 

ライザップイングリッシュの教室はどこ?店舗情報まとめ

 

アルーゴの場合は、オンライン完結で通学の必要がないので場所を気にする必要はありません。電話レッスンの時間をきちんと守ることができればどこでも受講可能です。

気になったら無料体験がおすすめ!

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)とALUGO(アルーゴ)とでは学習の目的なレッスン内容など特徴に差がありますが、専属トレーナー付きの英会話スクールとしてどちらも人気を集めています。

気になった人はとりあえず、無料コンサルティングを受けて、各スクールの雰囲気やトレーナーの方の印象などを実際に感じてみて、自分に合っているほうが選択しましょう。

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)は新宿か池袋で無料カウンセリングを、ALUGO(アルーゴ)は九段下かオンライン(電話)で無料アセスメントを受けることができます。ぜひ一度、無料カウンセリングを受けてみましょう。

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)

「結果にコミット」で圧倒的知名度を誇る英語パーソナルジム。徹底したカウンセリングで一人一人の目標やレベルをチェックしてオーダーメイドのカリキュラムを立案。TOEICスコアアップ、スピーキング、英会話力養成など様々なコースから自分に合ったものを選択できます。
・TOEIC900点以上のバイリンガル講師が専属トレーナー
・レッスン以外も日々の学習の相談、アドバイスが可能
・ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの学習内容
・1日2~3時間のシュクダイ制度
・週2回の通学型のレッスン
・高速レスポンス特化型トレーニングで英語脳を伸ばす


ALUGO(アルーゴ)

オンライン完結型の教材と電話レッスンが特徴。150社以上の法人向け語学研修プログラムで培った独自の「ALUGOアセスメント」であなたの英語力を評価。AIによる分析で最適な学習内容を提示。専属コーチのサポートのもと、2ヶ月の短期集中でビジネスで通用する英会話が習得できます。
・週4回、外国人講師との電話レッスン
・週1階、バイリンガル講師のカウンセリングと文法レッスン
・自分のレベルに合わせたオリジナル学習プラン
・AIがレッスン内容を分析して、弱点や課題を提示
・1日平均2時間の自習時間が必要