TOEICテストで2時間集中力をキープする方法

対象読者
30代、アラフォー世代のTOEIC受験者でTOEICで500点~850点あたりを目標にしている人

「え、私の集中力なさすぎ…」

集中力が維持できない、集中すると疲れる。

20代の頃に比べるとアラフォー世代はテストに向かう集中力が衰えてくるし、体の疲れとして現れやすくなります。

 

そもそも人間の集中力はせいぜい60分と言われているので、2時間のTOEICではどこかで必ず集中が切れるタイミングがあります。TOEICにおける集中力を高めるために運動や瞑想をすすめているブログもありますが、「TOEICの勉強もしながら運動や瞑想まで頑張る時間なんかあるかい!」とツッコミを入れたい気持ちになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

特にアラフォー世代は、若い頃とは身体のコンディションが違うことを考慮して集中力を保つ工夫をしなければいけません。

そこで、TOEIC本番で集中力をできる限り維持して2時間の試験時間を乗り切るための方法を紹介します。

アラフォー世代は2時間も集中力が続かない

そもそも集中力は長続きしないものだと認識すべし

TOEICの試験で2時間ずっと高い集中力をキープしようと考えたところで、ムリなものはムリなのです。それに30代以上になるとどうしても能力や体力が衰えてくるので、学生時代と同じやり方でテストを受けても思うようなパフォーマンスは出せません。

アラフォー世代のTOEIC受験者は集中力に対する認識そのものを改めたほうがいいです。

 

脳科学者の池谷裕二さんは集中力について、次のように述べています。

脳の本来の働きとしては、集中力よりもむしろ「意識の広がり」や「分散力」の方が重要だということです。集中力を高めるということは、その働きをあえて狭めることであり、焦点を細部にしぼり込んでしまうということです。つまり、脳のほかの部位は麻痺している状態です。

出典:https://www.blwisdom.com/skillcareer/interview/kenja/item/9129-07/9129-07.html

動物は本来、周囲の様々なものに注意を払い、自分を襲う敵がいないか、食べ物がどこにあるか等、さまざまなことにアンテナを張ることで生きていくことができます。もし、目の前のものだけに集中してしまえば、それだけ危険は高まることになります。

人間の脳も野生の中で進化したので、例外ではありません。

脳の性質を誤解して、自分が集中力が足りないという間違った認識を持ち、スコアが伸びなくてもしょうがないと思うのは非常にもったいないことです。

どんなに頑張っても集中力は落ちる

集中力が下がったせいで、スコアが悪くなるかもしれないと心配してしまうと、発想がネガティブになっていきます。

すると「集中力が維持できないせいで今回のテストでは実力が出せなかった」という言い訳のフレーズが頭の中をよぎります。

自分は2時間もずっと集中していることはできないから、TOEICでは実力を発揮することができない。だからスコアが目標に届かなくてもしょうがない。

このように、テストで失敗しても心理的ダメージを抑えるように予防線を張ることをセルフ・ハンディキャッピングと言います。

集中力を2時間を保たないといけないと思うと、結局できるはずもないのでセルフ・ハンディキャップに陥ります。

「どうせ自分は集中力がないからTOEICで良いスコアは取ることはできない」みたいに、目標スコアに届かなくても仕方ないと自分に思い込ませる言い訳を事前に用意してしまうので「絶対に目標達成しよう」というモチベーションが湧きにくいのです。

集中力は切れて当たり前、本番中に集中をリセットしてコントロールすればいい

集中力は切れて当たり前なのだから、2時間の試験のどこかで、あえて問題を解かずに、何もしない瞬間を作ることで、リセットすればいいのです。

リセットするタイミングを設けることで、短いスパンで集中できている状態を2時間の中で何度か作り出す。あえて集中しない、TOEICの問題から意識を反らす時間を設けることで、全体の生産性を上げようという発想です。

TOEIC試験に臨むときは、
・2時間ずっと集中する必要はない
・20分くらい集中して問題を解ければそれでOK
・適度なタイミングで、テストから意識を反らして目をつむる
・周りに迷惑にならないように肩や首を回して、リラックスする

この3つを意識して受ければいいのです。

このほうが、人間の脳の本来の性質にも合っているので、実践しやすいです。

アラフォー世代のサラリーマンのあなた、

集中力が続かないことを年のせいにして不安になることはありませんよ。